2008年10月18日(土) モロコ釣り

晴れ

瀬田川(南郷) 宇治川(樋門) おまけ

今日も朝からお天気が良くて気持ちも良いし、、、こんなにお天気の良い日に釣りに出かけられるとは、ホント幸せです!

月曜日は宇治川でスゴモロコの束釣りが出来たので、今日は瀬田川で同じオランダ仕掛けのチョイ投げをやったらどうなるのか試してみたくなり、南郷洗堰の下流部へ行ってみることにします。
洗堰の手前にコンビニがあるはずなので、そこでお昼のお弁当とお茶を調達の予定です。
・・・で、洗堰に近づいたところで、、、あレレ・・・コンビニがない!
洗堰の少し下流部右側にもあるはず・・・ですが・・・ここにもない!
久しぶりに南郷へやって来たのですが、釣りの前にコンビニを探すことから始まりました。
洗堰を渡って、少し上流部の民家のあるところでやっとコンビニを見つけることが出来て、そこでお弁当とお茶を買ってから、瀬田川左岸を下流に向かって走っていきます。

瀬田川(南郷)
瀬田川と大戸川の合流部より少し川下の川の中央部辺りに川鵜を何羽か見かけました。
川鵜がいると言うことは、この辺りに小魚がたくさんいるのかもしれません。
とりあえず川の流れがこちらへ向かって流れ出しているところをポイントにしようと思います。

中州にはカモが数羽休憩中のようです。
見るからに釣れそう・・・o(^∇^)o ワクワク

今日の仕掛けは、オランダ仕掛けのチョイ投げです。
ハエが釣れるのか?
スゴモロコが釣れるのか???
期待しながら流れ出ているところへ仕掛けを投入します。。。。。

・・・仕掛けが着水して川下へ流されていきます・・・
餌を詰めたカゴが川底に着いたようで、感触が竿に伝わってきます・・・が・・・・・アタリがない、、、、、

何回仕掛けを投入しても、アタリもカスリもなく、ただ仕掛けが流されていくだけです。

仕掛けを入れるポイントが悪いのかもと思い、流れ出しているところの上流部、下流部ともに探ってみますが、どこに仕掛けを入れても何の変化もありません。

約1時間くらいこの近辺をウロウロしながら、いろいろなポイントに仕掛けを入れてみましたが、仕掛けに付いて上がってくるのは川底の藻だけで、魚が釣れる気配は全くありません。

こうなってくるとだんだん嫌になってきて、時間的にもまだ移動可能な時間だったこともあり、竿をたたんで移動することに決定です。

移動先は釣れる確率の高い宇治川として、もう一度浜大津方面へ戻ろうか、それとも大石から天ヶ瀬へ抜けようかと考えながら・・・

結局お天気も良くて、バイクで走っていると気持ちも良いし、南郷から、大石、外畑、曾束、天ヶ瀬とバイクを走らせて宇治川へ向かうことにしました。

宇治川(樋門)
実績のあるポイントへ到着しました。今日の宇治川も月曜日と同じくらいの水量のようで、これならまた河原へ出てチョイ投げを楽しめそうです。
樋門からの流れ込みの右側が見えています。
今日もこのポイントで竿を出そうと思います。

月曜日と同じなら、仕掛けを入れたら速攻で釣れるはずです。

もちろんオランダ仕掛けのチョイ投げです。

釣りをする前に足下を見ると、ハエ釣り用の撒きエサがこぼれています。私の持参している撒きエサではありませんから、誰か先行者が入っておられたのかもしれません。
釣りスタートは午前11時40分頃です。

前回と同じように、仕掛けを僅かに上流部へ投入して、仕掛けが流されて、カゴが水底に着くのを待ちます。

撒きエサをいっぱい詰め込んだカゴが、水底に着いた感触が竿を伝ってきます。

糸が水に押されてピンと張ったところで、プルプルとアタリが手元に伝わってきます。
アタリがあってもすぐには合わさず、少し送り込んでからゆっくりとリールを巻き取ります。

一投目はダブルでした。

今日も調子良く釣れそうな感じです。
仕掛けを投入したら必ずアタリがあって、魚が仕掛けに必ず付いて上がってきます。
前回は1投で4匹以上と言うのがほとんどでしたが、今日は前回よりはちょっと落ちますが・・・・・と言っても、仕掛けを投入したら必ず釣れるわけですから、見る見るうちにカウンターが上がっていきます。

今日の最高は6連でした。

時間を見ると12時45分です。お腹も減ってきたことだし、一旦食事タイムとします。
ちょうど食事をしているときに、樋門の流れ込みの左側に、お孫さんを連れたおじいさんが釣りに来られていました。
見ていると、釣り方は私と同じような感じです。
おじいさんが仕掛けを投入して、お孫さんに竿を渡しておられます。
こちらも仕掛けにはスゴが何匹も付いて上がってきます。ホント、このポイントには相当な数のスゴモロコが集結しているようです。

釣果
 
お昼のお弁当を食べてからスゴモロコ釣りは終了です。
約1時間チョイでまたまた束釣りです!!!
ここの樋門のちょっと上流部は針ノ木のポイントですが、今日のように川の水位が低いときは、針ノ木から樋門までの間は河原へ下りることが可能ですから、この辺りのどれだけの範囲でスゴモロコが釣れるのか、気になりますねぇ。
もし、どこでも釣れるようなら、この辺りに集まっているスゴモロコの数はスゴイことになります!

おまけ
樋門の流れ込みの少し下流向き、岸寄りにバスらしい姿がチラチラしているのが見えていましたので、スゴモロコ釣りを止めてからちょっとだけルアーを投げてみました。

この辺りはスゴモロコがたくさんいるから、こんな感じのルアーで良いのかも・・・
岸寄りは流れも穏やかで、バス・ギルがたくさんいるのだろうなぁと思いながら、ルアーを投げては巻き、投げては巻きを繰り返しますが、なかなかアタリがありません。

しばらくしてやっとアタリが!と思ったときは即バラシです。。。。。

それにもめげず粘り続けていると、今度は完全に掛かってくれたようです・・・が、、、、、
上がってきたのはバスではなくてニゴイでした。

この後、しばらく粘ってみましたが、結局アタリもなく、だんだん疲れてきたので今日のところはこれで納竿としました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報