2008年5月3日(土) コアユ釣り

晴れ

昨日は相模川で不調だったこともあり、今日は久しぶりに志賀まで足を伸ばすことにしました。

ちょうど出発前に「大津・親子釣り日誌」管理人のKURIさんから携帯へメールが入ってきました。
今日はKURIさんは親子で相模川へ行っておられるようです。
私はこれから志賀へ出発しますとのメールを返信して家を出ました。
家を出たのは午前7時50分頃です。

途中、コンビニへ寄り道して昼のお弁当を調達、志賀へ向かってバイクを走らせます。
堅田へ入った頃に今度はバイクにガソリンを入れて行きます。

志賀
釣り場に到着したのは午前9時10分頃です。
既に何人かの先客が釣りをされておられます。竿を出す前にちょっとだけ状況を聞いてみますと、ポツポツと釣れているようです。
風があまり吹いていなく、波もない状態なのでウキ釣りは不利かと・・・・・
・・・で、ウキ釣りをされている方はほとんどいません。皆さん、沖目に仕掛けを投入して、ちょんちょんと手前にサビキながら釣りをされています。
これだけ水面が穏やかだと、その釣り方の方に分があると思います。
皆さんの釣り方を見て、私も見よう見まねでやってみることにします。

・・・が、これが意外と難しい・・・
錘を水底に引きずりながらなので、思ったように仕掛けを動かせないし、たまに錘を石に取られます。
思ったようには釣れないものです。。。
まっ・・・慣れるしかないかぁ、、、と思いながら、ぎこちなく仕掛けをサビキます。
右隣で釣りをされていた方の仕掛けには、ポツポツとコアユが掛かっていて、時々連で・・・最高5連で掛かっています。
その方のサビキ方を真似るしかないかと思い、何とか真似られたかな?と思った瞬間です。
やっと本日の1匹目がガッツ〜ンと来ました!
上げてみるとこれがまた結構デカイ!!!
「これってコアユ???」
しばらくして、ガンガン・・・
南湖の感覚だと、デカイギルでも掛かったような手応えで、上がってきたのはデカイコアユが連で上がってきました。
これだけ大きいと、私の自作仕掛けでは針の間隔が狭すぎてかえって釣りにくいです。
今の時期にこのポイントで釣りをするのなら、もうちょっと針と針の間隔が広くないとやりにくいですねぇ。
・・・と言っても、そんな仕掛けは持っていないし、とりあえず自作仕掛けで通すことにします。

この後、ポツポツではありますが、何とかコアユが釣れるようになってきました。
ちょうどその頃、偶然にもTatsuさんが登場です。
久しぶりにお会いして、しばし談笑後、Tatsuさんも参戦されます。

お昼ちょっと前頃だったでしょうか、今度はM.H.さんがやって来られました。
M.H.さんも参戦されます。

しばらくしてからだんだんコアユの釣れるペースが落ちてきて、立ったまま仕掛けをサビクのも疲れてきまして、不利と思いつつもウキ釣りに変更です。
相変わらず水面穏やか状態ですが、ウキ釣りを始めてみると意外と釣れてくれます。
こうなるとウキ釣りの方が楽なので、今度は本格的にウキ釣りに変更です。

時間を見ると12時を少し回っています。お腹も減ってきたことだし、この辺で食事タイムです。
食事後も極スローペースながら、ポツリポツリとコアユが釣れてくれます。

午後2時半を少し回った頃でしょうか、Tatsuさんが撤収されました。

午後3時頃で、まだ水面穏やか状態で、コアユが釣れるペースもがた落ちとなっていたこともあり、私もここで諦めて撤収することにしました。

本日の釣果
 
終わってみたらこの釣果です。
今年初めての束釣りをまさか志賀で達成するとは思ってもいませんでした。
南湖でしたら、この数だと嵩はしれているのですが、ここ志賀では束釣りしたらこんな量になります。
大きさですが、小さいのでこれくらいです。

この大きさ、南湖だったらかなり型の良い部類に入りますねぇ。
大きいものはかなりデカイ!

塩焼きにでもして食べられそうですねぇ。

今日はこれくらいのが結構たくさん釣れましたから、嵩が上がって当たり前だと思います。

志賀は水もきれいだし、空気も美味しいし。
大きなコアユもそこそこ釣れるし、また来ようと思います。

番外編
試してみた仕掛け
アジ針・キツネ針を使ってみたのはもちろん、エダスの太いの、細いのも試してみましたが、どれも釣れたので優劣付けがたい状況でした。
アジ針=1号(南湖で使っているのと同じ針です)白・金
キツネ針=2.5号白・金
アジ針を使っていた場合のエダスは、0.6号
キツネ針を使っていた場合のエダスは、0.4号
エダスが細い場合は、幹糸もワンランク細いものになっています。
試してみた撒きエサ
自作エサ=いちばんよく使ったエサですが、問題なく釣れました。
シラスのみ=自作エサで釣れなくなってきたときに使ってみると効果がありました。
鯖の水煮=集まってきたコアユがどこかへ行ってしまいました。
シーチキン=集まってきたコアユがどこかへ行ってしまいました。

エサについてのコメント
シラスのみがいちばんよく釣れるのだと思いますが、バラケるのが早くて頻繁にエサを付けなくてはならず、結構面倒と思います。少しつなぎを入れたら良いのかもしれません。
自作エサは、使い慣れていることもあって、何とかこれでも釣れると思いますが、バラケを必要としたときにちょっと弱いところがあります。ただ、釣れたてのコアユを触ったヌルヌルした手で、このエサ持ってをラセンに付けて仕掛けを投入するとコアユの食い気が上がるように思いました。
鯖の水煮とシーチキンを使ったときは、集まってきていたコアユがどこかへ行ってしまって散ってしまうように思いました。もちろんコアユは釣れませんでした。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報