2007年7月17日(火) 宇治川で小物釣り

曇り

7月に入ってからは雨にたたられて1度も出撃できていませんでした。

今日も朝から雲が低くて、今にも雨が降ってきそうなので、とりあえず朝から自宅待機状態でしたが、低く下りていた雲も上がってきて、雨の心配があるというものの夕方くらいまでは持ってくれそうなので思い切って出撃決定です。
出撃しようと思ったのはお昼ご飯を食べた後でして、時間は午後1時半頃です。

とりあえず釣れれば何でもヨシとして、行き先は宇治川に決定です。
出発前に天ヶ瀬ダムの放流量を確認すると、687.87m³/sとかなりの量です。
これだけ水量が多いとポイントも狭くなっていることが想像できますので、行き先としては観月橋が無難かと思い、観月橋のポイントへまっすぐに向かいました。

観月橋の水門のポイント
予想通りの水量で、普段岸だったところも完全に水没しています。
そうは言いながらも水門の両サイドの一段下は釣りが出来るスペースもあり、何とかなりそうです。

水門上流部を撮った写真です。→

本流の流れも早く、本流での釣りはまず無理な状況です。

とりあえず水門の出口の右側へ入ることにします。

水門の出口のポイントには、既に先客がお二人おられ、それぞれ出口のところで釣りをされています。

水門の出口右側のところで釣りをされていた方は、釣りをされている姿からして、時々掲示板に来ていただいている方で、けんちゃんにほぼ間違いないだろうと思い、声をかけさせていただいたところ、やっぱりけんちゃんでした。
挨拶をさせてもらってから、けんちゃんの右側のポイントへ入らせてもらいました。

今日は、竿は4.5mの渓流竿で、仕掛けは、脈釣りの仕掛けAです。
針はキツネの2号赤針3本。錘はなす型2.5号。
エサは赤虫です。

1投目投入後、錘が着床するが早いか、アタリがあります。
アタリと同時に少し糸を送るとすぐに針に魚が掛かってきました。

右の写真はスゴモロコです。→

←スゴモロコの連です。

時々小さなその他の小魚も掛かってきます。

仕掛けを入れたらすぐにアタリがあって、エサだけ持って行かれることもよくありますが、まずまず調子良く釣れてくれます。

ハエも釣れてきました。→

これくらいの大きさの魚だと釣れたときに少し手応えがあります。

仕掛けを入れて錘が水底に着いてすぐにアタリ、、、
すぐにアタリがなかっても、少し誘いをかけてやるとすぐにアタリが出ます。

このポイントに入ってから、このような状況が続きます。

釣りを続けているうちに、少し雲が下がってきたような感じがしてきました。
時間を見ると午後3時を少し回っていて、釣りを始めてから1時間強です。

ここまでで釣れた魚の数は、全部で70匹。
今日は釣るだけを目的としていましたので、釣れた魚はその場でリリースです。

十分楽しむこともできたし、雨が降ってきたら嫌なのでここで納竿としました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報