2008年5月2日(金) コアユ釣り

曇り

1週空いただけなのですが、しばらく釣りに行っていない感じがします。
朝から曇ってはいるものの、天気予報では曇りで、降水確率は10%とのこと。。。
多分雨は降らないだろうと思い、朝から出撃準備をして、コアユ釣りにいざ出撃です。

どこで竿を出すかは決めずに、とりあえず釣り場の様子を見ながらバイクを走らせます。

琵琶湖文化館西側
吾妻川は道路からは見にくいのでパスして、まずは文化館西のポイントへやって来ました。
琵琶湖側のカーブのところに数人のコアユ釣り師がおられます。
これから竿を出されるところか、あまり釣れないので竿を上げておられるのか???

ちょっとだけ見ていましたが、釣れてなさそうな感じです。
竿を出そうと言う気になれず、ここはパスします。

琵琶湖文化館東側
こちらもカーブのポイントにも数人のコアユ釣り師が、お隣同士で雑談しながら釣りをされています。
近くへ近寄ってしばらく様子を見ていますと、ポツリポツリと釣れているようです。

釣れているとは言え、釣れるペースはかなり遅く、数を稼ぐのはちょっと厳しそう・・・・・

このポイントも見るだけにして次へ移動します。

諸子川
このポイントには釣りをしている人は誰もいません。
これで釣れればサイコーなんでしょうが、釣れるのなら誰もいないはずがない・・・・・
風もそこそこあって、波もそこそこあって、コアユ釣りには好条件なのですが、、、

しばらく水面の様子を覗っていましたが、コアユがこのポイントにいるような気がしません。

竿を出して釣ろうと言う気がせず、ここもパスして次へ移動します。

堂の川
こちらのポイントもがら空きで貸し切り状態です。
この写真には写っていませんが、この柵の右端の湖岸にウキ釣りをされている釣り人が1人だけおられました。
コアユ釣り師はゼロです。
ダメと思いつつも、とりあえずしばらく水面とにらめっこです。
少しでもコアユらしき姿が見えないか???
波紋が出ないか???
・・・と、期待しながら様子を見てみましたが、それらしいモノは全く見られません。

ここでも竿を出さずに次へ移動です。

相模川
こちらのポイントでは、プリンスホテル側の本湖寄りのカーブのところに数人のコアユ釣り師がいます。
遠くから見ていましたが、あまり頻繁に竿が立っているようではありませんから、こちらもそれほど釣れていないのだと思います。
・・・かと言うものの、やっぱり実績のあるポイントですから、結局ここで竿を出してみることにします。
釣りをされている近くまでやって来ました。

顔見知りの釣り人もおられ、ちょっと釣況を聞いてみますと、やっぱりあまりよろしくないようです。

他のポイントもよく似たようなものだし、イマイチと思いながらも今日はこのポイントで竿を出すことに決定です。
上の写真の、青いクーラーボックスを置いておられる釣り人の右横に入れていただきました。

釣りスタートは、9時半頃だったと思います。
ラセンに撒きエサを付けて、仕掛けを入れてしばらくしゃくっていると、意外と早く1匹目が掛かって来てくれました。

思っていたより調子良さそう (v^ー°)・・・
・・・続けて、2匹目・・・3匹目・・・
その後がいけません。長ぁ〜〜い時間が空きます。

やぁ〜っとして、4匹目・・・5匹目・・・
またまた長ぁ〜〜い時間が空きます。

これから後は、延々とこの状況の繰り返し。。。
そのうちコアユの群れが来てくれて入れ食いモードになるかも・・・と、期待しながら粘りますが、一向にその気配なく、時間ばかりが過ぎていきます。

時間を見ますともう12時・・・食事&トイレタイムとして、ちょっと間を開けてから再参戦ですが・・・・・

やっぱりペースは変わりません。
待っても待っても入れ食いモードはやって来ません。

そのうち釣り人が一人また一人と引き上げて行かれます。
経験上、釣れなくて釣り人が帰って行かれた後、釣り場が空いてから入れ食いになったこともあり、それを期待して釣れなくても辛抱して粘ってみましたが、、、4〜5匹パタパタと釣れてからは、ピタッとアタリが止まり、みごとに期待が大ハズレとなってしまいました。

時間を見てみると、午後3時過ぎです。
相模川で約5時間半釣りをしていたことになりますが、来たときからずっと厳しいままの釣況で、このまま粘っていても釣れる気がしなくなり、今日のところはこれで納竿とすることにしました。

本日の釣果
約5時間半でこの釣果です。今の時期にしてはちょっと厳しい釣果だと思います。
明日はどこへ行こうかなぁ・・・・・?????

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報