2006年5月20日(土) コアユ釣り


琵琶湖文化館西側−1

風・波はコアユ釣りには好条件!
・・・なんですが、このポイントで釣りをしている人は1人もいません。
この状況を見ただけでも、ここで釣れる気がしません。


琵琶湖文化館東

ここにもコアユ釣り師は1人もいません。
右側のカーブの向こう側にバス釣りをされている方が1人おられるだけです。

後でこのポイントで竿を出してみましたが、釣れたのはギル1匹・・・
30分ほどでギブアップです。


諸子川

ご覧の通りこのポイントにもコアユ釣り師はいません。

コアユ終盤になると、この川の奥の方に小さなコアユの群れがいることがあるので、橋の上から目を凝らして水中の様子を伺ってみましたが、それらしき魚の影も姿も見ることが出来ませんでした。


堂の川

ここには1人だけコアユ釣りをされている釣り人がいました。
早速声をかけさせていただき、談笑しながら見学させてもらっていましたが、釣れてきたのはギルばかり・・・
コアユの釣れたところを見ることは出来ませんでした。

時間を置いてもう1度このポイントの近くを通りがかったのですが、その時はここで釣りをしている方は誰もいませんでした。


相模川

左側、カーブのところにコアユ釣り師が1人います。
声をかけようと思いましたが、何やら携帯電話中でした。

竿は置いたままの状態で、釣れているようではありませんでした。

時間を置いて、再び通りがかった時もまだこのポイントにおられましたが、竿を置いたままにされていて、釣りをされているようには見えませんでした。
多分釣れないのだろうと思います。


サンシャインビーチ

ここはコアユの素掛けの出来るポイントです。
サビキで釣れなくなったコアユが大きくなって、石に付いた苔を食べに石垣のところへ群れてきます。
コアユ終盤になると、このようなポイントに群れてくることがあります。

今頃の時期だったら、なにがしかの小集団が見られるかもと思って様子を見に行ったのですが、コアユだけでなく、その他の魚の姿も見ることが出来ませんでした。

本当に今年は異様な年です。。。


琵琶湖文化館西−2

結局最後にこのポイントへやって来ました。
今日はボーズで帰ることになるのだろうと思っていましたが、このポイントで竿を出してみて、ボーズだけは免れることは出来ました。


本日の釣果

不調の中での貴重な3匹です。
釣れたと言うことは、まだコアユの群れが回って来てくれているのだとは思いますが、かなり小さな群れなんでしょうねぇ。

とりあえずボーズにならずに済んで良かったと言ったところですか・・・・・

今日、釣りを終えて帰りに、このポイントの近所の釣具屋さんへ立ち寄って、赤虫とミミズを買って帰りました。
Fへ行かれたyuta-hayaさんの情報如何で明日の釣行先を考えようと思って買って帰ったのですが、この調子だと明日は別の釣りをするかもしれません。



戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報