TOP 最新釣り情報 コアユ釣り スゴモロコ釣り 管理人ushisanのお薦め情報


2002年4月〜6月の釣り情報

2002年6月22日(土):晴れ
当掲示板への書き込み情報を元に、滋賀県志賀町までコアユ釣りに行ってみました。
まだ行ったことのない釣り場所でもあり、どんなところなのか、ポイントはどうか、仕掛けはどうか等々、行ってみないとわからない状況での釣行です。
とりあえず蓬莱辺りから湖岸へ出て、農道のような細い道をバイクを走らせて琵琶湖へ流れ込んでいるところを順番に見ながら北へ進んでいきました。
さすがにこの辺りの水は、南湖のいつも釣りに行く釣り場とは全然違っていて、かなり透明度の高いきれいな水です。
しばらくバイクを走らせたところで、琵琶湖に流れ込んでいる川と言うより水路と言うか・・・幅2
〜3mほどの橋の架かった水路があり、その水路の片側でコアユ釣りをしている釣り人を見かけました。早速そこで釣り人に話しかけて様子を見ていると、南湖での釣り場所では考えられないくらい狭い場所で、水深も70cmあるかないかの場所にコアユがたくさん集まってきていて、もちろん釣り人の仕掛けにポツポツと掛かってきます。
水路が琵琶湖とつながっているにはつながっているのですが、ともかく狭い!!! こんなところで 釣りをしていて、釣っているうちにコアユが警戒してどこかへ行ってしまって釣れなくなるのではないだろうか??? なんて思いながらも、その釣り人の近くで釣らせてもらうことにしました(午前9時前頃)。
場所が狭いので、釣り竿は私の持っていた釣り竿の一番短いものの手元を1本抜いて、2m程度の長さとして、サビキの仕掛けも、私の手作りの仕掛けのハリが、やっと5本水中に入る程度です。もちろん、錘とラセンは仕掛けの一番下にセットしました。
コアユはたくさん見えていても、釣れる気が全然しない思いで釣りはじめましたが、やっぱり思いは的中で、5〜10分くらいの間隔で1匹釣るのがせきのやまという状況でした。しかし、もう一人の釣り人はもう少し早いペースで釣っているので、まずはハリを、アジバリ2号(金銀)から、一気に3号(金のみ)に変更(もう一人の釣り人のハリの方が大きく見えたので)してみると、ちょっとペースが上がりました。でも3桁釣るにはいまいちの感じがしたので、しゃくる早さに変化を与えてみましたが、これは、もひとつ効果が上がらず、いろいろやっているうちに気がついたことは、しゃくって下げたときに錘が底を叩いてその音に問題があるのでは(魚は水中の音に敏感)と思い、錘のまわりに薄緑色のコーティングがしてあるもの(錘を包んだもの)に変更し、号数も1号に落としてやりました。更に、しゃくって下げるときに出来るだけ錘が底にそっと当たる感じになるようにしゃくり方を変更してみました。
この後は、仕掛けの周りに集まってきたコアユが散らなくなり、まさに入れ食い状態となり始めました。この状態になったのが11時頃で、食事休憩を挟んで14時過ぎ頃まてで250匹くらいはかるく釣れていて、十分楽しめたので納竿としました。

お昼前頃から、小さな子供を連れた家族連れが湖岸へ遊びに来ていて、水路の出口近辺で網を持ってコアユを追い回していました。私が釣っている場所から10mほど先なのですが、釣りには影響なしでした。
それと、この場所では、コアユが見えていて、自分の釣り方を変えていくことで釣れ方が変化していくのが見えますから、自分の釣り方がこれで合っているかどうか判断しやすかったのが良かったと思いました。
それから、もう一つの情報として、今日私が釣っていたこの場所よりもう少し北にも水路があって、そこでも誰かがおもしろいように釣っていたとのことでした(散策中のお年寄りが教えてくれた)。

2002年6月8日(土):晴れ
「スゴモロコ釣り偵察」
去年の7月にスゴモロコの釣れたポイントへ行ってみました。
もう釣れても良いだろうと思いながらの釣行でしたが、行ってみてガッカリで、仕掛けを何回投入しても、その近辺で釣り場所を変えてみても何のアタリもありません。
ニゴイの姿はたくさん見ましたが、去年この辺りでたくさん見かけたタナゴの姿も見られませんでした。
まだ1ヶ月早かったか???

釣り場へ行く前に、赤虫を買いに行って、行きつけの釣具屋さんで聞いた話によると。守山でスゴモロコがたくさん釣れたようです。ただ、守山のどこかと言うのは釣り人が教えてくれなくてわからないそうです。

「コアユ釣りをやってみた」
スゴモロコ釣りに行く前に、吾妻川でコアユ釣りをやっている釣り人が5人ほどいるのを見かけました。
スゴモロコ釣りが不調に終わったので、午後からアヤハ前(もろこ川)へ行ってみたら、狭い場所にコアユが群れているのが見え、とりあえず仕掛けを出してみることに・・・
仕掛けを入れるが早いか、1匹、また1匹と・・・もしかしたら3桁はかるく釣れるのでは・・・と思いながら5匹ほど釣ったところで、コアユの姿が見えなくなってしまいました。
ここから先は、釣れてもポツリポツリで、釣れてから次が釣れるまで長ぁ〜い時間がかかりました。
私がここでコアユ釣りをしているものですから、釣り人が1人様子を見に来て、またそんな時は上手い具合に見ている目の前で4〜5匹続いて釣れたものですから、見ていた釣り人も仕掛けを出しました。
しかし、それからというものは、またまた釣れなくなってしまって、とりあえず夕方5時頃まで粘ってみましたが釣果は散々(25匹)でした。

2002年5月25日(土):晴れ
ここ最近では、いつコアユが釣れなくなっても不思議でない状態が続いてます。
今日は朝から天気が良く、絶好の釣り日和で、ちょっと早めに家を出て、気になっているプリンスホテル前(相模川)をめざすことにしました。
その道中で、アヤハ前(もろこ川)と堂の川に釣り人が入っているのを見て、様子を見てみると、アヤハ前ではほぼ入れ食い状態で、堂の川でもポツポツ釣れていました。
ちょっと気になりながら、とりあえずプリンスホテル前に行くことにして到着したのが、午前8時過ぎ頃です。
しかし、こちらでコアユ釣りをしている釣り人は全くいない状態です。「こんな状態で釣れるんかいな」と思いながらしばらく水面を眺めていると、小集団ながらコアユの群を目にすることが出来、早速釣りはじめてみることに・・・
ところが、事は思うように進まず、水中に何度仕掛けを投入しても、コアユの方はまったく知らん顔であっちへ行ったりこっちへ行ったりしているだけです。小一時間粘ってみましたが、こうなってくるとアヤハ前のことが頭の中をよぎるだけです。
・・・で、さっさとこの釣り場を諦めて、アヤハ前へ引っ越しました。
アヤハ前(もろこ川)では、まだ釣れ続いていましたが、ともかく釣れる範囲が狭くて、3.6mの竿でもまだ長いくらいの場所で釣れています。
そこで、3.6mの竿に合うよう道糸を切って仕掛けを出してみました。
釣れるには釣れるのですが、先週土曜日にあまりにも良い思いをしているものですから、今日のペースではちょっと不満(贅沢な!!)な状態です。
しばらくすると釣り人が、一人また一人と増えてきて、時間と共にコアユはいるけど釣れない状態に陥ってきました。
この時期のコアユは、まともに口にハリ掛かりするのが少なく、半分以上がスレ掛かりとなります。
午後から食事をすませてしばらくすると、急に風が出てきて波が強くなり始め、初めのころはこれでコアユが釣れる条件が出てきたと言って、釣り人同士で喜んでいたのですが、風も波も更に強くなりすぎて水が濁り始めてきました。こうなると釣れるはずはありません。ただひたすら風と波が収まって水の濁りがとれるのを祈るばかりです。
15時30分過ぎくらいにやっと風と波が収まってきてコアユが戻ってきて、ポツポツと釣れ始めるようになり、「もう止めよう」、「もう止めよう」と思いながら18時30分頃まで・・・結局、今年一番長時間釣りをしたことに・・・
釣果の方は、時間のわりに少なく、200匹程度でした。


2002年5月19日(日):雨のち曇り、時々晴れ間
朝起きたときは曇り。
釣りの準備を始めた頃に雨が降り出して来ました。昨日の天気予報では曇りの予定だったのにと思いながら、パソコンの電源を入れて京滋の情報ページを開けて天気予報を見てみると、12時まで傘マークとなっています。曇りマークは15時となっていて、ともかくお昼前まで様子を見ることにしました。
11時過ぎくらいに一旦雨が止みそうな感じになり、ともかく昼食を済ませて12時前に降りそうもない様子・・・
こうなったら釣りに出発です。
昨日の今日なので、実績のあるアヤハ前(もろこ川)へ行くことにして、釣り場に到着したのは12時半を少し回った頃で、既に先客が4人いましたが、2人はしばらくして帰りました。
今日は昨日ほど釣れているような感じではなかったのですが、釣り人2人が帰ってしばらくしてから急に釣れだし、コアユの大きさも昨日よりやや大きめでいい感じです。
結局15時半頃にあまり釣れなくなってきて、16時頃に諦めて納竿としました。
釣果の方は100匹程度ですが、昨日のコアユより大きめのが多くいたせいか、100匹にしては量が多く見えました。


2002年5月18日(土):曇り
朝、目が覚めたときは雨。
午前8時頃に雨が止んでいるのに気がつき、それから釣りの準備にかかって、9時頃に家を出発しました。
先週プリンスホテル前(相模川)に、コアユの群を見たので、今週ももしかしたら・・・と、期待をしてコアユのサビキ釣りに出掛けました。
その道中で、珍しくアヤハ前(もろこ川)でコアユ釣りをしている釣り人が1人いたので、ちょっと様子を見てみようと立ち寄ったところ、もろこ川の狭いところにコアユが群れていて、まさに入れ食い状態となっているではありませんか!!
こんなところを見てしまった以上、釣りをしないわけにはいかず、はやる気持ちを抑えながら仕掛けを出して、ここで釣りをすることに決定です。
釣れてくるコアユは大変小さいのですが、最初の一投目から調子良く釣れます。
仕掛けを入れて、一度に8匹も掛かって来ることもありました。
琵琶湖南湖のコアユ釣りは終わったと思っていましたが、ここ最近雨の日が続き、琵琶湖の水位が上昇したのが幸いしたようです。
結局この場所で釣れ止むことがない状態で、途中食事休憩を入れて、15時30分頃まで釣りを楽しみました。
釣果の方はとても数え切れないくらい釣れました。多分300匹はオーバーしていると思います。


2002年5月12日(日):晴れ
今日も朝から用事を済ませて、午後からコアユの引っ掛け釣りにでかけました。
めざす釣り場は、近江大橋西側の湖岸(浅場)ですが、やっぱりサビキ釣りの方も気になってプリンスホテル前(相模川)の様子を見ることにして、立ち寄ってみました。珍しくプリンスホテル前に5人の釣り人がサビキ釣りをしていて、しばらく様子を見ていましたが釣れているようではありません。しかし、釣り人が仕掛けを投入しているところを目を凝らしてみていると、かなり小さなコアユが群れていました。餌を追っかけているようではあるのですが、釣り人のハリには掛かりません。コアユのサビキ釣りの終盤状態そのものだと思って見ていましたが、この状態だとスレ掛かりで釣れる可能性が高いので、そのつもりで釣ったらまだ釣れると思いました。残念ながらサビキの仕掛けを持ってこなかったので、後ろ髪を引かれる思いで引っ掛け釣りに行くことにしました。
近江大橋西側の湖岸(浅場)に到着したのは13時頃で、引っ掛け釣りをしている釣り人が1人いました。
こちらは、石畳から砂利の湖岸(サンシャインビーチ)にもコアユが来るようになりました。
でもコアユの群も小さく、なかなか思ったように引っ掛けられません。先に来ていた釣り人の釣果を聞くと、やっと20匹ほどとのことでした。
今日は、お天気も良く、風も弱く、波もさほど強くなくて、後はコアユがたくさん接岸していたら問題なく最高の条件でしたが、残念ながらコアユの接岸の方がいまいちで、結局15時過ぎ頃であきらめることにしました。
2時間ほどで12匹引っ掛けるのがやっとと言うところで本日は終了です。

2002年5月6日(月):晴れ
今日は朝から用事があったので、釣りに出たのは午後からです。
昨日のこともあり、今日は最初からコアユの引っ掛け釣りをやるつもりででかけました。
釣り場到着時間は、13時少し過ぎた頃で、まずは近江大橋西側湖岸の浅場へ・・・・・
湖岸に到着して、水の中を覗いてみるとコアユの群をすぐに見つけることが出来て、幸先の良いスタートです。
今日は、サビキ仕掛けで釣りをしている釣り人も数人いたのですが、あまり釣れているようでもなく、その中に知り合いの釣り人がいたので、引っ掛け釣りに誘い、一緒に釣り始めることにしました。
ところが、ものの10匹ほど掛けた頃から風と波が強くなってきて、コアユが湖岸から離れてしまって釣りになりません。それでもしばらく粘ってみましたが、コアユが見えないのではどうにもならず、昨日と同じ、サンシャインビーチへ移動することにしました。
一応コアユの群を見つけることが出来たのですが、あまりにも群が小さくて、なかなかハリに掛かってくれません。結局数匹掛けたところで、ここでもコアユの姿が見えなくなり、15時30分頃に納竿としました。


2002年5月5日(日):晴れ
昨日の雨で釣れるようになるかと期待をしての釣行です。
最終的には近江大橋西側の湖岸へ行くつもりで、その途中で堂の川(西武百貨店裏)の流れ込みに数人の釣り人の姿が見えたので、ちょっと立ち寄ってしばらく様子を見ていましたが釣れているようでもなく、その場を離れてプリンスホテル前(相模川)にも立ち寄ってみました。ここはもっと釣り人が少なく、3人ほどが竿を出していましたが、そのうちの一人の釣り人に話しかけてみると入れ物に3匹のコアユが入っているだけでこちらも良くないようです。
寄り道しながら午前9時30分頃に近江大橋西側の湖岸に到着です。着いてみてびっくりで、一人も釣り人がいません。悪い予感がしたまま湖岸に出てみると、コアユの群が見えたので、釣れるかもと期待をしながら仕掛けを出しました。
釣り人が誰もいないので、とりあえず餌をばらけやすくしてしばらく撒いてみましたが、先ほど見えたコアユの群が、餌に寄ってくるどころか、散ってしまって戻ってきません。それでもともかく40分くらい粘ってみましたが、仕掛けにコアユが掛かることなく、ブルーギルの姿が見えてくるだけです。そうこうしているうちに釣り人が一人来て、「どうですか?」と訪ねられましたが、「ぜんぜんダメですね」と答えるしかありませんでした。
このまま釣り続けても釣れないかもしれないと思いながら続けていると、ついに仕掛けの錘が水底の石の間に挟まってしまって(根掛かり)仕掛けを取られるはめに・・・・・

ここで思い切ってこのサビキ釣りを諦めることに・・・・・
近くの浅場の方を見てみると、コアユの引っ掛け釣りをしている釣り人が1人見えました。
コアユの群が湖岸に集まってきているのは確かなので、引っ掛け釣りを試してみようと思い、10時30分頃からこの釣り場の近くの浅場で引っ掛け釣り開始です。
今日はどうやらその判断が合っていたようで、以外と引っ掛けることが出来ます。しかし、午後から風が強くなってきて、波が出て辺りが濁りだしてきましたので、水中のコアユを見つけだすことが出来なくなり、とりあえず場所移動です。
次の場所は、サンシャインビーチ(プリンスホテル前と近江大橋の中間点くらいの場所)の石畳のあるところです。ここでは波はあるけれど、水が濁ってなかったので、一応コアユが見えました。
結局この場所で16時30分頃まで釣り続けて、本日は何とか100匹程度のコアユを手にすることが出来ました。

コアユの引っ掛け釣りについては、コアユ釣りコーナーの番外編に追加しました。

どうやら南湖のコアユ釣りシーズンは終わりのようです。日と時間によってはサビキ仕掛けで釣れることもあると思いますが、これからは行ってみないとわからない日が少し続いて、いよいよ全く釣れなくなってしまうのだろうと思います。



2002年5月2日(木):曇り後晴れ
朝から曇り空で、肌寒さを感じながらのスタートでしたが、太陽が出てからは着ているものを1枚脱がないと暑くなって来るという温度差の激しい1日でした。
今回もここしかないだろうと思いながらも、釣り場を順に見ながら移動して、近江大橋西側の湖岸へ到着。
今日は、ちょっと早めに家を出ていたので、釣り場へ到着時間も9時前頃と早めとなりました。
先客は先日と同じくらいの4〜5人といったところで、釣況は思わしくないようです。
いよいよコアユ釣りも終わりとなってきたのか(今年は去年より1ヶ月くらい早い)、湖岸に小さなコアユの群が寄っているのに釣れなくなってきました。
釣り場に到着してお昼前頃まではあまり釣れない状態が続きましたが、お昼頃から少しだけ釣れるようになってきて、16時前くらいから釣れるペースが少し上がったと言った状況です。
結局16時30分頃に納竿とし、結局200匹以上は釣れていたのですが、あまりにも時間がかかりすぎていたので、よく釣れた感じがしませんでした。

今回私のホームページを見て、大阪から来られた釣り人がおられましたが、期待はずれとなってしまったかもしれません。これに懲りずにまた次回挑戦してみて下さい。

2002年4月29日(月):曇り
今日は朝から曇り空で、時々薄日が差す程度のうっとうしいお天気となりました。
昨日の今日と言うこともあり、ほとんど期待せずに釣りに出発です。
出発時間も午前9時過ぎと、昨日より1時間以上遅いスタートです。
当然のことながら、釣り場の様子を見ながらと言うことにして、最後の場所は近江大橋西側の湖岸と勝手に決めつけての釣行です。
今日は釣り大会もやってなく、昨日と違って結構空いていますが、コアユ釣りの釣り人はどこも少なく、吾妻川では4〜5人、琵琶湖文化館横(駐車場側)では3〜4人、常世川、アヤハ前(諸子川)は0人、堂の川では1人、プリンスホテル前(相模川)では7〜8人と・・・しかし、ここまでで釣れているところはなしです。
結局、近江大橋西側の湖岸まで行きました。ここでは昨日より多い、5人の釣り人がコアユ釣りをしていましたが、釣況は昨日並と言ったところです。ここしか釣れないからしかたないか、と思いながら仕掛けを出して釣り始めることに・・・昨日の反省から、釣り方を一定にせず、あの手この手と変化を付けて釣ってみましたところ、以外とよく釣れて、昨日より2時間ほど短い時間で昨日より多くの釣果を得ることが出来ました。
特に15時前後はほぼ入れ食い状態となりましたが、私自身ここまでで今日の自分の釣りに満足していましたので、隣で釣っていた釣り人に場所を譲って納竿としました。


2002年4月28日(日):晴れ
いよいよGW突入・・・
この時期に良く釣れるはず.....と、期待を持ってコアユ釣りに出発です。
今日は釣り場を見ながらの移動と決め込んで、まず、吾妻川ですが、琵琶湖岸側より内側の狭いところに釣り人がたくさんひしめいていて、さすが連休中と感じながら通り過ぎ、琵琶湖文化館横、アヤハ前、堂の川、プリンスホテル前と進んで行きましたが、吾妻川以外での釣り場にはほとんどコアユ釣りをしている釣り人がいません。
それより、バス釣り大会をやっていて、バス釣りの釣り人がずら〜〜っと並んでいます。
そのせいではないとは思うのですが、コアユはどこも釣れていない模様です。プリンスホテル前(相模川)で一旦立ち止まって、釣り人と話をしましたが、ぜんぜん釣れていないようで、完全にお手上げ状態と言ったところです。
ここで、吾妻川に釣り人がたくさんいたことを言ってみましたが、釣り人が多いだけで釣れていないとのことでした。
最後の望みをかけて、近江大橋西側の湖岸へ行ってみました。ここでもバス釣りの釣り人があちこちに並んでいます。コアユの釣りをしている釣り人は2人いて、何とか釣れているようなので、しばらく見ていると、小集団ですがコアユが見えました。
よし、ここでやろうと思って始めてみましたが、ぽつり・・・ぽつり・・・といった釣れ具合で、数を釣るには時間がかかるだろうなあと思いながら、別に釣れる場所もなさそうなのでこの場所で粘ってみることにしました。
粘りに粘って、約7時間ほどで何とか3桁(120匹程度)釣ることが出来ましたが、今日のコアユ釣りは、本当に疲れるコアユ釣りでした。


2002年4月20日(土):曇り
今日は今までと違った釣り場所の様子を見ると言う目的で、まず、プリンスホテル前(相模川)へ行ってみました。仕掛けを出す前にしばらく様子を見ていましたが、あまり釣れていません。でも、とりあえず様子を見るために仕掛けを出してみることにしました。
先週が不調と報告していますが、この場所は不調も不調と言ったところです。9時頃から11時頃までやってみましたが、20〜30匹釣るのがやっとと言ったところです。
あまりにも釣れないので場所移動することにし、この場所で少し早い昼食を済ませてから次の場所へ移動です。
次の場所は、琵琶湖文化館前(常世川)です。ここでもしばらく見ていると、ポツリポツリと釣っている釣り人がいるので、ここならもうちょっと釣れるだろうと思って仕掛けを出してみました。
ところがここも絶不調で、釣れているのは決まった場所の2〜3人だけです。どうやらコアユの廻ってくるポイントのようなのがあるのかもしれません。結局この場所でも、20〜30匹釣るのがせきのやまでした。
今日のところは以上のような結果で、釣れない1日ではありましたが、釣れない分、釣り人同士の会話が弾んだ1日でもありました。


2002年4月14日(日):晴れ
今日も一応、粟津中学校とNSK前の中間の場所へ行ってみました。
釣り場に着いたのが午前8時頃で、今日は昨日より更に釣り人の数が少なく、しばらく見ていてもポツリポツリ程度で、どうも釣れる気がしないまま仕掛けを出してみることに・・・
やっぱりいまいち・・・
と思いつつも、しばらく釣りを続けているうちに何とか釣れる時間帯があったりして、11時頃には何とか100匹程度は釣れました。
しかし、ここから急に釣れ止まり(昨日より1時間早い)、時間的にも移動可能な時間だったので、さっさと仕掛けをしまって次へ場所移動です。
移動先は昨日と同じ、近江大橋の西側です。
釣り場には先客が二人・・・と、ここも昨日より釣り人が大幅減です。しばらく見ていてもここもポツリポツリ程度で、またまた釣れる気がしません。
でも、何も釣れないよりましかと思いつつ仕掛けを出してみました。釣れるには釣れる程度で、飽きない程度に釣れるので、とりあえず15時前頃まで粘ってみました。
結局今日も最終的には昨日と同じで、200匹ちょいの釣果でした。


2002年4月13日(土):晴れ時々曇り
まずは先週の実績から、先週と同じ場所へ行きました。
今日は釣り人が先週の半分以下と、どうやら不調の状況です。
そんななか、一応仕掛けを出して釣り始めてみましたが、釣れるには釣れるのですが、釣れてくるペースがかなり遅く、先週のようには行きません。
コアユが移動を始めたのでしょうか?
朝8時頃から12時頃までで、一応3桁は釣ってはいたのですが、12時を過ぎてからはピタッと釣れ止んでしまいました。
ここで思い切って場所移動をすることにし、近江大橋の西側の湖岸へ行ってみることにしました。
ここでは先客が5人ほどで、ぽつりぽつりと釣れている様子なので、釣れないよりはましと思い、とりあえず仕掛けを出してみることにしました。
ここでも釣れないことはないけれど・・・と言った状況です。
結局、この場所で15時30分ころまでやってましたが、風が強くなって来て、波も強くなり、竿を振るのが厳しくなってきたので納竿としました。
今日一日の釣果は、200匹ちょっと越えた程度でした。
 

2002年4月6日(土):晴れ後曇り
今日も3月31日(日)に行った場所と同じところ、粟津中学校前とNSK前の中間辺りの釣り場所へ行きました。
釣り場へ到着したのは、午前8時前頃で、今日も先客が17〜18人くらい湖岸に並んで釣りをしてます。
少し見ていると釣況は上々で、早速私もこの前と同じような場所に入って釣り始めました。
やっぱり調子よく釣れてきます。
しばらくすると、一組の父子連れが釣りに来て、たまたま話しかけてみるとはじめてこの釣り場へ来たとかで、聞いてみると私のホームページの情報でこの場所を知ったらしいです。枚方から来られたようです。
(コアユ釣りを楽しまれたでしょうか? 気が向いたらまた釣りに来て下さいよ!!)
結局、今日は15時過ぎ頃まで釣りをしていて、数は数えていませんがかなりの釣果でした。多分200匹・・・300匹まで届いたか・・・もしかしたらそれ以上か、と言うくらい釣れました。久々に、クーラーの中の氷がコアユで隠れるくらい釣れました。