2009年2月14日(土) コアユ釣り

曇り時々晴れ

朝起きたときは雲も低く、いつでも降るぞ〜と言った感じの空模様でしたが、時間が経つにつれ、低く下がっていた雲も上がり、曇り気味とは言え青空が見えるようになってきました。
天気予報でも今日は上がっていく方向なので、出撃決行です。

ちょっと早いですが、午前10時30分頃に食事を済ませて、それから出撃準備にかかります。

外は暖かく、結構風も強そうなので、琵琶湖へ着いてからもこの風だと波も強くて、岸寄りは濁ってしまっているだろうと予想できます。
そうなると、せっかく琵琶湖に着いても、コアユ釣りをするポイントがあるかどうか心配ですねぇ。
こんな状況ですから、何とか波と濁りを避けられそうなポイントと言えば、盛越川のポイントになります。

さて今日のコアユ釣りはどうなりますことやら・・・・・

盛越川
盛越川のポイント到着は、午前11時40分頃です。河口部のカーブのところに先客が一人おられます。
予想通り波も強く、水が濁っています。
道路際の流れ込みも昨日と違って結構濁っていますが、コアユが釣れなさそうな濁りではありません。

本湖はかなり荒れていますから、もしかしたらこのポイントにコアユがたくさん入っているかもと期待します。

出来るだけ流れ込み近くの道路寄りをポイントとして選びました。
今日は手すりに竿掛けを取り付けて、このポイントで粘る体制です。

竿は5.7mを使用します。
仕掛けは小アジ1号(金・銀)を使います。
これだけ濁りが入っていなかったら、混成仕掛けを選んでいたかもしれませんが・・・
錘はナス型2号を使用します。

ラセンに撒きエサを付けて仕掛けを投入します。
仕掛け投入後何回もしゃくりますが、なかなか最初の1匹が掛かってくれません。
もしかしたらこのポイントへコアユが来ていないのかなぁと少し心配になってきました。

水が濁っていることもあり、水中の針が見にくいのかなぁ???

ちょっとオーバーアクションでしゃくってみます。
・・・と、そこへ目印の動きに変化が見られました。

竿を持つ手にプルプルが伝わってきます。

竿を立てて仕掛けを上げてみると、本日の1匹目がスレで掛かって上がってきました。

これでこのポイントにコアユがいることがわかったので、後は攻めるのみです。
1匹釣れたのが引き金になって、1匹目と同じアクションでしゃくり続けると、思ったより簡単に次々と仕掛けにコアユが掛かってくれます。

1匹ずつ釣れる方が多いですが、たまにダブルも出るようになってきました。

本湖が荒れている分、このポイントからコアユが外へ出て行かないのかもしれません。
時間が経つにつれだんだん調子が上がってきます。

こうなったら釣り続けるのみです (@^∇^@)

2連、3連、4連・・・・・
まるでコアユの最盛期状態です。

まさかこんなに調子が出ると思っていませんでしたから、持参していた入れ物が小さすぎでコアユがいっぱいになってきました。
途中で入れ物の中の氷を半分以上捨ててコアユを入れますが、午後2時20分。ついに入れ物満杯で釣りを中止して撤収です。

本日の釣果
 
午前11時40分頃から、午後2時20分まで、2時間40分でこの釣果です。
今日は2月14日、バレンタインデーなのですが、琵琶湖からバレンタインデーの嬉しいプレゼントをたくさんいただくことが出来ました。

そうそう、今日盛越川の河口部におられた先客の釣り人もそこそこ釣れたようですよ。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報