TOP 最新釣り情報 コアユ釣り スゴモロコ釣り 管理人ushisanのお薦め情報

2002年1月〜3月の釣り情報
 
2002年3月31日(日):晴れ時々曇り一時雨(にわか雨)
今日は家を午前8時過ぎ頃に出発。
名神沿いの桜も満開で、大津へ入ってからの1号線の桜も満開で、ぼちぼちプリンスホテル前(相模川)が気になってきて、そちらの釣り場をまずは偵察・・・・・
釣り人はたくさんいるけれど、しばらく見ていてもホントのたまに、ポツ・・・ポツ・・・と釣れる程度。
やっぱりアヤハ前(もろこ川)かな? と思いつつアヤハ前へいってみると、バス釣りの釣り人はいっぱいいるけれど、コアユ釣りをしている釣り人はゼロ。
とりあえずやってみるか、と思ってやってみたけれど、30分ほどやって2匹がやっとで、もう一度相模川へ行ってみましたが、やっぱり釣れていません。
毎年ここで会う釣り人に聞いてみると、粟津中学校とNSK(盛越川)の中間くらいの湖岸で釣れているみたいとの情報を得ました。
どうせだめならと思いつつ、その場所へ行ったところ、先客が15〜16人くらい湖岸に並んで釣っています。しばらく見ていると、結構パラパラと釣れていて、この辺りならどこでも釣れそうな感じです。
よし、ここで釣ろう!! と言うことで、並んでいる釣り人の一番下手に入れてもらって釣ることにしました。
釣り始めた時間は午前10時頃です。
一投目からすぐ釣れ始め、入れ食いとまでは行かないものの、1分1匹くらいのペースで釣れてくれます。
結局14時過ぎ頃に、空模様があやしくなってきて稲光がして雷が鳴り始めました。
風も少し強めになり、岸近くの水が波で濁りだしてきました。
結局、ここで釣りを諦めて家に帰ることにしました。
約4時間足らずの釣り時間にしては、釣果の方は約200匹ほどと、久々の大漁でした。
 
2002年3月23日(土):晴れ一時曇り
今日も目的の釣り場はアヤハ前(もろこ川)です。
気象予報では、雨ではないものの冬型の気圧配置とかで、多分寒いだろうなあと思って少し厚着をして出発。
釣り場に着いたのは、午前9時半頃で、先客が二人。いつもならこの時間は風もなく波も穏やかでコアユを釣るには不向きな条件でしたが、今日は風も波も少し強めながらコアユ釣りには好条件ではありましたが、ともかく風が冷たくて寒い!!
釣れるポイントは琵琶湖より川の内側寄りで、珍しくいつも釣れない西側のポイントにいた釣り人がパラパラと釣っていたので、私もそちらへ移動して、更に川の内側のポイントへ入って釣り始めてみました。
先週よりはまずまずの状態で、パラパラと飽きさせない程度に釣れます。
しかし、寒い!!
お昼前頃にジャンパーの下にもう一枚着るものを増やして頑張ることに・・・・・
結局、15時前頃に風が強く吹き(竿を振るのがかなりやりにくい)、波も強くなってきて、水が濁りだし、コアユの釣れるペースもかなり落ちてしまいました。この時点で、ついに寒さに耐えきれず納竿としました。
釣果の方は、久々にぎりぎりではありますが3桁(100匹台)に乗せることが出来ました。
 
今日の耳込み情報
琵琶湖文化館横(常世川)で釣れているらしい。
 
2002年3月17日(日):晴れ
昨日の今日ですから、あまり期待をせずに今日もアヤハ前(もろこ川)へ行きました。
到着時間は、昨日より早く、9時半頃です。先客は昨日来ていた釣り人一人だけでした。途中で一人増えて、私を含めて3人です。
今日は、風はなく、水面も穏やかで、コアユ釣りには最悪の状態です。最初の1匹を釣るのに1時間くらいかかりました。それから次がこれまたなかなかで、お昼前になってきてやっと風と波が出始め、それから何とかポツリポツリでした。
こうなったら開き直って、波に任せた釣りをしてやれと思い、サビキ仕掛けの20cmくらい上に、少し大きめのピンポンウキを付けて仕掛けを投入してみたら何匹か釣ることが出来ましたが、これもここまでで、今日は14時前に諦めて帰ることにしました。
結局、今日の釣果は30匹くらいで、完敗となりました。
 
今日の耳込み情報
昨日の午後に吾妻川でたくさん釣れた(奥田釣具店)との情報有り。
堂の川、相模川とも釣れていない。今釣れているところは、粟津中学校前とのことで、そこに釣り人が集中しているとのことだったが、釣果は不明。
 
2002年3月16日(土):曇りのち晴れ
3月に入ってからあまり良い思いが出来ない状況で、とりあえず今日はアヤハ前(もろこ川)へ行きました。
到着時間は10時半を少し過ぎた頃で、先客が2人です。釣れ具合は先週のNSK前(盛越川)とあまり変わらず、一人は午前中で帰られて、ここで釣りをしているのは私ともう一人の釣り人の二人になってしまいました。
午後からは、風・波ともコアユ釣りには良い条件となりましたが、釣れ具合はポツリポツリで、時間が過ぎるにつれて釣れてくるコアユが小さくなっていき、身体が透きとおった白魚状態のが釣れてきました。
結局、ここでも粘りに粘って、最終的には70〜80匹くらいの釣果でした。
 
今日の耳込み情報
堂の川(西武百貨店裏)の出口の、看板の立っている横で、16時頃に調子よく釣れていたとの釣り友達からの連絡有り。
 
2002年3月9日(土):晴れ
昨夜、釣り友達からNSK前(盛越川)でコアユがたくさん釣れたとの情報より、今日はそちらへ行くことにしました。
9時前頃に家を出発し、釣り場到着は9時30分頃で、もう既に先客が4〜5人来てました。
今日も先週と同じく、あまり風も吹いてなく、波も穏やかで、コアユ釣りには不向きな条件がそろっていました。
先に来ていた釣り人が、ポツリポツリと釣っているので、ともかく私も隣に入れてもらって釣り始めましたが、飽きさせない程度にポツリポツリと釣れます。コアユ釣りにしては異常にペースが遅いので、なかなか数は釣れません。
途中で時折風が吹いて少しくらいの波が出て、期待をもたせられる状態になるのですが、じきに風も波も止んでしまう状況でした。
昼から風も波も出てきて釣れるようになるだろうとの期待をしながらズルズルと・・・・・
結局16時前頃まで粘りに粘ったのですが、70匹あまり釣るのがやっとでした。
 
今日の耳コミ情報
2〜3日前までは、NSK前も玉姫殿前もそこそこ釣れていたらしい。
相模川は全く釣れないので、地元の釣り人は誰もそちらへは行っていないとのこと。
アヤハの前では、いつも釣れない西側の角で釣れていたとのこと。
 
2002年3月2日(土):曇り一時晴れ
先週の実績から、今日もアヤハ前(もろこ川)のポイントへ行きました。
釣り場到着時間は8時30分を少し回った頃。釣り場には先客が2人いました。
今日もこの時間は風もなく、水面は穏やかで、釣りの条件としては良くない状態です。でも、先週の経験から考えると、11時前後には風が吹き始めて波が出てくる予定・・・もちろん条件が整ったら釣れるはず・・・で待つこと約2時間、水面は穏やかなままで、コアユは1匹も釣れない状態が続きます。
わずかに風が吹いて波が少しだけ出た時に、3匹ほど釣れて終わりです。周りの釣り人は帰ってしまったり、場所を変えたりで1人もいなくなってしまいました。
12時頃に他の場所へ行っていた釣り人が、やっぱり釣れないからと言って戻ってきました。ともかく昼の食事をしてから気を取り直して再度釣り始めることにして、しばらくすると待望の風と波が出てきました。
これで釣れるはず・・・と期待をもって釣りにかかりましたが、釣れるには釣れるのですが、先週とはぜんぜん様子が違います。ぽつりぽつりと時間を空けて釣れるだけで、入れたら釣れる状態にはほど遠い状況で、期待しながら15時頃まで粘ってみましたが、変わらずじまいでした。
結局長時間粘りに粘って、本日の釣果は40匹ほど、「とほほ・・・」な状態で完敗でした。
「こんな日もありますね〜〜」と言いながら、隣で釣りをしていた釣り人に、コアユを提供して帰ってきました。
 
今日の耳コミ情報。
文化館前、相模川は良くない状況で、堂の川は朝早くから、手すりより下に降りて石の際で200匹ほど釣った釣り人がいるとか。NSK前(盛越川)で、午後から100匹ほど釣った釣り人がいるとか。
全体に中だるみ状態で、釣果は落ちているようです。小雨が降った日にたくさん釣ったと言っていた釣り人もいました。
 
2002年2月24日(日):晴れ
今日は昨日の実績があった、アヤハ前(もろこ川)のポイントへ行きました。
現地到着時間は、午前9時を少し過ぎた頃で、到着したときはバス釣りをしている釣り人以外誰もいない状態でした。お天気がよく、風も波もほとんどない状態で、コアユの姿が見えなくて悪い予感が・・・
釣り始めてみると。やっぱりアタリはほとんどなく、最初の1時間半ほどで7匹ほど釣るのがやっとでした。
11時ちょっと前頃に風が出だして、波が立ってきて、約10分ほどしてから釣れ始めました。やっぱりコアユ釣りは琵琶湖側からの風と波がないと釣れてこないようです。この状態になったときに昨日一緒に釣りをしていた釣り人が1人来て、いろいろ話をしながら一緒に釣りをしました。
今日は昨日ほどまとまった釣れ方はしないものの、飽きさせない程度にぽつりぽつり、パラパラと言った状態で14時頃まで釣れ続き、風と波が強くなって水が濁りだしたので納竿としました。
結局今日も3桁釣ることが出来ました。
 
2002年2月23日(土):晴れ
今年初のコアユ釣りです。
朝8時30分頃に家を出発して、今年はアジ針(サビキ)でコアユがよく釣れると聞いていたので、吾妻川前の釣具屋さんに寄って、アジ針の仕掛けを購入し、コンビニでお昼の弁当を買ってから釣り場へ直行しました。
 
NSK前(盛越川)のポイント
このポイントへ到着したのは午前9時頃で、既に6人ほどの釣り人がポイントに入っていました。
今日はあまり調子よくないようなので、すぐに竿を出さずに釣り場の近辺を見て歩きましたが、先週のように橋の上から水中を見てもコアユの群は見つかりません。
ともかく、先客釣り人の対岸側へ行ってみたら、ようやくコアユの姿が見えたので竿を出して釣りを始めてみました。しかし、1〜2匹ほど釣っては釣り止む状態で、10時30分頃まで約1時間30分ほどやっていて、20匹ほど釣るのがやっとで、ほとんどコアユの姿が見あたらない状態となり、時間も早いのでこの場所を見限って次の場所へ移動することにしました。
 
アヤハ前(もろこ川)のポイント
11時頃にこの場所に到着。ここでは2人の釣り人がいて、見ている間にパタパタと釣れていたので、横に入れてもらうことにして竿を出しました。
12時30分ころまでまずまずの状態で釣れ、急にパッタリと釣れ止み、その間に昼食をとることにしました。
しばらく休憩して14時頃にまたぽつりぽつりと釣れ始め、そのまま釣り続けましたが15時30分頃にまた釣れ止んでしまい、結局ここで諦めて納竿としました。
 
今日1日で一応3桁の釣果があったので良しとしました。
 
その他の場所の釣況としては、玉姫殿前もNSK前と同様良くない状況。相模川、堂の川も良くないとのことでした。文化館横で200匹ほど上げた人がいたらしいですが、それ以外の人はあまり釣れていないようです。
 
2002年2月16日(土):晴れ
とりあえず浜大津港西側の旅館の裏側へ行き、スゴモロコが釣れているようなら自分もやってみるつもりで、スゴモロコ釣りの仕掛けを持って行きました。
釣り人が5〜6人ほどいて、桟橋の上に乗ってウキ釣りをしている釣り人がぽつりぽつりと上げてました。でもあまり上がってない様子でした。
2人だけちょっと離れたところで釣りをしていたので、そちらを見に行くと、コアユ釣りをしていました。今年はコアユが早くから釣れ始めているらしく、バケツの中を覗いてみると20匹くらい入っていました。その釣り人に声をかけて話をしているあいだもぽつりぽつりと釣れていました。
こうなると他のコアユの釣り場所も気になりだして、この後、琵琶湖文化館横、もろこ川(アヤハディオの前)、相模川(大津プリンスホテル前)、玉姫殿前、NSK前と順に見てまわったところ、どこの釣り場にも1〜5人ほどの釣り人がコアユ釣りをしていました。道すがら、他の釣り場も覗きましたが、前記場所以外は釣り人はいませんでした。釣り人のいる場所はどこともぽつりぽつりと釣れていました。
行った先々で釣り人に声をかけ、釣況を聞いたところ、今年は1月終わり頃から釣れ始めているらしいです。このホームページでの釣況パターンが今年は当たらない状況です。大釣り(3桁)をした釣り人もいるらしいです。場所と時間がぴったり合えばよく釣れるとのことです。以外と朝早く(7時頃)に多く釣れているとの情報もあり、ここ最近では相模川が一番釣れたらしいです。
この日はまさかコアユが釣れるとは思ってなかったので、準備もしていなかったので釣りを諦めて釣り場を見てまわるだけで終わりました。当然ですが、家に帰ってからはコアユ釣りの仕掛けの準備にかかりました。去年の餌も冷蔵庫の冷凍室に入っているのを確認して、いよいよコアユ釣りの始まりです。
次の釣行日はコアユ釣りです。
 
2002年2月2日(土):曇り
今日はスゴモロコ釣りに的を絞って、前回偵察に行った浜大津港西側の旅館の裏側へ行ってみました。
釣り場に到着したのは12時半頃で、先客は3人いて(3人とも常連さん)、2人は桟橋の先端でウキ釣り。1人は桟橋の西横でリールで置き竿にして釣っていました。
私もとりあえずリールで置き竿にすることにして、横に入れてもらっての釣りです。
後から2人来て、1人はウキ釣りで全然アタリもないとかですぐに帰り、もう1人は私の横でリールで置き竿で始めました。(リール釣りの仕掛けはスゴモロコ釣りコーナーの仕掛け3を参照)
結局15時半頃まで釣りをしていて、細かい雨が降ってきたので納竿とすることにして帰りました。
釣況は、桟橋の先端でウキ釣りをしていた2人が一番良く釣っていたと思います。釣れているペースから判断して、間違いなく3桁は釣っていると思います。
桟橋の西横でリール釣りをしていた釣り人は、20〜30匹程度で、私は7匹。後から私の横に来た釣り人は2匹と言ったところです。どうもポイントが限られているようで、周りの釣り人の話だと、その日によってどこへポイントが行くかわからないとのことでした。でも、一度ポイントを当てたら結構釣れるらしく、私より先に来ていたリールの置き竿で釣っていた釣り人は、一昨日に250匹は釣ったと言ってました。
 
2002年1月19日(土):釣り場偵察
今年初の釣行で、まずは釣り場所の偵察に浜大津港西側にある旅館の裏側へ・・・・・
私自身この場所で釣りをしたことがないのですが、スゴモロコが釣れると言うことをずっと以前から聞いていて気になる場所なのでちょっと覗いてみることにしました。
現地に着いてみると釣り人が5〜6人いて、知り合いが何人かやってました。
この日の釣況は良くないらしく、一番たくさん釣っている人で30匹程度、釣れていない人で2匹程度でした。
一番たくさん釣っている人の仕掛けは、「とんとん」と言う釣り方で、スゴモロコ釣りコーナーの仕掛け2と同じようなもので、目印部分にシモリウキを付けた仕掛けでした。仕掛けを投入後しきりと誘いをかけながらの釣り方でした。この釣り人の仕掛けは、竿:5.4m、釣り針:秋田狐2号、錘:1号、餌:赤虫でした。
これ以外の釣り人は全員ウキ釣りです(スゴモロコ釣りコーナー、仕掛け1参照)。
 
私はこの日はスゴモロコ釣りをせずに、しばらく見ていて、その後プリンスホテル手前の小さな水路の流れ込みへ行き、ここでブルーギルを釣って遊びました。
この場所の水は温かいのかどうか・・・いつでもブルーギルがたくさん集まってきます。
この水路の出口から10mくらい琵琶湖側でバスが何回か水面にジャンプしているのを見ました。多分バスもこの水路の近くにいるのだと思います。
ブルーギル釣りの仕掛けは、竿:2.7m、道糸:1.5号、ハリス:1号、釣り針:キス6号、餌:藻エビ疑似餌です(その他の小魚釣りコーナー参照)。
釣り方は、水路の出口近辺で、出来るだけ岸ぎりぎりに仕掛けを投入し、ゆっくりした誘いをかけてやるとほぼ入れ食い状態で釣れます。