2007年3月18日(日) コアユ偵察

雪後曇り時々晴れ

今日は朝から白いものがちらついています。おまけに寒い!!!
この状況では出撃はとんでもないと思い、家でのんびりと過ごし、9時半頃からサビキ仕掛けの予備を作ります。
この頃から時々窓の外が明るくなり、時折陽が差しているようです。
それを気にしながら12時になり、お昼ご飯を食べてからちょっと外の様子を見ると、青空が見えていて、低い雲もあるけれど降ってきそうな感じも無し・・・
こうなってくると何となく落ち着かない (^▽^笑)

昨日の今日だし、コアユはまだと思いつつも、ちょっとだけでも見に行きたい気分になってきました。

・・・と、言うことで、午後1時10分。
バイクを出してきて、釣り道具を持たずに走り出しました。

向かう先は盛越川です。

盛越川

盛越川到着は、午後1時40分頃で、バイクから降りてしばらく水面とにらめっこです。
今日はどこにも波紋は見えません。ハエも寒さで奥にすっこんでしまったのでしょうか?
もちろんコアユらしい姿は見えません。

今度は橋より外側を覗いてみます。

水の状況はすっごく良く、今すぐにでもコアユが来ていてもちっとも不思議でない状態です。

でもコアユは来ていません。

橋の下の浅いところは底まで良く見えます。

コアユが来ていたら確実に見えると思いますが、いくら見つめていてもコアユどころか、その他の魚の姿を見ることも出来ません。

マンション側の河口部のカーブのところには、たくさんの水鳥が上陸しています。

この辺り、あちこち見て回りましたが、やっぱりコアユの姿を見ることは出来ず、その気配を感じることも出来ませんでした。

せっかくここまで来たことだし、東レもちょっと覗いてみることにします。

東レ排水口前

排水口前にはリール竿を持った釣り人が一人おられました。
多分バス狙いと思います。
もう少し川下にもバス釣りと思われる釣り人がいましたが、やっぱりここにもコアユ釣り師はいません。

今日も排水口から勢いよく水が流れ出しています。

流れのヨレたところをじっと見つめていましたが、小魚らしき、コアユらしき姿を見ることは出来ませんでした。

3月も20日が過ぎたら暖かくなってくることだと思います。
そうなるといよいよ待望のコアユがやってくることと思われますので、次の週末こそ初コアユゲットとなってほしいものです。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報