TOP 最新釣り情報 コアユ釣り スゴモロコ釣り 管理人ushisanのお薦め情報


2005年7月〜9月の釣り情報

2005年9月16日(金):晴れ時々曇り
今日は午前中は家の用事で、午後からちょっとだけ釣りに出かけました。
出撃時間は午後1時頃で、ともかく釣りが出来たらなんでも良いと思い、一度試してみたかったカゴ付きオランダ仕掛けのチョイ投げでハエ釣りをすることに決定です。

行き先は宇治川です。
途中、D川も気になっていたので、少しだけ様子を見に行ってからとしました。
D川はいつもの水位くらいで、橋の下に下りることが出来ましたが、最近ここへ来る人が少ないのかどうか、草がぼうぼうに生えています。釣り座も少なくなっていますが、水は相変わらずきれいでした。
これまた相変わらず、小魚がたくさんいます。ティラピアはこの冬に壊滅状態となりましたが、その時の生き残りの集団がチラホラ見えます。大きくても20cmくらいでしょうか???

D川の様子を見た後、隠元橋上流の樋門へ向かいます。
樋門の流れ込みの向こう側は、水が少ないときは陸地になっているのですが、今日は水没して水の中です。
今日の天ヶ瀬ダムの放流量は35.30m3/sとなっていますが、そんなに少ないのかなぁと言ったところです。
とりあえず樋門の出口の右側へ釣り座を構えます。

カゴ付きオランダ仕掛けを取りだして、リール竿にセットします。
カゴの中へは、マルキューのハエ競技用ウニまきえを詰め込みます。
初めての釣り方なので、どんな感じでやれば良いのかよくわかりません。
ともかく1投目を投入。。。
どんどん流されていきます。
少しずつリールを巻きながらアタリを待ちますが、全くアタリがありません。
2投目・・・
3投目・・・
何度放り込んでも全く音沙汰なしです。
カゴの中の撒きエサがすぐになくなります。
1投毎にエサを詰めるのが面倒で、今度はぎゅうぎゅうにエサを詰めて放り込みます。
今度は仕掛けを失う覚悟で錘を川底に着けて引きずるような感じにしてみます。
そうするとやっとアタリが!!!
・・・と喜んだものの、釣れてきたのはチビバスでした。

たとえバスでも一応釣れたのは釣れたことだし、ちょっと気を良くして次からはカゴを水底に引きずりながら流される状態での釣りを繰り返します。
このポイントで釣りを始めたのが午後1時40分頃で、時間を見ると午後2時20分・・・
40分ほど粘っているのですがバス1匹です。
どうも今日はこのまま終わるのではないだろうかとだんだん自信がなくなってきます。
それから約10分後・・・
ついにプルプルと来ましたぁ!!!
上がってきたのは10cmそこそこのハエです。
この後急にアタリが出だし、ハエとスゴモロコが一緒に釣れたり、ハエがダブルで釣れたりしました。
今日は釣れても全部その場でリリースです。

これでカゴ付きオランダ仕掛けのチョイ投げのコツをつかむことが出来ました。
後はどんなポイントだったらもうちょっとたくさん釣ることが出来るか? と言ったところです。

この後、ついに根掛かりで仕掛けを失ってしまい、時間を見ると午後3時です。
まだいくつか仕掛けを持ってはいたのですが、今日のところはハエも釣ることが出来たし、釣り方のコツもつかめたしと言うことで、次の釣行の楽しみとして納竿としました。

本日の釣果は、ハエ11匹、スゴモロコ3匹、チビバス1匹でした。


2005年8月13日(土):曇り一時雨
今日は朝から雨が降り出して、この調子だと出撃中止と思っていたのですが、午後から降りそうもない感じになってきましたので、とりあえずお手軽釣りと言うことで、琵琶湖文化館横へバス釣りに出ることにしました。

家を出発したのは午後2時30分を回った頃です。
琵琶湖到着は3時ちょっと前でしたが、琵琶湖文化館横へ着くが早いか雨が降り出してきました。
とりあえず雨宿りをしながらバス釣り準備にかかります。
いつものように、リール竿でバス釣り仕掛け、ダウンショットリグ、針は伊勢尼8号を直接道糸に結びます。

雨が小降りになったところを見計らって、いざ出撃です。

初めは琵琶湖ホール寄りの湖岸から始めてみましたが、水の中は藻がいっぱいで、仕掛けに藻が絡んできます。
あまりに絡んでくるので釣りにはなりません。
おまけに何回か藻に絡んだりしているうちに、ワームが針から外れてしまいます。
こんなことを2回ほど繰り返して場所を移動してみます。

今度は琵琶湖文化館のすぐ東隣でやってみました。
ここは藻が少なくて釣りになりそうです。
何投か投げたところでコツンと小さなアタリです。
上がってきたのはマメバスです。
その後は続かず、時々出るアタリはギルアタリのようです。

今度は文化館の西隣へ移動してみます。
こちらも藻が少なくて釣りやすいです。
しかし、アタリは全部ギルアタリ・・・
しばらく粘ってみましたが結局1匹も釣れませんでした。
本湖向きに投げてみましたが、やっぱりこちらも藻がいっぱいで釣りになりません。

再び文化館東横へ移動します。
何投か投げているうちに、糸が横向きに走り出しました。
合わせてみると先ほどよりは大きめのチビバスです。
もう一度同じようなポイントへ投げ込んでみます。
そうすると今度はガツンと当たってきました。
合わしてみると先ほどと同じくらいのチビバスです。
このポイントでその後しばらく粘ってみましたが、ギルアタリとなってきてバスは釣れません。

次は、文化館東横の常世川でやってみます。
川の奥へ行ったら藻が少なく、何とか釣りになりそうなので少し粘ってみます。
ここではアタリがあってもギルアタリばかりのようです。

時間を見ると、午後5時30分です。
バスも3匹釣れたことだし、釣れたバスは外来魚ボックスに入れて、ここで撤収することにしました。


2005年7月28日(木):晴れ
今日はどこへ釣りに行くか、迷い迷って、行き先は宇治川(三室戸)に決定で、狙いはテナガエビです。

家を出発したのは午前7時20分頃で、途中、バイクにガソリンを入れたり、コンビニへ寄り道したりしながら、釣り場到着は午前8時頃です。

今日のポイントは、三室戸余水路の流れ込みの少し下流にあるテトラ周りとします。

釣り道具を出す前にテナガがいないか様子見です。
いましたいました、テトラ周りに何匹かいるのが見えました。
大漁を期待して仕掛けの準備にかかります。
ちょうどこの頃、「大津・親子釣り日誌」管理人のKURIさんからメールが入ってきました。
これから針ノ木へ向かうとのことです。

竿は1.2m、シモリウキ(テーパー)4段仕掛け、少し重い目の錘を付けて、針は秋田狐1号赤針1本です。
ミミズを小さく切って針に付けて投入します。
アタリがありません。
あっちのテトラの隙間、こっちのテトラの隙間・・・
全然アタリがありません。
ちょっとまずい状況です。
そこへKURIさんから電話です。
こちらへ向かうとのことです。

しばらくしてKURIさん親子がやって来られました。
ちょっと談笑しに行きます。

少し談笑後、ポイントに戻ります。
この時点で、テナガはまだ釣れていません。
もう2時間ほど経っているのに・・・
こんな状況だったら、大石へ行っていた方が良かったか???
そう思った矢先にやっと1匹目をゲットです!
ヤレヤレ、やっと釣れました。
しかし、この後が続きません。
今日はホントに厳しい釣りです。

やっとアタリがやってきました!
ギルやぁ・・・!!!
ついにギルを釣ってしまいました。

その後、テトラの間から、テナガが姿を見せ始めてくれました。
厳しいながらも、何とか釣れるようになってきました。
・・・とは言え、ホント厳しいところです。

時間を見ると12時を少し回っています。
お腹も減ってきたことだし、この辺で食事タイム。。。
ちょうどこの頃、KURIさん親子は撤退されます。
釣れたテナガはまだ8匹・・・
厳しーぃっ!!!

食事後気を取り直して釣りにかかります。
今度は仕掛けを入れると急にズボッとウキが沈みました。
あわててあげると小さなギギです。

その後もたまぁ〜にテナガが釣れてきます。
こうなったら20匹釣ってやるぞぉっ・・・
と思いながら、ギルを釣ったり、ギギを釣ったりしながら釣り続けます。

日中暑い中ですが、サンダル履きだったので水に足を浸けたりしながら粘り粘って続けます。
もうこうなったら意地でも20匹と思い、狭いテトラの間に仕掛けを入れ続けます。

・・・で、午後5時頃にカウンターが21になりましたぁ!
これで納竿としました。

今日は意地の釣りと言うより、執念の釣りと言った方が合うでしょうか。。。
もちろん今日釣れたテナガはお持ち帰りで、家で素揚げにしてもらって塩を振って食べました。


2005年7月21日(木):晴れ
今日は午前中は用事で、午後から時間が空いたので、ちょこっとだけバス釣りに出かけました。

行き先は琵琶湖文化館東側、常世川の河口部です。
家を出発したのは、午後2時半過ぎで、釣り場到着は2時55分でした。
今日もホントに暑いです。
釣りを始める前に自販機でジュースを買って水分を補給してから始めることにします。
この釣り場は、自販機が近くにあるし、トイレも近くにあり、外来魚ボックスも近くにあって本当に便利なところです。

仕掛けは、ダウンショットリグ(常キチリグ)です。
まずは常世川の奥の方から始めてみますが、水底に何か障害物があったせいか、いきなり根掛かりで仕掛けを失いました。
その場で針を結んでもう一度ポイントを変えてやります。
今度は、常世川(東側)河口部の角です。
仕掛けを投入する度にコツコツとアタリがありますが、どうもギルのアタリのようです。
そうこうしているうちにガツンと来て、1匹目のバス(20cmチョイかな?)をゲットです。
同じポイントで何投かしますが、アタリはあるもののギルのアタリのようなので、少しずつポイントを移動しながら仕掛けを投入していきます。

次のバスが釣れるのはいつ頃かなぁと思いながら、ギルのアタリに遊ばれながら釣り続けます。

釣り始めて1時間くらい経った頃です。
またまた根掛かり・・・
今度は藻の中に仕掛けが入り込んだようです。
・・・で、竿をあおった瞬間、バキッと竿が折れてしまいました。 (T□T) ガーン
多分竿のどこかにキズがついていたんでしょうねぇ。
あいにく予備の竿も持ってきていなかったので、今日のところはこれで諦めて納竿としました。


2005年7月15日(金):晴れ
今週は出撃中止と思っていましたが、思いがけず本日午後から時間が空いたので、暑い中出撃することにしました。

出発が午後からと言うこともあり、今日の対象魚はバスと決め、バス釣りをする前に釣り場の偵察とします。

家を出発したのは、午後1時過ぎで、偵察場所は大石です。
本日の洗堰の放流量は、100m/sです。
鹿跳橋到着は午後2時少し前で、やっぱり水量はかなり多いですが、鹿跳近辺は何とか釣りになりそうな雰囲気です。

次は、大石川合流点下流部(いつも行くところ)です。
いつもの駐車場から河原へ向かって下りていきます。
河原へは何とか下りて行けそうな感じなので、ちょっと様子見に下りてみます。
やっぱりこちらもかなり水嵩が高く、いつものポイントは完全水没状態で、ちょっと釣りをするのは厳しそうです。
しかし、いつも歩きにくいくらいゴロゴロと石のあったところが水に浸かっていて、石の間にもしテナガエビが隠れているとしたら、そこら中に隠れるところがあります。
川岸辺りの石を除けてみたり、川へ入って流れの緩いところを目を凝らして眺めてみたり・・・
小魚とか、ニゴイ、ブルーギルを目にすることは出来ましたが、テナガエビを見ることは出来ませんでした。
ミミズを付けたエサでも入れてみないと出てこないのかもしれませんし、もしかしたら増水中に流されてしまったのかもしれません。
でも、川岸のポイントを見た限り、いかにもテナガエビがいそうな感じでした。

時間を見ると、午後2時半を少し回ってます。
大石での偵察はこれくらいとして、今度はバス釣りでもして遊ぼうと思い、大津へ戻ることにします。

今度は、浜大津の水上警察横の桟橋辺りでバス釣りです。
仕掛けは、バス釣りリール竿で、ダウンショットリグです。
釣りスタートは午後3時過ぎです。
まずは桟橋上から攻めてみます。
桟橋の上からギルが見え、仕掛けを入れるとギルがあたってきます。
釣れません・・・
数分後、見慣れたお子さんが一人自転車でやって来ました。
そうです、「大津・親子釣り日誌」管理人、KURIさんの息子さんです。
さっそくちょっとおしゃべりに行って、今度は桟橋より少し吾妻川寄りのところでやってみます。
ここで本日の1匹目をゲット(ちびバス)です。

しばらくすると、今度はKURIさんの息子さんの竿にバスがヒットです(私のより大きい!)。
・・・で、チラチラと見ていますと、なかなか・・・どうしてどうして・・・バス釣り竿の扱いは上手いもんです。
誘いのかけ方も問題ないし・・・バスが釣れるはずです。

今度はもう一度桟橋の上へ行ってみます。
何回か仕掛けを入れているうちにやっと次のがヒットです。
今度は、さっきのよりかなり小さい(超ちびバス)です。
少ししてまたヒット!
今度も小さいバスです。

もう一度桟橋から離れてみます。
すると今度はもうちょっと大きいのがヒット!
でも20cmあるかないか・・・

時間を見てみると午後5時を少し回ってます。
バス釣りを始めてから約2時間ほどでちびバス4匹と言うことで本日は納竿とします。


2005年7月7日(木):曇り時々晴れ間、午後にわか雨
今日は釣れても釣れなくてものつもりで、予定通り琵琶湖のテナガ釣りに挑戦です。
午前8時少し前に家を出発、釣り場到着は8時半頃です。
今日のテナガ釣り場に選んだポイントは、諸子川の少し西側の湖岸です。
到着後荷物を出そうとしているところへKURIさん登場です。
しばらくぶりです。
久しぶりにお会いしたところで、釣りの準備をしながら談笑です。

今日の仕掛けは、竿は1.8m、ウキ釣り、針は秋田狐1号(赤針)1本針、エサはミミズを小さく切って針に付けます。
湖岸の石と石の隙間に仕掛けを入れてアタリを待ちます。
しばらくあっちこっちウロウロしてみましたが、どうも釣れる様子はありません。
そのうちアタリがあるだろうと思いながら釣り続けていると、ついにアタリが・・・!!!
ギルでしたぁ (×_×;)
・・・で何匹かギルを釣って・・・

釣り始めから約1時間後、今度はまお〜さん参戦です。
まお〜さんともホント久しぶりです。

ちょっとポイントを移してやってみます。
先ほどまでのギルと違った感じのアタリ・・・手応えもおとなしい・・・ついにエビかなぁ???
今度はチチブでしたぁ (×_×;)

こんな調子で気がついたら午前11時半頃です。
まお〜さんは、ここで撤収されました。
その後KURIさんとしばらく釣り続けますが、どうもテナガエビの方は釣れそうもありません。
ならばちょっとギルでも釣って遊ぼうと思い、そのままの仕掛けで石の向こう側へ入れてみます。
そうするとギルの入れ食いです。
コアユ釣りをしていた頃、ギルがあまり釣れませんでしたから、今年はギルが減ったのかなぁと思っていましたが、今日のギルの釣れ具合では、減ったという感じがしませんでした。
・・・で、12時少し回ったところで諦めてKURIさんとともに撤収です。

この後、ちょっと他のポイントも気になるので、宇治川へ様子見に行くことにします。
まず、釣具屋さんで赤虫を調達して、大津から一旦山科に入って、環状線を南下して行きます。
隠元橋到着は、午後1時30分頃で、やっぱり宇治川の水嵩はかなり上がっています。

まず、樋門です。
流れ込みの奥の方まで水が入ってきていて、ウキ釣りでもしたら如何にも釣れそうな雰囲気です。

次は、針ノ木排水機場前です。
ここも水位が上がっていて、元々釣りの出来るポイントは少ないのですが、今日は更に少なくなっていました。

平和堂裏(戦川)です。
河口部に2人ウキ釣り(フナ釣り)の釣り人(後で上流部へ移動された)。
上流部はバス釣りの釣り人が1人おられました。
私もここで竿を出してみることにします。

竿は4.5m、仕掛けは、脈釣りAの仕掛けにウキを付けての釣りとしました。
錘は0.5号、針は秋田狐3本針(赤針)、エサは赤虫です。
仕掛けを投入するが早いか、アタリが出ます。
しかし、釣れたときの手応えが・・・・・ギルのダブルです。
スゴモロコはどうした・・・???
この後、仕掛けを入れてアタリを合わせたらギルが釣れてきます。
そうこうしているうちにギルと違った手応えが・・・・・10cm足らずの子バスでしたぁ (×_×;)
おいおい・・・ここもギルばっかりかいな・・・
そのうちモロコが釣れるだろうと思いながら、しばらく釣り続けましたが、ニゴイが1匹釣れただけで、結局モロコの顔は見られずじまいです。

午後2時30分頃、遠くで雷が鳴っているようです。
空も暗くなってきているようなのでともかくあわてて仕掛けをしまって撤収です。

結局今日は、午前中は琵琶湖でテナガエビに挑戦。
午後からは、宇治川へ偵察を兼ねてスゴモロコ狙いで行きましたが、肝心の本命には出会えず惨敗となってしまいました。
それにしてもギルがたくさんいますねぇ。