2009年10月25日(日) モロコ釣り

曇り

今日は8日前にチョイ投げでイマイチだった宇治川下流部の高架下のポイントへ行ってみます。
昨日J川で使っていた赤虫と紅サシが余っていましたので、それらを持って出撃です。
前回出撃時に延べ竿でのポイントと思っていたこともあり、延べ竿持参も考えましたが、結局チョイ投げ仕立てでどこまで通用するのかがやってみたくて、あえて延べ竿を持たずに出ました。

家を出たのは午前8時15分頃で、途中でコンビニへ寄り道してからと思っていますので、現地到着は8時40分頃になる予定です。

宇治川下流部(高架下)
ほぼ予定通りの時間に高架下へ到着です。
バイクから荷物を降ろして、河原へ降ります。高架下には釣り人が1人もいません。
このポイントは日曜日でも結構釣り人が少ないポイントなのかもしれませんねぇ。
右岸の淀みにはバス釣りと思われる釣り人が2人います。
岸に流れ着いている障害物の近辺にルアーを送り込んで探っているようです。

川バスを狙うとしたら、格好のポイントなのかもしれません。
このポイントは、釣り人が入れ替わり立ち替わり入っていきます。考えようによってはかなりプレッシャーの高いポイントだと言えると思います。
釣りの準備が出来たので釣りスタートです。
時間は8時45分です。

今日もオランダ仕掛けにニオイ付きワームを小さく切ったのを付けた仕掛けです。
エサカゴにはいつもの「寄せ太郎」を詰め込みます。

まずは岸寄りの上流部に仕掛けを入れて流れに乗せてみますと、意外と簡単に1匹目ゲットです。

その後も、単発ではありますが、思っていたより簡単に釣れてくれます。

この調子だったら、チョイ投げ餌無しでも問題なく釣れるのかなぁ・・・・・

10匹ほど釣れてからです。アタリに急ブレーキがかかりました。
やっぱりチョイ投げでの餌無しの釣りには限界があるようです。こうなったら針に餌を付けてみることにします。
とりあえず7本の針全部に、赤虫とか紅サシを付けてみました。
初めは延べ竿4.5mくらいで届きそうなポイントに仕掛けを入れてみますと、やっぱり餌を付けただけのことはあって、すぐにアタリが戻ってきました。
釣れてくるモロコの型は小さいですが、アタリ復活です。

アタリが良く出ますが、釣れてくるのはアタリの半分くらいですかねぇ。

針7本全部に餌を付けるのは結構面倒で、特に赤虫を付けた針はまめに餌を付け直すことになるので大変です。

こうなったら、紅サシだけでやってみることに・・・
赤虫よりは長持ちしますが、やっぱり魚の掛かりが悪いので、通し刺しで付けることにします。。。。。
・・・が、、、そうなるとやっぱり餌付けが大変です。

それでは・・・と言うことで、7本針のうち、飛び飛びの3本だけ紅サシを通し刺しで付けてみます。

それでも餌を付けているのが幸いするのかどうか、そこそこ釣れてくれて、時には3連もあります。
3連と言うことは、紅サシの付いていない針にも食っていることになりますねぇ。。。
次に試したのは、針に餌を付けて、エサカゴに撒き餌を入れずにやってみましたが、やっぱりエサカゴに撒き餌が入っている場合と、そうでない場合では、明らかに撒き餌有りの方が有利です。

ここまでわかったところで、エサカゴには撒き餌を詰め込んで、針には3本だけ紅サシを通し差しで釣り続けます。

釣れ具合の方は、そこそこ安定しますが、同じポイントばかり攻めていたらちょっと釣れなくなってきます。
岸寄りで釣れなくなってきたら本流寄りへ、本流寄りが釣れなくなってきたら岸寄りへ仕掛け投入を繰り返すことで、何とか釣れ続いてくれます。

そうこうしている間で、本流寄りを攻めていたときに、珍しくハエジャコが1匹掛かってきました。
その後少し釣れる勢いが下がってきましたが、全く釣れないことはないと言った状態が続きます。

時間を見ると午前11時30分。
いろいろやってみてそれなりに釣りを楽しめたので、自分的にはかなり満足していたこともあり、今日のところはこれで納竿としました。

お昼は帰ってから食べることにします。。。。。。。。。。

本日の釣果
 
午前8時45分〜11時30分の3時間弱で、スゴモロコ70匹+ハエジャコ1匹でした。
今日は高架下で不発だったら樋門へ移動も考えていましたが、思っていたより高架下が好調だったので、移動はしませんでした。

次回からは、紅サシ持参の釣りになりそうですねぇ。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報