2009年8月2日(日) モロコ釣り

曇り後晴れ

昨日は午前10時頃から午前中は強い雨が降りまして、午後から降らないような感じになってきたので用事をすることにして出撃しませんでした。

今日の天気予報では、雨後曇りとなっています。
起きたときは曇っていて、降りそうな感じでしたが、時間が過ぎるに従って晴れ間が見えるようになってきました。
10時半頃には結構晴れてきて、この調子だったら降らない感じです。
少し時間は早かったですが、早めのお昼の食事をして、午前11時15分頃に家を出ました。

出撃時間も遅かったし、ちょっとだけ行ってすぐに帰ってこようと思い、今日も出撃先は近場の宇治川とします。
ただ気になるのは天ヶ瀬ダムの放水量が多いことですが、前回多めの放水量でも釣り座は確保出来たので、多分大丈夫だろうと思いますが・・・・・

宇治川(樋門)
いつものポイントの樋門に到着です。
やっぱり水嵩は高いです。今日は水嵩が高いだけでなく、前回より濁りが入っているようです。
もちろん先客はゼロで、ポイントはがら空き状態です。

水の流れもかなり強くて、いつものポイントは流れが強すぎて釣れないのではないかと感じました。

もうちょっと流れが緩くなっているポイントがないか探してみることにして、いつものポイントよりもう少し下流部の様子を見に行きます。
 ちょうど良さそうな感じのポイントが見つかりました。
本流側は流れが速いですが、手前の岸寄りは少し流れが緩くなっています。
砂地ですが足場もあるし、ここでやってみることにします。

今日もコンパクトロッドにリールをセットしたチョイ投げのオランダ仕掛けです。
仕掛けの下に付けているエサカゴには、ハエ釣り用の撒きエサの寄せ太郎を詰め込みます。
釣りスタートは午前11時40分頃です。

岸寄りの流れの弱そうな上流部へ向かって第1投目を投入します。

仕掛けが手前へ流されてきて、ラインが弛みますが、流れに押されてラインが張ったところで竿を持つ手にプルプルとアタリが来ました。

すかさず合わせをかけると本日の1匹目が釣れました。

問題はこの後です。。。。。
足場が水に浸かりはじめました。
天ヶ瀬ダムの放流量が増えたのでしょうか?

もうちょっとやってみるかぁと思ってそのまま続けますが、足のくるぶしくらいのところまで水に浸かってしまい、魚を入れるバケツを置いておけるところがなくなってきました。

2投目投入ですが・・・・・
今度は根掛かりです (T_T)

気分的に落ち着きませんねぇ。。。
こうなったらポイントを移動するしかないかぁ、と言うことで、いつものポイントに移動してみます。

やっぱり流れもかなり速いし、ホントに釣れるのかどうかと思いながら、こちらは先ほどのポイントより足場も良いし広いし、水位が少々上がっても平気だし、、、

新しい仕掛けをセットし直してこちらで出直しします。
こちらは流れが渦巻いていたり、下から沸き上がってくるような感じで流れているし。。。
とりあえず少しでも流れを緩く感じる部分をめがけて仕掛けを投入します。

・・・1投目からアタリが来ました!

結構流れているのですがねぇ。。。
思ったより簡単に釣れてくれてともかく一安心。
このポイントで落ち着くことに決定です。
上流部の岸寄りへ向かって仕掛けを投入しますが、先ほど入ったポイントより、こちらのポイントの方が流れが強く、仕掛けが着水してから、みるみる流されてラインが弛みます。
その弛んだラインをわざと巻き上げずに弛ませて流すことで何とか釣れることがわかってきました。

それがわかってからは、連で釣れることもあって、釣れるペースが上がってきました。

今日も最高何連まで行くか試してみましたところ、5連が最高でした。
5連は2回あって、その瞬間をカメラに収めようととしましたが、2回ともシャッターを切るまでに1匹ポチャンです。

釣り方のコツがわかり出すと結構ペースアップするものですねぇ。。。。。
調子良く釣れている中、ハエジャコが1匹混ざって釣れました。

時間を見ると午後1時過ぎです。
対岸の堤防を走る車から、「ダムの放流量を増やすので、水位が上がります。危険ですから注意してください。」と聞こえてきました。
いきなりどっと増えることもないとは思いますが、釣りをしている足場が今以上に水に浸かり出すとちょっとやりにくいし、、、
もう十分釣りを楽しませてもらったことだし、、、
今日のところはここで納竿としました。

本日の釣果
 
午前11時40分から午後1時10分頃までの、1時間半で釣れたスゴモロコは全部で58匹です。
今日は前回より更に流れが速くて釣りにくかったですが、それなりに釣り方のコツがわかると釣れるもんですねぇ。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報