2009年3月29日(日) コアユ釣り

晴れ

ここしばらく用事続きでなかなか出撃できませんでしたが、今日は何とか釣りに出る時間が出来ました。
釣りに出る前に少しだけですが用事を済ませて家を出発したのは午前9時20分頃です。
いつもの行動パターンではありますが、釣り場に行く途中でコンビニへ寄り道して、お昼のお弁当とお茶を調達です。
ここ数日冷え込んでしまっているので、あまり調子よくないとの情報も得ていましたので、どのポイントで竿を出すのが良いのか迷っていましたが、とりあえず諸子川で竿を出したいと思います。

諸子川
諸子川へ到着です。
ここへ着く前に、琵琶湖文化館西・東のポイントが道路から見えるので見ながら来ましたが、どのポイントもコアユ釣り師が何人か竿を出しているのが見えました。
諸子川では東側に7人、西側には2人竿を出しておられまして、西側のお一人は「大津・親子釣り日誌」管理人のKURIさんでした。

さて、私はどこで竿を出そうか思案しながら、まずは先客の方たちにお話を伺います。
状況はイマイチのようですが、お話を聞きながら釣られている様子をうかがっていますと、ペースは遅いですがポツリポツリと釣り上げられています。
迷いながらではありますが、とりあえず東側のいちばん内側のポイントで竿を出してみることにします。

風と波が頃よくあって、これで暖かければ間違いなく入れ食いモードなのですが、風が冷たいです。

釣りスタートは、午前10時10分です。
竿は、6.1m
仕掛けは、小アジ自作5本針4セット連結した仕掛けです。
ラセンは仕掛けの中央にセットし、錘はナス型の2号をセットしています。
ラセンに撒き餌を付けて、仕掛けを投入します。しゃくってしゃくってを繰り返します。

しばらくしゃくり続けますが、なかなかアタリがでませんねぇ。。。
やっぱり冷え込みが効いているのかなかなか厳しいです。

やぁ〜っとしてから、目印が変な動きをしたので竿を立ててみますと、釣れてきたのは透き通ったコアユです。
その後も超スローペースで、やぁ〜っと何とか釣れる程度のペースです。
12時40分頃に一旦釣れ止んだ状況となり、その時間で食事休憩とします。
このときのカウンターは「41」でした。

食事休憩後再参戦です。
午前中で何人か帰られたので釣りポイントも空いたことだし、今度は本湖側へ移動して釣ります。・・・が、、、思ったようにペースが上がってくれません。

食事前と釣れるペースがちっとも変わりません。午後から期待していたのですがねぇ。。。
午後1時50分頃。
風と波がかなり強くなってきて、竿が扱いにくくなってきました。
風に押されて道糸がたるみ、アタリも何もわからなくなってきました。
その割に水があまり濁ってきませんねぇ。
これだけの風と波で濁りが入ってこないのは珍しいです。後は暖かければまだ何とかやっていけるのですが、今日は風が冷たくて体温を奪っていきます。
そこそこ防寒対策は出来ていたのですが、寒さを感じるようになってきまして、ここでギブアップです。

本日の釣果
 
今日はメダカのような透き通ったコアユと、そこそこの大きさのコアユが混じって釣れてきまして、本日は約4時間弱で66匹の釣果でした。
暖かくなったらまた爆釣となると思います。次の出撃日までに暖かくなることを祈りましょう。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報