2008年9月20日(土) 宇治川バス・ギル偵察

晴れ

D川偵察後、向かった先は三室戸の余水路落ち口です。
今の時期だと三室戸でバス・ギルを狙っての釣りの方が無難かな???

三室戸(余水路)
釣り場到着は午前11時頃です。
着いてみて、あれ?!・・・ちょっと景色が変わっています。この辺りに生えていた木がありません。
ポイントが一気に広くなって釣りやすくなっていました。
余水路から上流部も木がなくなっていて、川の様子がスッキリと見えます。
この状態だと、ルアーも投げやすくて、木に仕掛けが絡んでしまう心配がありません。

今日はこのポイントには釣り人は一人も来ておらず、貸し切り状態です。
川縁の様子を見てみると、何匹かコバスが泳いでいるところが見えます。
釣り場は開けていて釣りやすくなっているし、バスもいるし・・・気分としてはサイコーです。

早速竿を出します。
仕掛けはダウンショットリグです。
1投目・・・2投目・・・3投目・・・

近辺に見えていたバス達がどこかへ行ってしまったのか見られなくなってきます。もちろん何のアタリもなく、ルアーを追ってくる魚の姿もありません。
このポイントはどうやらバスがスレていて警戒してしまうのか、ルアーに反応してくれることがありません。
そうは言うものの、バスがいることは確かなので、とりあえず粘り続けます・・・・・が、、、、、

やぁ〜っとしてから掛かってきたのはギルでした。

この後も釣れない状態が続き、12時頃まで粘ってみましたが、結局何も釣れずに諦めて移動することにしました。

時間もちょうどお昼なので、ここで食事タイムとして、食事を済ませてから移動です。

樋門
次にやって来たのは、隠元橋上流部の樋門のポイントです。
水も少なく、このポイントでバス・ギルはちょっと望めそうもない感じがします。
・・・が、せっかくここまで来たことだし、このポイントでもちょっとだけ竿を出してみようと思います。
河原へ下りて流れ込みの浅瀬のところからやってみます。
このポイントも釣り人は一人も来ておらず、先ほどの三室戸と同じく貸し切り状態です。

このポイントへ来てから気づいたのですが、これだけ水が少なくなっていた場合、ここでオランダ仕掛けでハエ釣りを楽しめることです。
今日はバス・ギルだけのことしか頭になかったので、ちょっと残念と言ったところです。

「しまったなぁ〜」と思いながら、先ほどと同じダウンショットリグの仕掛けを出して投げます。

1投目・・・2投目・・・3投目・・・・・
やっぱり何の音沙汰もナシです。
たまぁ〜にコツコツとアタってきますが、決定的なアタリはなく、多分ギルがつついているのだと思います。

何回投げても全然変わりなく、今日は夕方に出かける予定があり、あまり遅くまで釣りを続けることも出来ないので納竿とすることにしました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報