2007年8月20日(月) 宇治川で小物釣り

晴れ

今朝起きてみると意外と涼しく感じました。
久しぶりに出撃してみることにします。
途中で暑くなってきたら、すぐに引き返せるところへと言うことで、行き先は宇治川(観月橋)に決定です。

家を出発したのは午前7時50分頃です。
今日は午前中だけ釣りをして楽しもうと思います。

途中コンビニへ寄り道して、スポーツドリンクとお茶を調達してから釣り場へ向かいます。

宇治川(観月橋)のポイント−1
今日の天ヶ瀬ダムの放水量は、25.75m3/sとのことでかなり減水していて、前回(7月17日)の687.87m3/sのときとはエライ違いです。
堤防の上からポイントを見ると、どこででも釣りが出来そうな感じがします。
まずは、この水門の流れ込みの下流部で竿を出すことにします。

対岸にはハエ釣りの釣り人が数人竿を出しています。
ポツリポツリと釣り上げておられるようです。

それを見ながら私も竿を出します。

のべ竿4.5m。
仕掛けは脈釣りAで、目印なしとします。
錘は、なす型2.5号。
針は狐2号赤針3本。
エサは赤虫です。

水中にはテトラや石がたくさん沈めてあって、思っていたより釣りにくい状態です。

錘が石の間に挟まらないように、慎重に仕掛けを投入します。

とりあえず、テトラの隙間に落とし込んで、錘が着いたら少し上げ、また下ろして錘が着いたら少し上げを繰り返します。

最初にコンコンとアタリがあって、さっと合わしてみたらギルが釣れてきました。→

いちばん初めに釣れてほしくないヤツが釣れました。

←次に釣れてきたのはスゴモロコです。

これで調子良く釣れれば問題ないのですが、仕掛けを入れれば時々細かなアタリがあるのですが、なかなか釣れません。
どうやら口の小さい小魚がたくさんいるようです。

今度は手応えよろしく釣れたのはバスです。→

いちおう針にちゃんと掛かっていましたが、赤虫を食ってきたバスにしてはちょっと大きめです。

宇治川(観月橋)のポイント−2
流れ込みの下流部では、ギル数匹とバスが1匹、スゴモロコが1匹でした。
今度は、流れ込みの上流部へ移動してきました。こちらは、先ほどのポイントより少し水深が浅そうです。

こちらのポイントもテトラや石がたくさん沈めてあって、先ほどのポイントより更に釣りにくそうな感じです。

先ほどと同じ仕掛けで同じように石の間を攻めてみます。

仕掛けを何回も上げ下げしているうちに、ついに手応えのあるアタリが・・・・・

・・・で、釣れてきたのはまたギルでした。

この後、時々アタリがあるものの針掛かりしない状態が続きます。
時間を見てみると10時50分です。
かなり暑くなってきました。

このまま釣り続けていても釣れそうにないし、暑いし・・・・・で・・・・・撤収します。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報