2006年3月25日(土) コアユ釣り


盛越川
橋の上には先客が2人。
今日は絶不調のようです。
橋の上から水中を覗いてみると、水が澄んでいて底の方まで良く見えます。
コアユの姿は見えません。
波紋も出ていないようです。
まずはこのカーブの向こう側辺りを攻めてみます。
何回かエサ付けして粘ってみましたが、アタリも何もありませんでした。
次はこのポイントを攻めてみます。
ここではコアユが姿を見せてくれますが、仕掛けの周りをウロウロして、エサを喰っていくだけのようです。
4匹釣れましたが、バラシも4〜5回ありました。
また、ここで釣れた4匹のうち、口に針が掛かっていたのは1匹だけで、他はスレ掛かりでした。
次はマンション向かい側のカーブです。
錘を引きずりながらの釣りになりますが、思っていたより根掛かりがなく釣りやすかったです。
でも、肝心のコアユは影もなく・・・

何回かエサ付けして、釣れないので諦めました。

粟津中学前
今年はじめての粟中前です。
少し風が吹いていて、さざ波も立っていて、とっても良い雰囲気です。
これでこのポイントで釣れれば申し分ないのですが・・・

釣り人はバス釣りの釣り人以外、誰もおりませんでした。
この写真では見えないと思いますが、この石垣の向こう側くらいにコアユの小集団があちこちに寄っていました。

仕掛けを入れて入れ食いと行けばありがたかったのですが、仕掛けを入れるとコアユたちはさぁ〜っと散っていきました。

もう少し暖かくなれば、この辺りのポイントでたくさん釣れるものと期待します。

琵琶湖文化館西側(駐車場側)
今度はこのポイントにやって来ました。
ここでは顔見知りの釣り人が1人コアユ釣りをされていて、様子を聞いてみましたが絶不調とのことです。
水は澄んでなく、水中の様子は全くわかりません。
水面に波紋も見られませんで、半分以上諦めモードで竿を出してみました。
私の入ったポイントは、この釣り人の右側の流れ込みから10mほど離れたところです。
この辺りであちこちとウロウロしてみましたが、結局釣れたのは最初に入ったポイントの近辺だけでした。

本日の釣果
今日は移動しながらの長時間釣行で、釣れたのは、盛越川の奥で4匹、琵琶湖文化館の少し奥で4匹の、計8匹でした。
今日の状況から予想して、もうちょっと暖かくなったら、一気にどこのポイントも釣れ始めるのではないかと思います。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報