2007年2月18日(日) コアユ偵察

曇り

今日は朝から曇っているものの、午後からはお天気回復との予報なので、朝からは近所のY川縁を散歩して、帰ってきてからパソコンをさわって遊び、その後出撃準備です。

お昼ご飯は少し早めに食べ、家を出たのは午前11時45分です。

逢坂山の手前の道路標示では、気温10℃となっています。
防寒着を着ているのですが、ちょっと暑さを感じるくらいです。

今日の行き先は、盛越川と東レ排水口前として、もし不調なら他のポイントも覗いてみようと思います。

東レ排水口前

まずは東レ排水口前です。
到着時間は、午後12時20分頃です。

前回よりわずかに水位が上がっているかなぁ・・・と言った感じです。

ポイントは釣り人は1人もいなく、貸し切り状態となっています。
この状況から、コアユが来ていない可能性が大です。

排水は強めに吹き出していて、もしコアユが来ていたら、たとえ数匹でも姿が見られるはずなんですが・・・

少し水が濁り気味で、水中の様子はわかりにくいです。

しばらく目を凝らして水面とにらめっこしていましたが、小魚の姿を見ることは出来ません。

じっと見ているだけではわからないので、竿を出してみることにします。

今年ここで仕掛けを入れて試すのは2回目です。

排水口の出口近辺に仕掛けを投入して、そろりそろりと流れに任せて竿を上下しながら仕掛けを流します。

時折仕掛けが微妙に動くので、もしかしたら・・・

少し期待しながら仕掛けを入れ直しますが、プルプルはありません。

・・・と、そのとき、仕掛けに微妙な変化が!!!

ついに・・・!?
と思いながら竿をそっと上げてみましたところ、針に付いてきたのはこのポイント特有のモロモロっとしたヤツの大きい版です。
結局このポイントで20分近くやっていましたが、ここでギブアップして移動です。

盛越川

次は盛越川のポイントです。
こちらも少し濁り気味で水中は見づらい状態です。
もちろん釣り人はゼロ・・・こちらのポイントも貸し切り状態です。

橋の上から、道路側の流れ込みの部分を覗いてみます。

波紋は見えません。

やっぱりコアユはまだかなぁ・・・

こちらでもしばらく水面とにらめっこしていましたが、いくら見ていても波紋無し、小魚のシルエットを水中に見ることも出来ません。

今日は少し濁っていることもあり、少し深めのところの水中の様子はわかりません。

とりあえず竿を出してみることにします。

盛越川のポイントで竿を出すのは今年は初めてです。

東レ排水口前では仕掛けのラセンは外していますが、ここではラセンを付け、ラセンに撒き餌を付けます。

仕掛けを入れてみてわかったのですが、少し水位が上がっているとは言え、少し深みから仕掛けを入れるポイントをずらせると、仕掛けが全部水中に入らず、仕掛けの上の方が水面から姿を見せます。

ともかくここでしばらくやってみることにします。

橋寄りの深場でしばらくしゃくっていましたが、アタリも何もなく、今度は道路側から藻の際を探ってみます。

去年ここでブラックバスに仕掛けを壊されたことがあるので、それも覚悟で試してみましたが、こちらでもウンともスンとも・・・

どうやら今日もコアユに嫌われたようで、この盛越川のポイントでは約40分くらい粘ってみたのですが、何のアタリもなくと言った状態です。
せめて水面に波紋なと見えるとか、水中に小魚の影を見ることが出来たら、それなりにがんばれるのですが、何にも見えない状態で、おまけにアタリも何もなしとなると我慢しきれず、結局ここで納竿として、他のポイントを見るだけでも見てこようと思います。

この後、写真は撮っていませんが、帰りに向かって順番にポイントを覗いていきます。

粟中前 → バス釣りの釣り人が1人のみ。
玉姫殿前 → 釣り人いない。
相模川 → 釣り人いない。
堂の川 → 釣り人いない。
諸子川 → 釣り人いない。
琵琶湖文化館東 → 釣り人いない。
琵琶湖文化館西 → バス釣りの釣り人がいた。
吾妻川 → 釣り人いない。
F川 → バス釣りの釣り人のみ。こちらでは浅いところを覗いてみましたが、魚の姿を見ることが出来ませんでした。

今年のコアユは待たしてくれますねぇ。
暖冬で暖かいこともあり、もっと早くコアユの姿を見ることが出来ると思っていたのですが、なかなかそうはいかないようです。
はてさて、初コアユはいつになるのでしょう???

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報