2008年12月7日(日) バス・ギル偵察

晴れ

今日も朝から良いお天気ですねぇ \(@^o^)/
でも寒い!!!

昨日もお天気は良かったのですが、外へ出てみると結構寒く、朝からいろいろ用事をしているうちに出そびれてしまって出撃しませんでした。

昨日から冷え込みが強くて、これではいくらお天気が良くても釣れないだろうなぁ、、、、、
・・・と思いながらも、家でじっとしているとそわそわと落ち着かず、結局お昼前に釣りの準備にかかりました。

久しぶりに琵琶湖が見たくなってきたこともあり、琵琶湖に向かって竿を出そうと思います。
・・・と言っても、今の時期に釣るとしたら何釣るねん???

琵琶湖ホテル裏
・・・で、結局バス・ギル仕立てで琵琶湖ホテル裏の水上警察横へやって来ました。
ここならバスがダメでも、ギルなら何とかなるだろうと、、、、、
桟橋の横には外来魚の回収ボックスが目立つように置いてあります。
もしバス・ギルが釣れた場合はここへ入れることになります。

既にこの近辺には何人もの先客が来ています。
しばらくは竿を出さずに見学ですが・・・
どの釣り人の竿にもバスはヒットしませんねぇ。。。
そのうち釣れないので諦められたのかどうか、何人もの釣り人が移動していきます。

今日ここへ来られている釣り人達それぞれ大きなタモを持ってきておられます。
釣れたら結構大物が釣れるのでしょうか?
それとも、バスがスレていて、釣れても一気に抜き上げられないほどみなさん繊細な仕掛けを使われているのでしょうか???
みなさん移動されてポイントも空いたことだし、私も竿を出してみることにします。

まずはギルの釣れそうなポイントから攻めてみます。
そうそう、仕掛けはダウンショットリグです。

1投・・・2投・・・3投・・・
何回投げても何のアタリもありません。

時々重〜ぃ感じがして、シンカーに藻が付いて上がってきます。

かなり厳しい状況です。。。
今度は桟橋の上からやってみることにします。

最初にここへ来たときは、先客がおられたのでちょっと入りにくかったのですが、こちらも何人か移動されたので、自分の入りたかったポイントが空いています。

これで釣れれば嬉しいところなのですが・・・・・
桟橋の上から、琵琶湖文化館の方へ向かって投げます。
反対側の水上警察向きも投げてみたかったのですが、向かい風となっていて、ちょっと軽いリグでは風に押し戻されて投げにくく、風を背にして投げることにします。

こちらもアタリはありません。
何回も何回も投げては巻きを繰り返しますが、時々ズシンと重みがありますが、藻に引っ掛かっているだけです。

しばらく粘り続けますが、どう頑張ってもアタリなし。。。

移動することにします。

総門川
次に釣れる可能性のあるところはこのポイントでしょう!?
みなさん実績のあるポイントはご存じで、こちらにも何人かの先客がおられます。
竿を出す前に、ここへ移動してくるまでに冷えてきたこともあり、バイクを駐めてまずはトイレへ直行・・・

トイレから出てきたところで、上を向くと、青空を背景に紅葉した木の葉がすっごくキレイ!!!
思わずカメラを向けてパチリッ!!!

駐めておいたバイクのところに戻ってから竿を出します。
まずは総門川の流れ込みから攻めてみることにします。

河口部右側の琵琶湖向きです。
仕掛けは先ほどと同じく、ダウンショットリグです。

1投・・・2投・・・3投・・・
こちらも何回投げてもアタリナシです。。。

コツンともアタってきません。
時折シンカーに藻が付いて上がって来るだけです。

キビシー〜〜ィ。。。。。
今度は川の奥の方でやってみます。

こちらのポイントでもアタリナシ
   (o_ _)o 〜〜〜 †

バスがダメなら何とかギルでもと思っていましたが、アタリがないとなるとどうしようもありません。
この川の水は少し温かくて、バス・ギルが来てくれているはずと思っていましたが、そんなに甘くはなかったようです。

結局このポイントでも何も釣れず、他に釣れそうなポイントがないか見て回ってから帰ることにします。

総門川を後にして、相模川へ向かいましたが、こちらはいよいよ釣れないのかどうか、釣り人がほとんどいません。川の奥の方の様子を見てみましたが、そこそこ水が澄んでいて水中の様子を見ることが出来るのですが、水中に動く物は何もありません。昔だったら今頃はスゴモロコがいっぱい入っていて、この川の至る所でキラキラと光っていたのですがねぇ。。。
ここでは、自動販売機で温かいココアを買って、琵琶湖を眺めながら飲んでから移動です。

次は膳所の船着き場ですが、船着き場には釣り人は1人もいません。釣り人がいないと言うことは、このポイントで釣り禁止になったか、全く釣れないかのどちらかなのでしょうねぇ。。。

最期に、玉姫殿前の流れ込みを覗いてみました。
流れ込みの段差部の落ち込みのところにギルがいれば見えるのですが・・・・・
橋の上からしばらく目を凝らして水中を見つめていましたが、魚らしい姿はまったく見ることが出来ませんでした。

・・・と言うことで、総門川のポイントから後は、竿も出さずに終わりです。。。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報