2007年2月24日(土) コアユ偵察

曇り

ここ最近コアユに振られてばかりで、今日も釣れないだろうなぁと思いつつも、コアユ釣りの準備をしている管理人です。

今日は昨日の雨がどのように影響するのか、もしかしたら雨がきっかけでコアユがやって来ていないか、少しは期待しながら半分以上は諦めモードで出撃です。

朝からパソコンをさわって遊んでいたり、Y川縁を散歩したりして過ごして、午前10時30分頃に早昼を食べてから出発です。

家を出たのは午前11時頃で、向かう先は東レ排水口前と盛越川です。

東レ排水口前

まずはこのポイントです。
先週より更に水嵩が上がっている様子で、すぐ足下が水面と言った感じです。
今日は本流側が少し濁っていて、この排水口から出てくる水の方は濁りが少ないようです。

しばらく本流と排水口の水の境目のところをじっと見つめていますと、気のせいか何かの影のようなものが見える気がします。
コアユだったら嬉しいのですが、目を凝らして見つめていて、やっぱり気のせいのような感じも・・・
そこへいきなり水面に姿を見せたのは、60〜70cmくらいありそうな鯉の姿でした。

じっと見つめているだけではどうしようもないので、竿を出してみることにします。

今日は左側から岸に向かって風が吹いてきて、思っていたより結構寒いです。

ここしばらく暖かな日が多かったこともあり、今日の寒さはちょっと堪えます。

排水口の出口近くに仕掛けを入れ、流れに任せながら仕掛けをそおっと上下させます。
このポイントでの独特の仕掛けの動かし方です。

今日は流れが速く、いつもより速く仕掛けが流されるような気がします。
このポイントでは、針にモロモロが付いてそれを外すのが大変なのですが、今日は一番下の針に少し付いただけで、仕掛けがあまり汚れません。

・・・とは言うものの、やっぱりアタリも何もなく、全く音沙汰無しの状態です。

時折風が強めに吹いてきて、やっぱり寒い!

ここで30分くらい粘ってみましたが、けっきょくコアユの姿を見ることはなく、諦めて次へ移動することにしました。

盛越川

東レ排水口前を諦めて、次にやって来たのは盛越川です。
こちらも風が吹いてきて結構寒いです。
竿を出す前に辺りの様子見から始めようと思います。

気になる奥のポイントですが、今日は風が強く吹いていて、波が立っていて水面も水中も見にくいです。

この位置からしばらく水面の様子を伺ってみましたが、魚がいるのかいないのか、さっぱりわかりません。

今度は道路に近いところから、橋の方を覗いてみますが、やっぱり何もわからない状態です。

このまま水面ばかり見ていてもしようがないなぁと思いながら、竿を出そうか出すまいか???

・・・と、そのとき・・・・・・・・・

道路側の近くの水面に波紋(?)を確認!

今度はこちら側で水面とにらめっこを続けていると、やっぱり波紋を見ることが出来ました。
いちおう何かいるにはいることがわかって、じっと見つめ続けていると、水中から水面に向かって、1匹の小魚が上がってくるところを目撃です!

その小魚は、水面に波紋を描いて潜っていきましたが、どう見てもその大きさから推測して、コアユには見えません。ハエだろうと思います。

コアユの姿は見られませんが、せっかくここまで来たことだし、水の中の様子はほとんどわからないことだし、やってみるだけやってみるかと言ったところで、竿を出してみることにしました。

ラセンに練りエサを付けて、仕掛け投入です。

相変わらず冷たい風が吹いてきて、寒さを感じるし、手が冷たいです。

ラセンのエサを何回か付けては仕掛けを投入しますが、アタリも何もありません。

今度は手がかじかんできてラセンに練りエサを付けるにも不自由な状態になってきました。

このポイントでは小一時間粘ってみましたが、結局音沙汰も何もなく、諦めて撤収することにしました。

今日は、東レ排水口前では、バス釣りの釣り人が1人来られていただけで、それ以外は釣り人なしで、途中からは私1人の貸し切り状態でした。

盛越川では、釣り人としては私が撤収する頃に、バス釣りの釣り人が橋の上から水面を覗いていっただけです。
釣りをしている最中に、コアユ偵察と思われる方が数人来られていて、覗いて行かれました。
その中のお一人が私に話しかけてこられ、聞くところによりますと、数日前に東レ排水口前で別の釣り人が透き通った小さなコアユを1匹釣られたのを見たとのことでした。
コアユの小さな集団が接岸したのでしょうか???
もしそうだとしたら近々と期待してしまいます。。。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報