2008年11月30日(日) モロコ釣り

晴れ一時曇り

昨日はJ川で「ボ」となってしまい、今日はどこへ行こうかと思っていましたが、とりあえず宇治川の樋門へモロコ狙いで出撃することにしました。
昨日の天気予報では、今日は曇りで降水確率は30%となっていましたが、さて出撃となると晴れています。
空を見た感じでは雨が降ってきそうにもありません。今日はツイてるなぁ・・・♪、、、これで釣れれば言うことナシなんですが、先週は不調だったし、もしかしたら・・・

宇治川 樋門
樋門到着は、午前11時頃です。今日も堤防には軽自動車が駐めてあります。道路側にも1台車が駐めてありますから、何人か先客が来ているのだと思います。
河原へ下りてみると、流れ込みのすぐ上流側に3人釣り人がおられます。

それぞれ短いリール竿で、置き竿にして座っての待ち釣りのようです。

狙いは何なんでしょう???
(帰り際にニゴイを放流されていましたが)
流れ込みの下流部には、2人釣り人が来ておられますが、こちらはいでたちからしてバス釣りのような感じです。

下流部のいちばん向こう側に見えている釣り人は、ポイントを移動されるようなので、そちらへ入ることにしようと思います。
このポイントは、前回唯一5匹釣れたポイントですので、もしかしたら今日も1匹くらいは何とかなるだろう、、、と、期待します。

水が結構キレイなので、岸寄りの水中の様子が良くわかりますが、岸寄りの水中には動く物はいないようです。
前回仕掛けをロストして終わりましたので、今日は新しい仕掛けを出します。

竿はコンパクトロッドのリール竿で、仕掛けはオランダ仕掛けです。

この仕掛け、先週釣具屋さんへ買いに行って買ってきた仕掛けなのですが、結構売れているようで、在庫は2個しかありませんでした。
もちろん2個とも買って帰りましたが、今日はそのうちの1個を使うことにします。
撒きエサはやっぱり実績のある撒きエサを使うことにします。
これも先週釣具屋さんで買ってきました。

前回5匹しか釣れなかったこともあり、今日は釣れない場合は針にエサを付けようと思っていたこともあり、いつぞや教えてもらった生焼きそばにエビ粉をまぶして持参しました。

これで準備はバッチリ!!!
後は釣るだけです。。。。。
まずはエサカゴに撒きエサをぎっしり詰め込んで、カラ針の状態で、本流と手前の流れの境目辺りに仕掛けを投入です。

1投目・・・
2投目・・・
3投目・・・・・

竿を持つ手に伝わってくる感触は、エサカゴが川底に当たるコツコツとした感触のみです。

何回仕掛けを投げ込んでも、モロコのプルプルの感触はありません。

こんなときのために・・・
持参してきた生焼きそばの出番です!

入れ物から麺を1本取りだして、指先の爪で米粒より少し小さめに切って、7本の針全てに付けます。
ヨシ! これで1匹くらいは釣れるだろう! ・・・と・・・期待をして仕掛けを投入しますが、、、
あれあれあれ・・・??? あのプルプルした感触がやって来ません。
何回も何回も仕掛けを入れてはリールを巻きを繰り返しますが、モロコのモの字もありません (;´д` )

流れの強い本流側に仕掛けを入れて流してみたり・・・・・
岸寄りの流れの弱いところへ仕掛けを入れてみたり・・・・・

どのようなポイントに仕掛けを放り込んでも何のアタリもありません。
リールを巻き上げて魚を外す場面はなく、エサカゴに撒きエサを詰め込んだり、針に小さく切った生焼きそばを付けることを繰り返してばかりです。

時間を見ると12時を回っています。
もう1時間強もこのポイントで粘っていたことになりますが、こう何の音沙汰もないと釣り続けるのがイヤになってきます。
結局モロコどころか、その他の魚の顔を見ることなく、今日のところは諦めて撤収です。

昨日、今日と2日続けて「ボ」となってしまいました。 ヘ(´o`)ヘ とほほ・・・・
竿をたたんでバイクの駐めてあるところへ移動中に、コアユシーズンに時折ご一緒した方にお会いしました。
久しぶりに会ったことと、まさかここで会うとは思ってもいなかったこともあり、暫し堤防で立ち話です。いろいろな釣り場の話や釣魚の話・・・お互いの知っている情報交換です。
小一時間くらい話し込んでいたでしょうか、、、釣り好き同士、話は尽きませんでしたが、とりあえずそこそこのところで、また会える日を楽しみにしてお別れしました。

その後、D川の様子を見に行きましたが、D川の魚がすっごく少なくなっている感じです。
子鯉、小鮒の姿を見ることが出来ず、見えているのはクチボソとかメダカくらいです。それも小さな群れです。もちろんテラピアの姿は一切見かけられません。
ここしばらく不況が続いていますが、もしかしてその不況のため、P社が操業を停止しているのではないかと思い、川の水に手を浸けてみましたところ、いつもの温かい水ではありませんでした。
D川では竿を出す気にもなれず、見るだけ見て帰路に着きました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報