2006年5月21日(日) スゴモロコ釣り


樋門

最初に見に来たポイントです。
思っていたより水位は低く、去年一番多かった時と比べると釣り座の確保はしやすそうです。
釣れるかどうかわかりませんがとりあえず別のポイントの様子を先に見に行くことにします。

2回目にここへ来たときに、水辺まで下りて様子を見てみましたが、どうも釣れる気がしませんでした。
ハエの小集団が入っているものの、ギルやバスがいて、モロコが入ってきている様子を伺うことは出来ませんでした。

針ノ木排水機場

このポイントは大変狭いポイントでして、ここへ魚が寄ってきたときは入れ食い状態となります。
釣り人が2人竿を出されていますが、釣れているようではありませんでした。

戦川河口部

ここはもっと水が多いときだったら、もう少し上流部も釣りの出来るポイントとなります。
このポイントも小魚が入ってきたときは、水面に波紋がいっぱい出来て、仕掛けを入れたら次々と釣れてくるはずなんですが・・・

上流部は水が少なく、底までしっかり見えていましたが、魚影はなく竿を出しても釣れないと思います。
河口部はもう少し水深があって、釣りをしようと思いたくなるような感じなんですが、鯉釣りの竿が数本入っていましたのでちょっと竿は出しづらいところです。

三室戸

珍しくこのポイントに釣り人が入っていませんでした。
釣れないのかもしれませんが・・・

2回目にここへ来たときに、このポイントで竿を出してみました。
仕掛けを入れるポイントを少しずつズラせながらやってみましたが、ウンともスンとも・・・
モロコがいたらすぐにアタリが出るはずなんですが、アタリがないと言うことはここにはモロコがいないと言うことです。

このポイントを諦めて移動する前に、川縁の石の間などにテナガエビが見えないか、目を凝らしてしっかり見ましたが、それらしき姿は見られませんでした。
まだ時期的に早いのだろうと思います。

三室戸上流小樋門

ここにも釣り人が1人いて、少し話しかけてみましたところ、鯉狙いで釣りをされているようです。
水際の浅いところを見ましたが、小魚は見えませんでした。

この対岸で数人釣りをされていて、そのポイントだったらモロコが釣れるらしいとのことで、そちらの様子を見に行くことにします。

三室戸対岸

三室戸のポイントの対岸へやってきました。
このポイントには数人の釣り人がいましたが、どうやらハエ釣りをされているようです。
手前はかなり浅くなっていて、ちょっと先の深みとの間を狙っての釣りのようです。
しばらく見学していましたが、見ている間では1匹も釣れていませんでした。

Y川河口部

偵察中に何人かの釣り人とお話ししたところ、宇治川の水が冷たくて魚が釣れないと聞いたものですから、支流の方へ入ることにして、このポイントへやって来ました。

右岸、左岸で釣りをしている方がおられますが、この釣り人はヘラ釣りをされているようです。
これだけ水量があるときは、Y川へヘラや鯉が入ってくるようです。

しばらくこの右岸側にいる釣り人とおしゃべりして、釣り人が帰られてからスゴモロコをやってみました。
ちょうどこの頃、「趣味の館」管理人のなかっちょさんも来られ、久しぶりになかっちょさんと竿を並べることが出来ました。

しかし結構厳しい釣りでして、釣れたモロコはたったの1匹でした。

観月橋

Y川を諦めた後。樋門の方へ様子見に行きましたが、樋門でも竿を出そうと思えず、帰ろうと思っていましたが、ちょっと気になっていましたのでこのポイントへ様子見にやって来ました。

一応竿を出してはみましたが、何のアタリもなく、諦めて撤収としました。

本日の釣果

本日の貴重な1匹です。
お腹の大きな子持ちモロコなんですが、こんなのがたくさん釣れたこともあったのに・・・

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報