2007年6月23日(土) 志賀の湖岸でコアユ釣り

晴れ

先週土曜日と同じく、数日前の天気予報では傘マークだったのですが、昨日、会社から帰ってから天気予報を見たら晴れに変わっているではありませんか!!!
今回の土日はいよいよ出撃不可と半分以上諦めていたのですが、嬉しい番狂わせです。

朝起きたら予報通り晴れています!
お天気も良いし、気持ちの良い1日となりそうなので、今日も志賀まで足を伸ばすことに決定です。

今日の出発時間は先週より少し遅くて、午前7時を少し過ぎた頃です。

志賀の湖岸
釣り場到着は午前8時頃だったでしょうか、、、
先週はどこで釣ろうか、少し迷ってウロウロしましたが、今日は最初から先週と同じポイントへやって来ました。

お天気は良いし、水もきれいで、すっごく気持ち良く、本当に気分がのんびりします。

流れ込みの北側には先客が3人おられます。→

そのうちのお一人は「趣味の館」管理人のなかっちょさんです。
なかっちょさんと釣り場でご一緒するのは久しぶりです。

←私は流れ込みの少し南側で始めてみることにします。
竿を出して、仕掛けをセット。ラセンにエサを付けて第一投目を投入・・・
その直後にウキが沈みました!
幸先の良いスタートと思って喜びましたが、上がってきたのは小さいハスでした。。。

その後しばらく音沙汰なく、何回も繰り返し仕掛けを投入しているところへWHOさん登場です。
やっぱり今日も志賀へやって来られました。
WHOさんは私の右隣へ入られ、談笑しながらの釣りです。

1〜2匹釣った頃でしょうか、、、、、
何だか水が濁ってきています。
こうなるとどうも釣れる気がしなくなってきます。
なかっちょさんの方を見ると、ポツポツと釣っておられるようで、こちらから見ていると水も澄んでいてきれいそうです。
それではと言うことで、私もWHOさんもなかっちょさんのおられる方へ移動します。

この写真の左側から2番目の場所へ入りました。→

←こちらは先ほどのポイントより見た目は浅く見えましたが、仕掛けを入れてみるとそれほどでもないようです。
水が澄んでいて底の方まで良く見えるので浅く感じていただけのようです。

ウキは動きませんが、ウキの下にコアユが集まってきているのが見えます。→

エサに反応しているのか、仕掛けに反応しているのかよくわかりませんが、仕掛けの周りにコアユがウロウロしています。
・・・が、釣れません。

こちらで何匹か釣った頃に一旦食事休憩。

その後、元いたポイントを見ると水の濁りも取れているようなので元のポイントへ戻ることにします。

←元のポイント(流れ込みの南側)へ戻ってきました。

こちら、竿の届く範囲に波紋が見られます。
期待をしながら仕掛けを投入しますが、釣れません。
仕掛けの周りにはかなりの数のコアユがウロウロしているのですが、針をくわえてくれるコアユはいないようです。
たまに仕掛けのところでコアユが反転するのですが、針に掛かってくれません。
あれだけの数のコアユが仕掛けの周りに来てくれているのなら、しゃくることが出来る釣り方だとスレでも釣れるのですが、このウキ釣りではそれがかないません。

午後2時半頃でしょうか、、、、、
WHOさんが荷物をしまって撤収されました。

その後しばらく粘ってみますが、やっぱり釣れそうで釣れない状態が続きます。
仕掛けの周りには間違いなくコアユの群れがウロウロしているのですが・・・・・

時間を見ると午後3時を少し回っています。
今から帰りに向いたとしたら、家に着くのは4時過ぎとなります。
もう少し粘ってみても良かったのかもしれませんが、また次の機会もあるだろうし、今日のところはこれで納竿とすることにしました。

本日の釣果
竿をしまってから、なかっちょさんが釣っておられるところへ行って、少しだけ釣られているところを見学させてもらいましたが、結構コアユが仕掛けに反応していて、針にもしっかり掛かってきていました。
数もそこそこ釣られていました。

私の方の今日の仕掛けは秋田キツネの金銀2.5号で、エダスに小さな白いビーズを通した仕掛けとしていたのですが、それが悪かったのかどうか・・・はたまた、エサが悪かったのか???
もしかしたら腕が悪いのかも・・・・・
1日かかって釣り上げたコアユは14匹でした。

今日の状況からすると、これから以降は更に釣りにくくなると思われます。
来年はもう少し早い機会にこのポイントへ来てウキ釣りに慣れることだと思いながら帰路に着きました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報