2008年2月2日(土) コアユ偵察

曇り

「大津・親子釣り日誌」の管理人、KURIさんの情報では、今週木曜日現在ではコアユはまだ来ていないとのことです。
今日は朝から曇りで外は寒いし、ちょっと出にくい感じもあったのですが、雲は高いし、僅かに薄日が差してきたこともあり、ダメとわかっていながらも家にじっとしていられず、またまた様子だけでも見に出ようと思い、お昼頃に家を出発です。
今日もコアユの仕掛けは持たずに、もし気が向いたらと思い、バス釣りの準備だけして出撃です。

玉姫殿前
最初に見に来たポイントは玉姫殿前です。
予想通りポイントには釣り人は一人もいません。この橋の下の右側にベンチがあるのですが、そのベンチに座って雑談しておられる方が2人ほどおられただけです。

橋の上から水面を覗いてみますと、結構水が澄んでいて、水の中がしっかりと見えます。

これだけはっきり見えているのなら、もしも小魚がこの近辺に来ていたら、確実に見ることが出来るのですが、残念ながらこの近辺には何もいないようです。

盛越川
こちらも釣り人ゼロで、時折湖岸を散歩されている方が通って行かれます。
水中を覗いて行かれる方もおられるので、もしかしたらコアユの様子でも伺っている釣り人なのかもしれません。
前回来たときと水位はあまり変わっていないように思います。
水も澄んでいて、はっきりと川底を見ることが出来ます。

道路側の流れ込みの深場を覗いてみると、こちらも川底までしっかり見ることが出来ます。

しばらく水中とにらめっこしていましたが、水中を生き物が動いていくような様子は全くありません。

今年は去年以上に魚が見られません。

東レ排水口前
排水の流れ出しているところをじっと見つめている方がおられました。
私がこの方に近づくと、話しかけてこられまして、聞いてみると、この方もコアユの偵察に来られていたようです。
この方は一昨年か一昨昨年くらいにこのポイントへ釣りに来られた経験があるようでして、ここでコアユがいちばん早い時期に釣れることを知っておられました。
去年の暮れにも試しに竿を出されたようですが、去年の暮れは全くダメだったとか・・・・・
この方は、コアユの最盛期には、西は真野川とか安曇川、東は芹川方面へ行っているとか言われていました。
川で釣るときは、ビーズ付きのコアユ仕掛けで、カゴに撒きエサを入れると言っておられました。

排水が流れ出して、水面が波立っているところをしばらくじっと見ましたが、やっぱり小魚らしき影も姿も見ることは出来ません。

う〜ん、今年もコアユは遅れるのでしょうか。。。

相模川
このポイントはゴールデンウィーク頃が最盛期になるポイントなので、今頃にコアユが釣れることはありません。
ちょっと気が向いたので寄り道してみました。
コアユの最盛期のときには、この川の両岸にはコアユ釣り師がズラリと並ぶのですが、さすがに今の時期には釣り人はいません。

この位置から比良山が良く見えるので、ズームアップして撮ってみました。

山の頂上の方に白いものがはっきりと見えます。
今年1月5日のJ川で初釣りのときは、比良山に雪が積もっているところを見ることが出来ませんでしたので、その後の冷え込みで積もったものだと思います。

今年は盛越川でハエを見ることも出来ていません。冷え込みが強くて小魚が岸寄りに来るのを嫌っているのでしょうか?
そうなると、コアユの接岸も遅れるのかどうか・・・・・

コアユ偵察のあと、総門川へ行ってみましが、流れ出している水が黄色っぽく濁っていて、何だか臭ってくることもあり、釣りをしようと言う気が起こりません。
バス釣りの釣り人が数人おられましたが、しばらく様子を見ていてもバスを釣り上げられる瞬間を見ることも出来ず、結局竿を出さずに撤収しました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報