2008年3月29日(土) コアユ釣り

晴れ一時曇り

朝から天気予報通り晴れています。
しかし、風が冷たくてちょっと冷え気味となっています。コアユ釣りの条件としてはちょっと不利・・・
そう言いながらも出撃準備をして出発です。

家を出たのは午前10時を少し回ってからです。
今日の行き先は、やっぱり気になる瀬田方面からとします。

玉姫殿前
最初に立ち寄ったポイントは玉姫殿前です。
今日もこのポイントにはコアユ釣り師は一人もいません。コアユはまだ来ていないようです。

今日は前回より水の中がよく見えます。

今回も前回と同じく、コアユの姿を見ることが出来ません。

この様子だと、この後見に行くつもりの盛越川もまだコアユは来ていない予感がします。

盛越川
やっぱりこちらのポイントにもコアユ釣り師は一人もいません。
水位があって水もきれいだし、お天気も良いし、そこそこ風も吹いていてさざ波が立っているし・・・・・
コアユの姿が見えても不思議ではないのですが、まだ来ていないようです。

道路側のポイントにもコアユらしい小魚を見ることが出来ません。

チラッとでも小魚が見えたらすぐにでも竿を出したいところなのですが、この状況では竿を出そうと言う気が起こりません。

ここへ来たら一度はこの鉄橋を見るのですが、今日は一羽もカワウがとまっていません。

おそらくこの近辺にコアユが来ていないのでしょう。。。

せっかくここまで来たことだし、東レ排水口の様子も見に行くことことにします。
もしポイントが空いていたら竿を出してみるつもりで・・・・・

東レ排水口
東レ排水口へ来てみましたが、やっぱり今日も鯉竿が並んでいました。。。
この状況では竿を出すことが出来ないので、別のポイントへ移動することにします。

相模川
やっぱりこのポイントも気になるもので、ちょっと立ち寄ってみました。
時期的にはまだまだ早いポイントですから、コアユ釣り師は一人もいません。
橋の上から水面の様子をじっと見てみましたが、波紋も何もなく、ここでも竿を出してみようと言う気が起こらず、見るだけ見てから次へ移動します。

吾妻川
前回文化館西側でコアユが釣れたので、そちらへ入ってみようと思って行ってみたのですが、バス釣りの釣り人が何人か入っておられ、ちょっと間に入るにしても入りがたいので吾妻川へやって来ました。

このポイントではコアユ釣り師が2人。向かい側に1人、手前に1人です。
ここだったら入れそうなので竿を出すことに決定です。

先に入っておられた釣り師にお尋ねしたところ、今日はダメとのこと・・・
向かい側の釣り師が1匹だけコアユを釣り上げられて、その後は音沙汰無しとのことでした。

とりあえずこの釣り人の左側へ入らせてもらうことにしました。

先週、竿を新調したので、早速今日はその竿を使います。
使用竿は、シマノの天平61ズーム竿です。
いちおう、54→58→61の3段となっていますが、いちばん長くのばして61(6.1m)でやることにします。

ラセンに撒きエサを付けてしゃくり始めます。

エサがなくなったら付け替えて・・・

何回目の投入だったでしょうか???
プルプルプルと竿に感触が来ました!!!
・・・で、仕掛けを上げかけたところで・・・
バラシ (x_x;)
いちおうコアユが来てくれることがあるとわかりました。

その後しばらくしてお隣の竿に1匹コアユが掛かりました。
まずまずの型のようです。
次は私も!・・・と、気合いが入りますが、、、、、

その、次が来ません。。。
一度でも感触があったのですから、そのうちまた回ってくるだろうと思って、期待しながらしゃくり続けます。

・・・・・が、、、ぜぇ〜んぜぇ〜ん音沙汰無しです。
そのうち、北風が強くなってきて、波が出始め、時々足下に水が上がってきます。
晴れていて、風があって波があって・・・コアユ釣りの条件は整っているのですが、まだ少し時期が早いのと、少し冷え込んだのがいけなかったのか、それからはアタリもカスリもありません。もちろんお隣も全くダメのようです。
更に風が強くなってきて、竿が風に押されて重たくなってきました。
おまけに少し身体の方も冷えてきました。

お隣はどうやら店じまいのようです。
このまま釣り続けていても釣れそうな気がしなくなってきて、風と波で水が濁ってきそうな感じがしてきました。

こうなってくると、釣りを続ける気が失せてきます。
今日は消化不良ながら、思い切ってこの辺で納竿とすることにしました。

・・・・・と、言うことで、本日の釣果は「ゼロ」でした。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報