2007年4月21日(土) コアユ釣り

晴れ時々曇り

昨日はお天気も良く暖かかったし、今日は朝起きたときは曇っていましたが、結構暖かいです。
天気予報では明日はお昼頃から降水確率が高いですが、今日は何とか持ってくれそうなので、1日ゆっくりと釣りが出来そうです。
そうは言うものの、肝心のコアユがまだ釣れていないことが気がかりです。

家を出発したのは、午前8時40分頃で、いつものようにコンビニへ寄り道してからの釣行です。
特に行き先を決めていなかったので、まずは吾妻川から覗いていきます。

吾妻川は、やっぱり釣り人は1人もいません。
橋の内側を少し覗いてみましたが、魚の姿は一切見えず、釣りをしようと言う気も起こらない状況です。

琵琶湖文化館西(駐車場前)のポイントに来ると、コアユ釣りをされている方がおられました。

右側の方のバケツにコアユが入っていそうだったので、ちょっと声をかけさせてもらい、バケツの中を覗かせていただきました。

バケツの中にはかなり小さなコアユが3匹ほど入っています。コアユ終盤を思わせるような型です。

何でも、この釣り人の知り合いの方が、20匹ほど釣って別のポイントへ移動されて行かれたとか・・・

私も竿を出そうかなぁと思いましたが、時間もまだ早いし、他のポイントも気になるので、ここでは竿を出さず、別のポイントの様子を見に行くことにしました。

琵琶湖文化館東(常世川河口部)のポイントです。

こちらはこの前の日曜日に釣れたと言われていたポイントですが、今日は不調のようです。

釣り人は1人で、しばらく様子を見ていたのですが、釣れるような気配は全くありません。

ポツポツとでも釣れていたら竿を出したいところなのですが、この状況ではパスするしかなさそうです。

堂の川のポイントまで来たところで、1人コアユ釣りをされている方がおられました。

先週もお会いした釣り人で、ちょっと声をかけさせてもらって状況を聞きましたところ、やっぱり釣れていないようです。

この釣り人の情報によると、昨日、相模川の奥の橋と橋の間で何匹か釣れたとか・・・

ここで釣れないのでそちらへ移動されるようです。

私も相模川へ向かいます。

相模川の突端のポイントへ来ました。

ここへ来る前に、琵琶湖文化館西で小さなコアユが釣れていましたから、もしかしてこちらでも釣れるのではないかと少しばかり期待してます。

堂の川でお会いした釣り人は、昨日釣れたと言われていたポイントへ入られました。

しかし、この暖かい今の時期に、このポイントがこんなにガラガラなのはどうしたことでしょう。。。

竿を出して、仕掛けをセットして、ラセンに練りエサを付けて・・・・・

しゃくって・・・しゃくって・・・

アタリがありませんねぇ。

なかなか期待通りにはいかないものです。

今日は南から風が吹いていて、どちらかと言えばコアユ釣りには都合の悪い風です。

このポイントでどれくらいしゃくっていたでしょう・・・

多分40分くらいはやっていたと思いますが、やっぱり期待はずれとなってしまいました。

こうなったら、今日釣れていた琵琶湖文化館西側のポイントへ移動することにします。

相模川から再びここへ移動してきました。

小さいコアユを釣り上げられた釣り人はもうここにはおられませんでした。

年配のご夫婦と、最初からここで釣りをされていた若い方の釣り人と、3人でコアユ釣りをされていました。

若い方の釣り人にその後の状況をお聞きしましたところ、どうも釣れていないようです。

ご年配のお二人も釣れていません。

こうなったらF川へでも移動しょうかなぁと思いながら、しばらく若い方の方と談笑していましたところ、ご夫婦の奥方の竿に10cmは楽にあるコアユが1匹掛かりました。

それを見て、早速私もここで竿を出すことにして準備にかかります。
その準備中に、今度はまたまた奥方の竿に大きなコアユが3連です!

隣で釣れているところを見ながらですから、竿を出すのも結構焦ります。

やっと竿を出すことが出来ました。

これで私も!・・・・・・・・・・
・・・と、期待たっぷりでしゃくり始めますが・・・

先ほどコアユを釣られたことが嘘のような雰囲気に突入です。
静かなものです。

私を入れて4人のコアユ釣り師が竿を出してしゃくっているのですが、4人ともアタリも何もありません。
先ほどのコアユ達はどこへ行ってしまったのでしょう。。。。。

必ず釣れると信じて竿をしゃくり続けますが、結局何の音沙汰もなく・・・

時間を見るともうお昼です。
コアユも釣れないし、ここで食事タイムとして、その後F川へ移動することにしました。

F川へ移動して、そこで粘ること約1時間・・・
結局、F川でも1匹のコアユを釣ることも出来ず、もう一度こちら方面へ戻ってきました。
琵琶湖文化館西側では、若い方の釣り人がまだおられ、その後の状況をお聞きしたところ、やっぱりダメとのことで、琵琶湖文化館東側へ行ってみました。
・・・が、こちらも3人のコアユ釣り師がおられましたが、釣れている様子はありません。
こうなったら、もう一度相模川で挑戦と思い、相模川へ移動です。

相模川へ再びやって来ました。

←写真を見られて、「おや?」と思われた方もおられると思います。
どこへ行っても釣れないものですから、ものは試しでプリンスホテル側の対岸のポイントへ入ってみました。

もしかしたらこんなところへ・・・
淡い期待を寄せながら、竿を出してしゃくってみます。

・・・やっぱりダメです。。。

こちらでもコアユに振られてしまいました。
いよいよ「ボ」が見えてきました。

ちょうどそのとき、私の左向かいにおられたコアユ釣り師(常連さん)が仕掛けを仕舞われて。こちらで5匹ほど釣ったので、もしかしたら釣れるかもと言って帰って行かれました。

早速、その釣れたと言われたポイントに移動します。

ここへ入ったのは、午後2時頃です。
いつもだったらこれほど釣れないと諦めて帰るのですが、明日は雨で出撃出来ないかもしれないのでもう少し粘ってみることにしました。

しばらくしゃくり続けていて、やっぱり釣れないなぁと思いかけた頃にTatsuさん親子が様子見にやって来られました。

談笑しながらしゃくり続けていると、つっ・・・ついに、きましたぁ!

貴重な1匹です。それもかなり大きい!
10cmは楽に超えていると思います。

その1匹を釣ってから、しばらくTatsuさんと談笑中に次の1匹が掛かって来ました。
その後、Tatsuさん親子が帰って行かれ、私は次の1匹を狙って粘り続けます。。。・・・が、、、
そこの辺り、やっぱり思ったようにはなかなか行かないものでして、来ないですねぇ。。。

それでもいちおう釣れたものだから粘り続けます。
そこへ釣り人が1人見えられ、2人でこのポイントを攻めますが、2人とも釣れない状況が続きます。

やぁ〜っとしてから、目印が変な動きを見せました。
おっ!!! また大きいのが1匹掛かっています。
・・・が、水面から数十センチ上げたところでポチャンです。3匹目はバラシです。

時間を見ると午後4時を回っています。

今年初めての長時間釣行ですが、釣れたコアユはこの2匹のみ。
何とも寂しい結果です。

次回出撃はおそらくGWとなりますが、ホントにコアユの束釣りが出来る日が来るのでしょうか???

・・・と言うことで、本日は撤収です。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報