2007年9月16日(日) 宇治川でバス釣り

晴れ一時雨

今日も朝から晴れています。
天気予報では、今日はお天気が変わりやすいとのことで雷注意報まで出ています。
出撃したいところですがちょっと様子見です。

午前10時頃になっても一向に降りそうな気配がありません。
思い切って出撃するかぁ!!!
・・・と言うことで、時間も遅いことだし、遅いついでにとりあえず早昼食べて・・・
行き先で雨になってもすぐに引き上げられるようなお手軽な釣りと言えばバス釣りです。
琵琶湖へ向かっても良かったのかもしれませんが、家の近くとなると宇治川です。
食事後出撃の支度ができてから出発です。

樋門
最初に選んだポイントは隠元橋の右岸、少し上流部にある樋門の流れ込みです。

河原へ出て、流れ込みの下流部の流れの淀んでいるところを狙ってみます。

仕掛けはもちろんダウンショットリグです。
針は伊勢尼8号(金針)。
針にはワームを付けます。

河原を下流部へ向かって移動しながら、川岸近くとか、本流の流れが緩いところにキャストを繰り返します。

ここで20分くらい粘ってみましたが、全くアタリ無しで、ギルアタリもない状態で移動です。

戦川河口部
平和堂裏の戦川河口部のポイントです。
ここへ来る前に、昨日楽しませてもらった針ノ木のポイントも覗いてみましたが、今日は針ノ木のポイントには数人の釣り人がいて、バス釣りに入るにはちょっと無理があり、針ノ木は諦めてここまでやって来ました。

水が多いときだとこのポイントにも結構バスやギルが入っているのですが、今日は水が少なくて底まで丸見えです。
何だかわかりませんが、小魚が数匹木の下に見えただけで、バスやギルは1匹も見ることが出来ません。

ここで竿を出してもしようがないのでパスして移動します。

三室戸の余水路流れ込み
今度は三室戸までやって来ました。
幸い釣り人は誰もいませんので、このポイントで竿を出してみることにします。

余水路の落ち込みのところには小魚らしきものが見えます。しかし、2003年にBABAさん達とご一緒したときのことを思うと、魚がいませんねぇ。あのころだったらこの落ち込みのところにいろいろな魚がやって来て、まるで水族館みたいだったのに・・・

この落ち込みのすぐ上流部の淀みにバスやギルの姿を見ることが出来、そこで竿を出してみることにします。

上流側へ向かって投げてみたり、下流へ向かって投げてみたり、本流へ向かって投げてみたり。。。

なかなか釣れなくて、今日は「ボ」かな?と思ったときに1匹目が釣れてくれました。

・・・よかったよかった・・・

ちょっとコツがわかったのか、しばらくして2匹目ゲットです。

この頃から、時々アタリが出るようになってきましたが、多分ギルアタリだと思います。

3匹目ゲットです!

大きなバスは釣れませんが、そこそこ楽しませてくれます。

この後4匹目が来てくれましたが、水面まで持ってきてバラシです。

時間を見ると午後2時半頃です。
一応バスも釣れて、「ボ」にならずに済んだことだしこの辺で納竿とすることにしました。

・・・で、家に帰ってきたのは午後3時頃、、、
釣りをしている間中暑くて汗びっしょりだったのでシャワーをしてスッキリした頃に、急に辺りが曇ってきて大粒の雨が降ってきました。雨が降る前に帰ってきてよかったぁ!!!

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報