2008年5月23日(金) コアユ釣り

晴れ後曇り

今日で出撃3連発。。。
さすがに志賀まで行くにはちょっと疲れるので、近場へ出撃とします。

出発時間は午前10時40分頃で、11時台の釣り開始を予定。お昼はちょっと早いですが、家で食べてから出発しました。
昨日の「大津・親子釣り日誌」の管理人、KURIさんの情報では諸子川で「ボ」とのことなので、浜大津近辺は厳しいだろうなぁ・・・と思いながら、、、ともかくから揚げで食べられるだけ釣れればヨシと思いながらそれなりに気合いを入れて釣り場へ向かいます。

琵琶湖文化館西
まずこのポイントへ来てみましたが、コアユ釣り師はまったくいません。左湖岸に見えている竿は鯉釣りをされている竿です。
バイクを降りて水面の様子を覗いてみましたが、コアユらしい姿も波紋も見られなく、だいいちコアユ釣り師がいないということはここでは釣れないと言うことなのだと思います。
ここはパスして次へ移動します。

琵琶湖文化館東
いつものカーブのポイントで、竿を仕舞っているコアユ釣り師が一人おられます。
側へ近づいてお話を聞かせてもらったところ、「ボ」とのこと・・・
もう一人おられたとのことでしたが、釣れないので帰って行かれたとのことでした。

諸子川
あららぁぁぁぁぁ・・・・・こちらも誰もいません。
もちろん水面の様子を覗きましたが、コアユの群れらしきものは見えず、波紋も無し状態で、とても釣れそうな気がしません。

堂の川
やっと釣りをしているコアユ釣り師を見かけました。
近づいてお話を聞かせてもらいましたが、こちらも「ボ」。。。。。これはエライことです!!!
ここにおられた方が言われるには、昨日相模川で3人ほどが良い思いをしたとか・・・
「釣れるポイントは決まってるでぇ」とのことです。
こうなったら最後の望みは相模川だけとなりました。

相模川
やっぱり釣れるポイントはここなんでしょうか??? 平日にもかかわらず、何人かの釣り人が並んでいます。
いつも良く釣れるところへは入れそうもなく、とりあえずこのポイントのどこかの空いているところに入れてもらうことにします。
・・・で、結局竿を出したのは、琵琶湖向きのいちばん左側の空きポイントです。

釣りスタートは11時20分頃です。

右側に並んでいる釣り人の竿には、ポツポツとコアユが掛かっているのが見えます。私は琵琶湖向きの左端ですから、ちょっと不利かなぁ???・・・・と思いながらも、竿を出すところもないのでここで辛抱しようと思います。

竿を出して数投目くらいだったでしょうか、意外と簡単に本日の1匹目をゲットです。。。
・・・でも、コアユの姿が見えませんから、次がなかなかなんだろうなぁ、、、、、
・・・と、思いきや、2匹目ゲット!!!
どうなっているのだろうと思いながらしゃくり続けていると、見えてきました見えてきました・・・仕掛けの周りにやる気のありそうなコアユの群れがウヨウヨと・・・

見えてきたら俄然勇気百倍です!
見えているうちに数を稼がないとと思い、出来るだけ仕掛けを上げている時間を少なくするよう頑張ります。
連で釣れることは少ないですが、ほぼ入れ食い状態が続きます。

途中何回か止まりかけて、コアユの群れが見えなくなることがありましたが、幸いすぐに戻ってきてくれて、完全に止まってしまうことなく釣れ続きます。

いつまでこの状態が続くのだろうと思いながらしゃくり続けますが、全く止まる気配無しです。

いつのまにか、私の左右にコアユ釣り師が来られて、ぺちゃくちゃとおしゃべりをしながらの釣りとなってきましたが、やっぱり釣れ止むことはありません。

もう止めよう、もう止めようと思いながらズルズルと午後4時半頃まで釣りをしていましたが、気分的にはもう満足していたこともあり、ラセンのエサが切れたところで納竿としました。

本日の釣果
 
気になる釣果の方ですが、相模川へ来るまでは、下手をしたら「ボ」。
うまく行ってもから揚げ程度(数十匹)と思っていましたが、終わってみるとこの釣果です。
コアユの型は小さいのがほとんどでしたが、たまぁ〜に大きめ(志賀サイズ)が掛かってくれて、今日もおかげさまでコアユ釣りを楽しむことが出来ました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報