2008年3月23日(日) コアユ釣り

曇り

天気予報通り、朝から曇っています。予報では雨は夜に降り出すとのことなので、日中は大丈夫と思い出撃決定です。
今日は昨日より少し早めに家を出て、釣り場の様子を見ながら行きます。

昨日は「ボ」で終わったので、今日も多分釣れないだろうなぁ・・・と思いながらバイクを走らせます。

玉姫殿前
最初に来たのは玉姫殿前のポイントです。
相変わらず、今日もコアユ釣り師は一人もいません。

橋の上から水面の様子を伺います。

昨日よりは水の濁りがましにはなっていましたが、まだ完全には濁りが取れていなく、水中の様子はたいへん見にくい状態です。

やっぱり昨日と同じく、小魚の姿を見ることが出来ません。
波紋も出ていないようです。

盛越川
こちら、盛越川のポイントにもコアユ釣り師は一人もいません。
とりあえず橋の上から水面の様子でも伺ってみようと思います。

本湖側ですが、こちら、昨日は浅場に波紋を見ることが出来ましたが、今日は静かなものです。
小魚らしいものも見えないし、波紋も見えません。

この状況では竿を出してみようと言う気が起こりません。

道路側の深場のポイントですが、こちらも小魚も何も見ることが出来ません。

もちろん波紋を見ることも出来ません。

鉄橋の上を見てみましたところ、いままでとは違って、多くのカワウの姿を見ることが出来ました。

あれだけカワウがいると言うことは、この近辺にコアユが来ているのかもしれませんねぇ。
あの鉄橋の上のカワウの姿を見たときは、東レ排水口で釣れたこともあり、気になる東レ排水口へ行ってみることにします。

東レ排水口
東レ排水口のポイントにやって来ましたが、見ての通り鯉釣り師の竿がズラリと並んでいます。
この状況では竿を出すことが出来ませんので、この場は諦めて別のポイントへ行くしかありません。

琵琶湖文化館東側
東レ排水口の次に、このポイントへやって来ました。
コアユ釣り師が一人だけ竿をしゃくっています。ちょっと近づいてお話を聞かせてもらうと、全く釣れないことはないとのことで、十数匹釣れたと言っておられました。
私もこの釣り人の横で竿を出させてもらおうかなぁと思っていたところへ、M.H.さんがやって来られ、声をかけてこられました。
同じ竿を出すのなら、ここで釣れているなら文化館の西側でも釣れるかもしれないと言うことになり、西側だと手すりもあるし、楽に釣りが出来るので、そちらで釣りをしようと言うことになりました。

琵琶湖文化館西側
ここでダメならもう帰ろうと思いながら、手すりに竿かけを出して竿を出します。

ラセンに撒きエサを付けて1投目・・・

しゃくって、しゃくって、、、
やっぱり音沙汰無し・・・・・
いよいよ今日も「ボ」で帰ることになるのかなぁ???

水も濁っているし、釣れる気がしません。

あまり強い風も吹いてないし、波もあまりありません。

M.H.さんと一緒だったこともあり、すぐに諦めずに釣り続けることが出来ます。

何回かエサを付けなおして、ほとんど諦めかけていたときです。
手元にプルプルっと来ましたぁ!!!

上がってきたコアユを手に取ってみると、まだ透き通っています。こんなコアユでもプルプルと手応えがあるのですねぇ。

これでとりあえず「ボ」はなくなりました。

1匹目を釣ってから、ながぁ〜〜い時間が空いて、またまたプルプルと来ました。

今度も透き通ったコアユです。
それもスレ掛かり・・・
尻尾の近辺に針が掛かっていました。

その後、またまたながぁ〜い時間が空いて・・・

で、、、ダブルで釣れたのが2回。。。
それもスレ掛かりです。

このポイントで6匹ゲットです。
後1匹でも追加出来たら今年の新記録になるのですが、その1匹がなかなか釣れません。

そうこうしているときに、後ろから声をかけてこられた方がいました。
「大津・親子釣り日誌」管理人のKURIさんです。
しばし釣りをしながら談笑ですが、後1匹が釣れません。

結局KURIさんとお別れしてからもコアユを追加できず、思い切って場所移動をしてみることにします。

堂の川
文化館横でも釣れたと言うことは、このポイントでも釣れても不思議でないので、少しは期待してやって来ました。

早速竿を出してやってみます。

ラセンに撒きエサを付けて仕掛け投入です。

しゃくって・・・しゃくって・・・
アタリがありません。。。。。

弱い風がこちら向きに吹いていますので、仕掛けを入れている近辺には吹き寄せられたゴミが少し浮いています。

先ほど文化館横で釣れたこともあり、多少は期待して釣り続けます。

・・・が、、、こちらでは何の音沙汰もありません。
なかなか思ったようには行かないもので、しばらく粘ってみましたが、このポイントではコアユの姿を見ることが出来ませんでした。

・・・と、言うことで・・・今年の新記録は次におあずけとして、納竿としました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報