2006年9月30日(土) バス・ギル釣り

水上警察横の桟橋

今日は午後からの出撃と言うことで、短時間で手軽に準備・後片付けのしやすいバス・ギル釣りにやって来ました。
前回ここへ来たときと同じく、桟橋の右側で地元の方と思われる釣り人がギル釣りをされています。

まずはこの桟橋の上から、右側、左側と始めますがアタリなく、ポイント移動です。

桟橋の東(右)側

今度は桟橋右側の流れ込みを狙ってみることにしますが、手前の流れ込みのところへは藻が押し寄せてきていて釣りにならず、もう一つ向こう側の流れ込みへ行ってみます。
流れ込みの少し向こう側へワームを落とし込み、チョンチョンと引っ張っているところへこれが掛かってきました。

本日1匹目のバスです。 →

この後、しばらくこの場所でキャストを繰り返しますがアタリなく、別のポイントへ移動します。

桟橋西(左)側

今度はこちら側でやってみます。
上の写真の左端の方に(写真には写っていませんが)、ボートが留めてある桟橋があります。
その桟橋の際を狙ってみることにします。
何投目かワームを落とし込んで間なしにヒットです!

先ほど桟橋右側の流れ込みで釣ったのとほぼ同じくらいの大きさのバスです。 →

ここもこの後しばらく粘ってみましたが、次のバスは釣れず、ギルアタリがたまぁ〜にあるくらいでした。

ポイントを移動します。

桟橋の先端

次にやって来たのは、桟橋の先端です。
この石積みのところへワームを落とし込んでみようと思います。
石積みの右側、左側と、何回もキャストしているうちにヒットしてきたのはこのギルです。 →

上から見ていると、水中にはギルやバスが見えるのですが、なかなかワームには反応してくれません。

このギルを釣ってからしばらくこのポイントで粘ってみましたが、結局何も釣れず、ポイント移動です。

桟橋左側ヨットが繋留してあるところ

上の写真のポイントに来る前に、写真右側(写っていませんが)の、藻が吹き寄せられているポイントを攻め、バス1匹は水面で針を外されてバラシ。もう1匹は、針は外れなかったものの、抜き上げようとしたときにバスの重さにラインが絶えられず、針とラインの結び目で切れてバラシです。

その次に、ヨットの繋留してあるところと、桟橋の狭くなっているポイントにワームを落とし込んで、2匹掛けることが出来たのですが、相手が大きすぎて、これまたラインを切られてバラシでした。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報