2007年11月25日(日) 宇治川でバス釣り

晴れ

前回、宇治川でのバス釣りはかなり厳しく、今日も厳しいだろうなぁと思いながらも宇治川へ向かいました。

家を出発したのは午前11時頃で、日中の暖かいうちに釣りを楽しもうと思います。

宇治川(観月橋)
いつもの観月橋のポイントです。
今日も先客が数人バス釣りをしていて、まだ釣れるのかなぁと少し期待してポイントへ入ります。

今日もこの流れ込みの川下のポイントが空いているので、そちらへ入ることにします。

最初に入ったポイントはこんな感じです。

今日は前回より少しだけ水嵩が上がっていて、ほとんどのテトラは水没していました。

流れもそこそこあります。

前回来たときはテトラの間に小魚の姿を見ることが出来ましたが、今日は1匹も小魚の姿を見ることが出来ません。
もちろん、バスやギルの姿を見ることも出来ません。
かなり厳しい釣りになりそうです。。。

ともかくやってみることに・・・
仕掛けはやっぱりジグヘッドの針にグラブを付けた仕掛けで行くことにします。

1投目・・・2投目・・・3投目・・・

何回も何回もテトラの間にグラブを泳がせますが、今日はテトラの影から出てくるバスを全く見ることが出来ません。

出来るだけテトラの直近をグラブが通っていくようにゆっくりと引きますが、何の反応もなく、全く釣れる気配はありません。
そのうちに、テトラの隙間に仕掛けが入り込んでしまってグラブをロストです。。。

今度は、ダウンショットリグでやってみますが、これも空振りに終わりそうで、出来るだけスローな動きでと思ってやっているうちに、こちらもテトラに取られてロストです。

もう一度ジグヘッドとグラブを付け、今度は流れ込みの上流側へ移動してみます。

ポイントを移動してから、本流向きに投げてみたり、岸寄りに投げてみたりを繰り返していて、やっとしたところでテトラの隙間からなにやら出てくるのが見えました。
その瞬間、リールを巻くのをストップして、竿でグラブの動きに変化を与えます。

やぁ〜〜っとの思いでヒットしてくれました!!!

小さいバスですが、本日の貴重な貴重な1匹です。

この後、もう1匹を狙って粘ってみますが、残念ながら次のバスの姿を見ることが出来ません。

時間を見てみると、12時40分です。
このままここで釣り続けても、釣れる気がしなく、時間も早いことだし、久々にD川でも偵察に行ってみようと思い、今日のところ、バス釣りはこれで中止としました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報