2007年6月2日(土) 相模川でコアユ釣り

晴れ

前回(26日の土曜日)は相模川の先端で大釣りで、次の日の日曜日は土曜日とは打って変わって不調のようでした。
そうは言うものの、やっぱり相模川が気になり、今日は相模川でコアユを狙ってみることにします。

出発時間はやや遅めで、午前8時50分に家を出発です。
バイクで走りながらですが、道路側から見ることの出来るポイントの様子を見ながら相模川へ向かいます。

琵琶湖文化館西
コアユ釣りをされている方が数人おられ、琵琶湖側で釣られていた方の竿にコアユが掛かっているのが見えました。
道路側にも1人おられましたが、これから竿を出されるような感じでした。

琵琶湖文化館東
いつものカーブのところ(常世川河口部)にはコアユ釣りをされている釣り人の姿が見えないようでしたが、道路側に2人コアユ釣りをされているようです。
少しだけですが、私が見ている間では釣れていませんでした。

諸子川・堂の川
この2つのポイントにはコアユ釣りをしている釣り人はいませんでした。

相模川
相模川のポイントに到着したのは、午前9時30分頃だったでしょうか。。。
先週大釣りした先端のポイントには数人のコアユ釣り師がおられましたが、どなたも不調のようです。
いわゆる1級ポイントも空いていましたので、とりあえず竿を出してみました。
しかし、いくらしゃくっても全く音沙汰無しです。
先週とはエライ変わりようです。
初めのうちは、いつか釣れ始めるだろうと思っていましたが、あまりにも釣れなくて・・・
しゃくりながら対岸の釣り人の様子を見ていますと、対岸側も釣れていない感じです。

10時過ぎ頃だったでしょうか。。。
対岸の釣り人の竿に1匹コアユが掛かったのを見ることが出来ました。
その段階で移動決定です。

移動して来て、ちょっと声をかけさせていただきます。
ポツポツと釣れているようなので、早速お隣へ入れてもらうことにしました。

第一投目投入・・・

早速本日の1匹目ゲットです。

それから後も、ポツポツと釣れてくれます。
どうやらこちらへ移ってきて正解だったようです。

このカーブのところでは、最初は3人ほどでしたが、いつの間にか釣り人が増えてきました。

70匹くらい釣れた頃にちょっと次まで待たされるようになり、ちょっと石垣の方も気になっていたのでコアユ釣りを中断して様子見に行きます。

石垣のところを偏光サングラスをかけて水中を見ながら湖岸に向かって歩いていくと、コアユの小集団を見つけました。

石垣のところにいる集団なので、少しは大きくなっているかもと思い、引っ掛け釣りを試してみることにします。

久しぶりの引っ掛け釣りで、カンを取り戻すのに少し時間がかかりましたが、とりあえず6匹掛けて3匹バラシで、引っ掛けでゲットできたのは3匹でした。

もうちょっと大きくなっていると良いのですが、引っ掛けで釣れるコアユにしては思ったより小さめでした。

(引っ掛け釣りに関する記事は こちら を参照)
引っ掛け釣りであまり大きなコアユが釣れないことがわかり、また元のサビキ釣りに戻ったところ、ちょうどコアユの群れが来ていたようで、そこから後は結構調子良くポンポンと釣れてきます。

調子良いと言っても、やっぱり止まることもあります。

時間を見ると午後2時前。。。
ここまで食事もせずに釣りをしていたので、この辺で食事休憩です。

20分足らずで食事を済ませ、コアユ釣りに再参戦。。。
飽きない程度にポツポツと釣れてみたり、急にパタパタと釣れてみたりを繰り返します。

そんな状態が続いていて、ついに待たされる時間が長くなってきました。

時間を見ると午後5時を回っています。

ここまでで、いちおう炊いて食べられるだけのコアユが釣れていたので、この辺で納竿としました。


いよいよ南湖のコアユは終盤となってきたようです。
今日釣れても明日はどうなるのやら・・・
これからは大釣りが出来たとしても、ある一定の時間に、釣れるポイントで釣りをしていた釣り人が釣れることになるのだと思います。
厳しい釣りになるか、束釣りするかはやってみないとわからないと言ったところです。
管理人の予想では、来週か再来週くらいで南湖のコアユが終わるのではないかと思っているのですが、これはあくまで予想でして、はてさてどうなることやら・・・・・

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報