2009年6月28日(日) モロコ釣り

曇り後晴れ

今日はお天気が悪かったら出撃しないつもりだったのですが、雨マークもなく、朝から曇り空でしたが、日中は晴れになりそうなので出撃することにしました。
昨日は湖西でコアユ釣り惨敗だったので、今日は自宅から近い宇治川でスゴモロコを狙ってみることにします。

家を出たのは午前7時半過ぎで、途中でコンビニへ寄り道しますが、宇治川には8時頃には到着予定です。

宇治川(樋門)
予定通り8時少し前頃に樋門へ到着です。
流れ込みの出口には数人の釣り人が並んでおられます。みなさん結構立ち込んでおられますねぇ。狙いはハエだと思いますが・・・
私はスゴモロコ狙いで、このポイントではリール竿でオランダ仕掛けのチョイ投げですので、先客の方達より少し離れたポイントを選びます。

幸い流れ込みのすぐ下流部は誰もおられないようなので、こちらで竿を出すことにします。

いつものコンパクトロッドにスピニングリール。
仕掛けはオランダ仕掛けの2.5号針。
一番下にはエサカゴを付けます。
エサカゴには、ハエ釣り用の撒き餌の寄せ太郎を詰め込みます。
ちょっと遠目のポイントに仕掛けを投げ込んで、流れに任せて仕掛けを流しますが・・・
いきなり根掛かりです (хх。)
去年とは川底の様子が少し変わっているようです。
この段階で、エサカゴロストです (T_T)

いくつか予備のエサカゴを持っていたので、それと交換します。

1匹も釣らないうちからさい先悪いスタートです。
今度は慎重に竿を立てて、あまり底にエサカゴを引きずらないように操作します。
エサカゴが底に着いて、コツコツと手応えを感じる中、スゴモロコのアタリが竿を持つ手にプルプルと伝わってきます。
軽く合わせをかけてリールを巻き上げると、ダブルでゲットです。

ここから後は、仕掛けを投入したら、80%くらいの確率でアタリが出てくれます。
アタリがあったら、少し待って連で釣ることを考えて竿を操作しますが、今日はその方法だと釣れないようです。ちょっと手返しが悪くなりますが、アタリがあったら、確実に1匹ずつ釣るしかなさそうです。

30匹くらい釣った頃から少しアタリが遠のきます。
釣れないものだから、仕掛けを出来るだけ水底に近づけようと糸をゆるめたとたんに2回目の根掛かりです ( iдi )
やっぱり無理したらダメですねぇ。。。今度は仕掛けが途中から切れてしまいました。
仕掛けを新しいのにチェンジしてから、またまた慎重に竿を操作します。

午前10時半過ぎだったでしょうか???
流れ込みで釣りをされておられた釣り人が全員引き上げられました。
このポイントもだんだん釣れなくなってきて、11時過ぎ頃に70匹強釣れたところで、ポイント移動決行です。

今度は流れ込みのすぐ下流部でやることにしますが、まずは仕掛けを入れてみて水底の様子を探ってみたところ、先ほどまでのポイントより根掛かりは少なそうです。
根掛かりは少ないとは言え、探っている間に、またしてもエサカゴをロストしてしまいましたが・・・

本格的に始める前に、少し時間は早いですが、お昼の食事タイムとします。

15分くらいで食事を終え、再参戦!
今度はあまり根掛かりしないことがわかっていますので、エサカゴをしっかり底に着けて引きずります。
予想通りよく釣れます。
ほとんど1匹ずつですが、時々連あり、たまにトリプルも・・・

今日は釣れたモロコはお持ち帰りの予定ですので、束釣り希望だったのですが、この調子だと束釣りは確実となりそうです。

ここへ来たときは少し曇っていて、暑さもだいぶマシだったのですが、さすがに晴れてくると暑くなってきます。時間を見ると12時30分。
暑さも厳しくなってきたし、束釣りも既に達成しているし、、、今日はこれで納竿とします。

本日の釣果
 
午前8時から、午後12時30分まで、4時間半で126匹でした。
1時間で28匹釣れていたことになりますねぇ。。。のべ竿で釣っているより手返しも悪いし、1匹ずつの釣りとなると、リール竿ではこんなもんかもしれません。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報