2007年3月3日(土) コアユ偵察

曇り一時晴れ間

最近暖かな日が続いたことだし、いつ何時コアユが釣れてもおかしくない状況です。

今日もコアユ偵察に出撃することにします。
もちろんいつでも竿を出すことが出来るように、釣り道具を持って出ます。

家を出たのは、午前10時30分頃で、暖かいと言いながらもいちおう防寒着を着て出ることとし、防寒着の下は先週と同じくセーターではなくベストです。
先週はそのスタイルだと寒かったのですが、今日は寒さを感じません。

逢坂山の手前の道路標示では、気温11℃と表示しています。先週は5℃でしたから、今日はホントに暖かいです。

盛越川−1

最初にやって来たのはやっぱりこのポイントです。
橋の上から様子見をされている方がおられます。
ちょっと話しかけてみますと、ここ最近、コアユの小集団が琵琶湖側から入ってきたのを見たとのことで、数は少ないが型は大きかったとのことでした。
今日は入ってきていないとのことです。

マンションの対岸側のカーブのところにコアユ釣り師が1人見えます。

今年初めてコアユ釣り師を見ることが出来ました。

しばらく釣りをされている様子を伺いますが、釣れているようではなさそうです。

川の奥に戻ってきて、しばらく水面とにらめっこをしていると、波紋を見ることが出来ました。

小魚の波紋には違いないのですが、ちょっとわかりづらいので、じっと見つめていますと、少しずつ目が慣れてきて数匹の小魚が見えるようになってきました。

どうやらハエのようです。

竿を出したいところですが、その前にチョコットだけ東レ排水口前を見てくることにします。

東レ排水口前

排水口の出口には釣り人が1人おられました。
排水の流れ出している真ん中辺りに仕掛けを投入されています。
ミミズをエサにして、リール竿で足下を狙っておられるようです。

今日も排水は勢いよく出ていて、排水口の出口の水面をしばらく見つめていましたが、どうもコアユらしき姿も何も見えません。

結局、このポイントでは竿を出さず、盛越川へ戻ることにしました。

盛越川−2

再び盛越川へ戻ってきました。
琵琶湖側の浅いところには波紋も何もなく、水中を見つめていてもコアユらしき魚影を見ることも出来ません。
やっぱりまだ来ていないんだ、、、と、、、思いつつも、奥の方で竿を出してみることにします。

竿を出して、竿先の蛇口に仕掛けの道糸を結びます。

カレンダーを細長く切ったのをつないで(約1.6m)、それに仕掛けを巻き込んでいるだけですから、出し入れは早くできます。

サッと一気にほどいていきます。

錘も、ラセンも全てつないだ状態なので、カレンダーを広げたらそれですぐに釣りが始められる状態です。

準備完了で、ラセンにエサを付けて早速1投目投入です。

これでコアユがすぐに釣れれば問題ないのですが・・・・・・

仕掛けを入れる前に波紋を見ることは出来たのですが、仕掛けを入れてからは全く見られなくなりました。

・・・とは言っても、波紋を出しているのはハエだと思うのですが・・・

もしもコアユが入っていてくれたら、釣れるのでしょうが、今日の状況からは半分以上は諦めモードで、竿を出したのも、せっかくここまで来たことだし出したと言ったところです。

何回かエサを付けてはしゃくり続けますが、やっぱり音沙汰無しです。

時間を見ると、12時ちょっと過ぎで、このままここで釣り続けていても釣れそうもないし・・・かといって別のポイントへ行ってもどうなるか・・・
いろいろ思いながら、別のポイントの様子伺いに行くことにします。

東側でダメなら、思い切って西側を見に行こうと言うことで、FK川とF川の様子伺いとします。
FK川とF川については、マル秘ポイント釣行記の方で報告させていただくことにします。

その後、吾妻川を見て、琵琶湖文化館を見て、諸子川を見て、堂の川を見て・・・・・・・・
いずれのポイントにもコアユ釣り師の姿を見ることは出来ませんでしたが、相模川に来たときです。

相模川

白い服を着た釣り人は、どうやらコアユ釣り師のようです。
近づいて声をかけさせてもらうことに・・・
・・・で、近くまで行ってみましたところ、顔見知りのベテランさんです。
この近くで川鵜が水中に入ったり出たりしていたとのことで、もしやと思って竿を出されていたようです。
そのときは川鵜はこの近辺にいませんでしたが、あちこち見回してみると、もう少し西側にある遊覧船の桟橋辺りに川鵜が見られました。
結構岸近くまで来ているのもいて、時折水中に潜っています。
気になって近くまで見に行きましたが、川鵜はずっと沖の方まで行ってしまって、結局何もわからずじまいでした。
再びこの釣り人のところへ戻ってきましたところ、パラパラと雨粒が落ちてきて、釣り人は撤収されました。
コアユは釣れたようではありませんでした。

雨が降ってきたと言っても、本格的に降ってきそうもなく、このまま帰るかどうかと思いましたが、時間を見るとまだ午後1時40分頃で、今一度盛越川へ戻って様子を見たいと思い、もう一度盛越川へ向かうことにしました。

盛越川−3

三度このポイントにやって来ました。
午後2時前頃です。
水面に波紋が見られますが、今度はハエなのかどうかよくわかりません。
またまたしばらく水面とにらめっこです。
やっぱりハエのような・・・と思いながらじっと見つめていますと、ハエにしてはちょっと小さめの魚影を見ました。
結局竿を出すことにします。

ラセンにエサを付けて仕掛け投入・・・

しゃくって・・・しゃくって・・・

やっぱりアタリも何もなしです。

仕掛けを入れるとやっぱり波紋が消えてしまって、魚の姿を見ることが出来なくなります。

やっぱりハエだったんだぁ・・・ (_ _,)/~~

・・・でここで時間を見ると、午後2時30分を少し回ったところです。

やっぱり今日も・・・と、言うことで、本日は納竿としました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報