2008年11月2日(日) モロコ釣り

晴れ

昨日は樋門の流れ込み上流側でいちおう束釣りはしたのですが、何とも納得のいく釣れ方ではなかったことと、宇治川でのスゴモロコ釣りが今後どうなるのか、やっぱりだんだん厳しくなってくるのかが気になっていたこともあり、今日も樋門でのスゴモロコ釣りに出撃することにしました。

オランダ仕掛けの手持ちがなくなってきたことと、撒きエサもほとんどなくなっていたので、午前10時頃を待って、まずは釣具屋さんへ仕掛けと餌を調達に行きます。
その後、いったん自宅へ戻ってから少し早いお昼の食事をして、それから釣りの準備をして家を出発です。

宇治川 樋門
樋門到着は午前11時50分頃で、今日も既に何人か先客が来ています。
流れ込みの左側には昨日来られていた釣り人が竿を2本出して釣りをされています。
昨日釣り餌を分けていただいたお礼を言ってから今日の状況をお聞きしましたところ、昨日より状況が悪くなかなか釣れないとのことです。でも、少し川下でのべ竿で釣りをされていた方がいて、その方達は調子良く釣っておられてもう帰って行かれたとか・・・もしかしたら川下の方が良いのかもとのことでした。
樋門から少し川下に川岸の陸地がすこし突き出ているところがあり、その辺に竿を出そうとされている釣り人がおられたので、ちょっと声をかけさせてもらいます。
どうやらバス釣りに来られているようです。
スゴモロコについても知っておられるようなので、聞いてみると、「もう少だけ下流部で、昔は良く釣れたものだ」そうです。

それでは、、、と言うことで、更に下流部へ行ってみます。本流の水の流れ具合と、川岸近くの水の流れ具合を見て、竿を出せそうなポイントを探します。
もしかしたら釣れるかもしれないと感じたポイントを見つけました。
リールでオランダ仕掛けを投げられそうなところへ釣り座を構えて竿を出すことにします。

もちろん竿はリール竿(コンパクトロッド)で、仕掛けはオランダ仕掛けです。
エサカゴに撒きエサをぎっしり詰めます。
本流へ向かって、正面より少し上流部へ向かって、斜めに仕掛けを投入します。仕掛けが流されて手前に近づいてくるに従ってラインがたるんできますので、そのたるみを取りながらゆっくりとリールを巻きます。

このポイントは樋門の流れ込みの本流より思っていたより流れが緩いです。
仕掛けもゆったりと流されて行きます。
1投目を入れてすぐに竿を持つ手にアタリが伝わってきました。
あわてずにゆっくりとリールを巻き上げます。

まずはスゴモロコが連で上がってきました。
なかなか幸先の良いスタートです。

この後も、連もあり単独もありで、仕掛けが空で上がってくることはほとんどありません。

やっぱり昨日はポイントの選択ミスをしていたのでしょうか???
本日最高は5連です。

昨日の食い渋りが嘘のように釣れ続けます。
そうは言っても、一時期のように仕掛けを入れたらほとんど4連かそれ以上と言った状態ではなく、連と単独が多い状況です。

時折仕掛けが空の状態もありますが、入れ食い状態と言っても良いと思います。

時間を見ると、午後1時20分。
今日は釣れたモロコを持って帰るつもりがないこともあり、十分釣りを楽しませてもらったので、この辺で納竿とすることにしました。

本日の釣果
 
今日は約1時間半ほどで123匹です。
1時間ほどで束釣りをしていた時よりは少し釣果が落ちるものの、これだけ釣れたら十分です。
写真を撮った後放流して帰りました。宇治川のスゴモロコは、ポイントが合ったらまだ行けそうですねぇ。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報