2009年9月5日(土) モロコ釣り

晴れ

スゴモロコ釣りに行くのはいつも宇治川隠元橋上流部の樋門ですが、今日はちょっと違ったポイントで竿を出してみようと思い、まだ一度も行ったことのないポイントへ行ってみることにしました。

今回ポイントにしたのは、M.H.さんに教えてもらったポイントで、宇治川と東高瀬川の合流点から少し下流へ行ったところです。

今日はとりあえず様子見とすることにして、お持ち帰りの準備はせずに出撃です。
家を出たのはかなり遅めの、午前11時を少し回った頃だったでしょうか。。。

何せ初めてのポイントで、道を教えてもらったというものの、行ってみると思っていたよりわかりにくく、少し迷いながら何とか釣り場へ到着です。

宇治川下流部ガード下
ポイント到着は11時40分頃です。
堤防上から河原を見回してみると、どこででも釣れそうな雰囲気です。
時間が時間だけのことはあって、結構暑いので、バイクをガード下の日陰に駐めておきます。
どこからでも河原へは下りられそうでしたが、少しでも足場の良いところから下りることにします。

このポイントは、今日くらい川の水位が下がっていると、釣りの出来そうな場所があちこちにあります。
河原へ出る道もついているし、、、
これから涼しくなったら、きっとたくさんの釣り人がここへ訪れるのだと思いました。
河原の日の当たるポイントは暑いので、ガード下の日陰へ入って釣りをすることにします。

いつものようにリール付きのコンパクトロッドにオランダ仕掛けをセットします。

仕掛けのいちばん下のカゴに、「寄せ太郎」を詰め込んでチョイ投げです。

←流れの強そうなところの、少し手前に仕掛けを投入です。
一投目を投入して、仕掛けが着水。。。

思っていたより流れが速く、エサカゴが川底に着くまでに仕掛けが手前へ流されて、ラインがみるみるたるんできます。

ラインがたるみすぎない程度にリールを巻き上げます。

流れに押されてラインが張った頃に、プルプルとアタリが来ました。
すかさず軽く合わせをかけて、もう少し仕掛けを流すと次のアタリです。

仕掛けが釣り座の正面くらいに来たところで巻き上げると、連でスゴモロコが上がってきました。
こうして手に取ってみると、かなり小さいですねぇ。。。

ここで釣れるのはこんな大きさばかりなのかなぁ???

とりあえずこのポイントでも釣れることがわかりました。
その後もアタリが続きます。
しかし、モロコが小さいせいかどうか、仕掛けが空で上がってくることもよくあります。

本日の最高は、4連ですが、、、
問題はこの後です・・・・・・・・・・

この調子だったらすぐに束釣り♪
・・・と思ったところくらいから、バッタリとアタリが止まりました。

少しずつポイントを変えながら仕掛けを投入しますが、竿に伝ってくる感触は、エサカゴが川底を引きずる感触ばかりです。どうやらこの辺りは魚影が薄いのかもしれませんねぇ。

たまぁ〜に1匹釣れる程度で、ほとんど釣れなくなってきました。
このポイントで釣りを始めてから約1時間、喜ばせてもらったのは最初の十数分だけだったかも・・・

結局1時間釣りをしただけで撤収しました。

本日の釣果
 
午前11時40分から午後12時40分頃までの1時間の釣果です。もちろん今日釣れたスゴモロコは写真を撮ってからリリースです。

今日のポイントは川底の根掛かりがほとんどありません。
仕掛けを入れるポイントを少しずつずらせて投入しましたが、どこへ入れても根掛かりなしでした。
それから、川底にべったり仕掛けが着くくらいまでラインをゆるませて流してみましたが、これも根掛かりなしでした。
チョイ投げで釣りやすいポイントですが、その分魚影が薄いのかもしれません。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報