2008年11月23日(日) モロコ釣り

曇りのち晴れ

今日の天気予報は曇りのち晴れ。。。降水確率も低いし、これなら出撃できそうです。
さすが11月後半に入っただけのことはあり、寒いし、かなり冷え込んでいますから、釣りはいよいよ厳しくなってくるだろうなぁと思いつつも、今日もスゴモロコの様子を見に行くことにします。

宇治川 樋門
ここしばらく通い続けている樋門です。
到着時間は午前11時40分頃です。今日は堤防には軽乗用車が2台駐めてあります。
どこから入ってくることが出来たのでしょう???
(どうやら、隠元橋のすぐ上流の右岸側から入れたようです)

樋門の流れ込みのところには人は見えませんが、多分何人か先客が来ているのだと思います。
河原に下りてみると、流れ込みのすぐ上流側に3人おられました。
リール竿のチョイ投げで、投げた後は置き竿にされているようです。
こちらから見ていると、仕掛けの下にはエサカゴが付いているように見えます。
流れ込みのすぐ下流側には、釣り人が2人おられます。
こちらはのべ竿(長竿)でウキ釣りをされているようです。
白い服を着た釣り人に状況をお聞きしましたところ、今日は全然ダメとのことです。
どうやら今日は厳しそうです。
とりあえず、前回と同じ、流れ込みのすぐ下流部のポイントで竿を出してみることにします。

水面の水の流れの、変化がありそうなポイントを狙って釣り始めることにします。

今日も仕掛けはオランダ仕掛けで、リール竿を使ったチョイ投げです。
前回使い切れずに残っていた撒きエサをカゴにぎっしり詰めます。
仕掛け投入、、、、、

1投目・・・2投目・・・3投目・・・

竿を持つ手に伝わってくる感触は、川底を引きずっているエサカゴの、コツコツとした感触のみです。

あの、プルプルした感触はありません。

どうやらこのポイントにはモロコがいないようです。
何回投げてもアタリ無しだったので、もう少し下流部へ移動することにしました。

下流部には、のべ竿で釣りをしている釣り人が2人おられるのですが、その釣り人と釣り人の間のスペースがかなり広かったので、私がリールで釣りをしてもお祭りの問題がなさそうなので間に入らせてもらいました。

仕掛けも、オランダ仕掛けを止めて、ワカサギ釣りの仕掛けを使ってみることにします。
ワカサギ釣りの仕掛けの、一番下の錘を外して、エサカゴを付けての釣りです。

もちろんリール竿を使ったチョイ投げでやってみます。

こちらのポイントは、少し本流寄りは結構流れが速く、仕掛けがどんどん流されて行きます。
本流よりちょっと岸寄りは流れも遅く、先ほどまで釣りをしていたポイントとあまり変わりません。

仕掛けは少し流れの速いところへ入れて、流されて手前に寄せるような感じでリールを巻きます。
何投目か仕掛けを入れて少しリールを巻いたところで、やっと竿を持つ手にプルプルとした感触が伝わってきました。
軽く合わせをかけて、リールを巻き上げると、本日1匹目のモロコが針に付いてきました!♪
これで「ボ」はなくなりました。

はてさて、この後続いてくれるのかどうか・・・・・

やっぱりこの後は、なかなか続いてくれません。
何回も仕掛けを入れてはリールを巻き、仕掛けを入れてはリールを巻きを繰り返します。

またまたしばらぁ〜〜くしてから、先ほどモロコが釣れた時と同じようなポイントで、プルプルと感じました。
2匹目ゲット!!!です。。。

その後またまた待たされます。そして、やぁ〜っとしたらまた釣れると言った具合です。
そんな感じで釣り続けていましたが、ワカサギ仕掛けの糸が弱っていたのかどうか、途中でプツッ〜ンと切れてしまいました (T∇T)
時間を見ると、午後2時20分です。2時間半強釣りをしていたことになりますねぇ。
このまま釣り続けていても釣れる気がしなく、今日のところはこれで納竿です。

本日の釣果
 
結局、本日の釣果は全部で5匹。。。
だんだん寒くなって冷えてきたし、いよいよ釣りをするには厳しくなって来たのでしょうかねぇ。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報