2009年11月8日(日) モロコ釣り

晴れ

昨日に引き続き、今日も朝からお天気も良く、もちろん出撃決定です。
今日は久しぶりに宇治川隠元橋上流部の樋門のポイントへ向かうことにします。

宇治川(樋門)
樋門到着は午前10時チョイ前頃で、流れ込みのポイントには延べ竿で釣りをされている先客が数人おられます。
延べ竿で釣りをしている釣り人のじゃまにならないよう、流れ込みよりかなり下流部のポイントに入ることにします。

下流部のポイントに、チョイ投げで釣りをされていてる釣り人が一人おられたので、更に下流部へ下がりました。

ここまで下流部へ下がったのは今日が初めてです。
岸寄りの流れは穏やかで、流れのあるところは結構遠いです。
とりあえず、手前の流れの緩いポイントから攻めてみたいと思います。

竿はリール竿のコンパクトロッド。
仕掛けはオランダ仕掛けのチョイ投げです。
針にはニオイ付きのワームを小さく切って付けています。
エサカゴにはいつもの「寄せ太郎」を詰め込みます。

釣りスタートは午前10時です。
手前の流れの緩いポイントでは、仕掛けが流されることがないので、少しずつリールを巻いて誘いをかけてみましたが、アタリ無しです。

それでは、少し流れのあるところへ仕掛けを入れてみたいと思います。

エサカゴが水底に着いて、竿を持つ手にエサカゴが水底に当たっている感触が伝わってきます。
仕掛けが流れに流されて、エサカゴが引きずられて行く途中、プルプルとしたアタリが伝わってきました。
すかさず合わせを掛けて、もう少し仕掛けを流してから、次のアタリでリールを巻き上げます。
まずは連でモロコゲットです!
幸先の良いスタートですねぇ。。。

この後もポツポツと単発でモロコが釣れます、、、が・・・
8匹ほど釣れたところでブレーキがかかります。
今日はかなり厳しそうですねぇ。

それならば、、、、、と言うことで、今度は針に紅サシを付けて見ます。
入れ食いにはほど遠いとは言うものの、ポツリポツリと釣れ始めました。
やっぱり餌を付けると釣れます。。。

16匹ほど釣れたところで時間を見ると、もうお昼(12時)を少し回っています。

ここで食事タイム・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

食事後再スタートで、仕掛けを入れるポイントを手前に入れたり、流れの強いところへ入れたりして、だましだましポツリポツリと釣り続けますが、思うように数が出ません。

あまり釣れない中、リールを巻いては仕掛けを投入を繰り返しますから、だんだん疲れてきました。
時間を見ると午後2時です。食事をしていた時間は手が止まっていますが、4時間ほど仕掛けを投げてはリールを巻くのを繰り返していたことになります。
このまま釣り続けていたところで、入れ食いモードにはほど遠いし、、、
今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
 
午前10時〜午後2時までの、4時間で釣れたモロコは全部で31匹でした。
1時間当たり8匹弱ですかぁ。。。もうちょっと釣れてほしいところですねぇ。。。。。

竿をたたんでから帰り際に、私より少し上流部でチョイ投げで釣りを始められていた釣り人がおられたので少し声をかけさせていただいて釣りをされているところを見学させてもらいました。
その釣り人の仕掛けは緑色の蛍光色のオランダ仕掛けで、エサカゴには炒った糠と、チヌ(海釣り)の撒き餌を少し混ぜたのを詰め込んでおられました。
オランダ仕掛けの最上部には、小さいピンポンウキを付けておられました。
エサカゴの撒き餌は、仕掛け1投毎に全部溶けてなくなって、仕掛けを投げる前には必ずエサカゴに撒き餌を軽く詰め込んでおられました。
・・・で、釣れ具合は、、、結構調子良く釣られています。2〜3投に1回はモロコが釣れていました。
連で釣れることもあり、最高6連もありました。
もちろん針には何も餌を付けておられません。仕掛けが良いのか? 撒き餌が良いのか? 釣り方が良いのか? その全てが良かったのか???
普段自分流で釣りをしている私にとって、良い勉強になりました。

戻る
淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報