2007年6月17日(日) スゴモロコ偵察

晴れ

朝から良い天気です。
今日は気になるスゴモロコ偵察に行ってみたいと思います。
南郷洗堰の放流量は相変わらず220m³/sと多く、大石でのスゴモロコは絶望状態です。
しかし、220m³/sだとどのくらいの水量になるのか一度見ておこうと思ったこともあり、とりあえず大石へ向かうことに決定です。
もし大石で釣りにならなかった場合は、瀬田川のどこかで竿を出すか、宇治川へでも向かうかと思案しながらの出撃です。

家を出発したのは午前9時30分頃と、今日はかなり遅めのスタートです。
いつものようにコンビニへ寄り道して、途中で釣具屋さんに寄って赤虫を買い足します。
その後バイクにガソリンを入れて大石へ向かって走ります。

洗堰下流部(瀬田川と大戸川の合流点)


大石へ行くまでに、どこか竿の出せそうなポイントがないか、ちょっと様子見します。
洗堰を一旦渡って、大戸川の左岸を下流部に向かいます。
瀬田川(向こう側)と大戸川(手前)の合流点です。
突端のところで竿を出そうと思えば出せそうな感じです。
大石がダメだったときはこちらのポイントで行けそうです。

大戸川への流れ込みです。

このポイントも何とか竿を出せそうです。
ここもいちおうチェックです。

この後更に左岸を下流部へ向かいましたが、竿を出して釣りをしようと思うようなポイントはありませんでした。

この様子見の後で、再び洗堰へ戻って、今度は瀬田川の右岸を大石へ向かいます。

大石


大石のポイントです。河原へ下りて上流部を撮りました。
放流量が多いというものの、220m³/sくらいだと河原へ出ることが出来ました。
しかし流れも速く、いつも釣りをするポイントまで到底竿が届くような状況ではありません。


今度は下流部の写真です。川縁に生えている木が、水に浸かりそうになっています。
この状態ではこのポイントで竿を出して釣りをすることは不可能です。

せっかくここまで来たことだし、川縁の足下にある大きい石の影にテナガが潜んでいないかと目を凝らして探してみましたが、テナガを見かけることは出来ませんでした。
・・・と言うことで、このポイントでの釣りは諦めて場所移動します。

鹿跳橋近辺の下流部


鹿跳橋近辺の下流部を偵察します。
鳥居のあるところの駐車場から鹿跳橋へ向かって撮った写真です。
水嵩が多く、かなり流れも速いです。

信楽川の合流点から少し下流部に釣り人が1人いました。
何を釣っておられるのか、ちょっと近くへ行きましたところ、仕掛けの一番下に丸い大きな錘が見えます。
どうやら鮎のコロガシと思われます。

少しだけ見学させてもらいましたが、釣れているところを見ることは出来ませんでした。

更に下流部へ行くと、今度は岩の上に2人釣り人がいます。
近くへ行って様子を見たところ、ウキ仕掛けとなっていました。
浮き下の長さとか、釣り方を見ている限り、ハエ釣りのように思いますが・・・

こちらもしばらく見学させてもらいましたが、釣れた瞬間を見ることが出来ませんでした。

こちらでも河原へ下りて石の影にテナガが潜んでいないか探ってみました。

メダカのような、何かの稚魚のようなのが、どこへ行っても小集団でいるところを目にします。
何の稚魚なんでしょうかねぇ???
身体に少し模様のようなのがありますが、スゴモロコ?かな???

一カ所、3cmくらいのエビを発見しましたが、テナガかどうかよくわかりませんでした。もしテナガだったとしても釣るには小さすぎです。


ここまで見たところで一旦河原から上がったところへ見慣れた方がバイクで来られました。
M.H.さんでした。
少し談笑後、時間を見るともう12時前です。
とりあえずここで食事タイムです。
M.H.さんは、河原へ下りて釣りをされるようで、私は食事後移動です。

今度は鹿跳橋のすぐ近くの駐車場へ入りました。

橋の下辺りを覗いてみましたが、竿を出そうと思うようなポイントがなく、橋より少し下流部に1人くらい竿を出せそうなポイントがありました。

足場も悪くないし、釣れるかもしれないと思い、ここでやってみることにします。

水面までは遠いですが、水中に見えている岩の向こう側へ仕掛けを入れることが出来そうです。

竿は4.5mで、脈釣り仕掛けのAでやってみます。
仕掛けが流されそうなので、錘はなす型5号とかなり重めです。
針はキツネ針の赤針3本。エサは赤虫です。

仕掛けを取られないよう最初は底の状態を探りながらですが、やっているうちにだんだん慣れてきて、錘が取られないポイントへ仕掛けを集中投入です。


そこへ最初に掛かってきたのはちびギルでした。
水中に見えている岩のすぐ向こう側に草が沈んでいるようで、その草の際へ仕掛けが入ったようです。

今度は少し沖目へ仕掛けを投入して、竿を下げてみます。
仕掛けが流されたときに、岩の間に錘が挟まったら最後なんですが、どうやら大きな岩の斜面のようなところへうまい具合に仕掛けが入っているようです。
すると、コンコンとアタリがありまして、竿を上げてみますと真ん中の針にモロコが1匹掛かってきました。
これでポイントの様子をつかむことが出来て、同じところへ仕掛けを入れ続けます。
頻繁とは言えませんが、たまにアタリがあります。・・・が、なかなか針には乗ってくれません。
そうこうしているうちに2匹目をゲットです。
その後も何回もアタリは出ますが、やっぱりなかなか針掛かりなしです。

本日の釣果です。

時間を見ると午後2時前で、いちおう竿を出すことも出来たし、スゴモロコが釣れることもわかったし、今度は洗堰の放流量が少ないときにまた挑戦と言うことで、本日は納竿としました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報