2010年3月3日(水) 鯉釣り&コアユ偵察

曇り後晴れ


今日はお仕事は休みで、朝からお天気も良いし、、、、、
もちろん今日も出撃可です。

もう3月ですからねぇ。。。コアユも気になるし、鯉も「ボ」続きで悔しいし・・・
今日は朝からY川へ行って鯉釣りをして、釣れても釣れなくても午前中で鯉釣りは終わって、午後からはコアユの偵察にでも出てみることにします。

Y川下流部
まずはY川下流部の水門の流れ込みへやって来ました。
仕掛けを入れるポイントとしては、この流れ込みの中と、これより上流部の岸寄りにします。
竿、仕掛けはいつもと同じです。
釣りスタートは、午前8時40分。

釣り座より上流向きに1本、下流向きに1本入れます。

今日は濁りはなく、水中の様子が良く見える状態ですが、少し水嵩があって、流れも速くて釣りにくい状態です。

仕掛けを投入してからアタリを待っている間、竿先は結構動いていますが、ラインが流れに引っ張られているような感じです。
時々コンコンとした感じの動きを見せますが、ゴミがラインに絡んでいるようです。

静かに釣り続けていると、流れ込みの中から、時々鯉が出てきてはまた入っていきます。
上流部の仕掛けの方へ向かって泳いで行くのもいます。
・・・が、、、
アタリ無し。。。。。
何度も何度も姿を見せてはくれるのですが、エサを食ってくれません。

もちろん仕掛けを入れている近辺も通ってくれているとは思うのですが・・・・・

期待しながらアタリを待ちますが、一向に決定的なアタリは出ません。

1,2回竿がズルズルと引きずられることがありましたが、どうやら大きめのゴミがラインに絡んでいるだけのようです。

こんな感じがずうっ〜〜と続き、時間だけが過ぎていきます。

そして・・・そして・・・時間を見ると午前11時30分。。。もう3時間近く粘っていたことになりますねぇ。

結局、今日も「ボ」で、午前の部は終わりとしました。

玉姫殿前
Y川を撤収してから一旦家に帰り、家でお昼の食事を済ませてから、今度はコアユ釣り仕立てで琵琶湖へ向かいます。

まず最初にやって来たのは玉姫殿前の流れ込みです。
今日は結構風が強いせいか、岸寄りの水が濁ってしまっています。この玉姫殿前の流れ込みのところも濁りが入ってしまっていました。

橋の上から水中の様子でも見ようと思っていたのですが、この濁りでは全く見ることが出来ません。
こんな状態ではコアユは無理と判断して次へ移動します。

盛越川
玉姫殿前を後にして、次に見に来たのは盛越川の河口部ですが、ここも本湖側は少し濁りが入ってしまってます。

結構水嵩が上がっていますねぇ。。。
雰囲気だけ見ていると、もしかしたらコアユが来ているのでは???と思ってしまうような雰囲気です。
橋より奥(道路際)の流れ込みのポイントを見てみると、本湖に比べると濁りがマシな状態です。

コアユが来ていたら、濁りから逃れてここへ入っているはずです。
・・・と言っても、水中の様子が見えるわけでもなく、ここはひとつ、ダメモトで竿を出してみることにしましょうか。。。。。
竿は6.1mの渓流竿。
仕掛けは、新自作仕掛けのコアユスペシャルを4セット連結。
真ん中にラセンを置いて、錘は1.5号のナス型錘です。
撒きエサは、自作の撒き餌をラセンに付けます。

1投目を投入して、、、
しゃくって・・・しゃくって・・・
少し期待して o(;-_-;)o ワクワク

20分くらいこのポイントで粘ってみましたが、残念ながらアタリも触りもナシでした。

東レ排水口前
盛越川がダメだったので、次は東レ排水口前のポイントにやって来ました。
今日はこのポイントの釣り人は誰もいません。貸し切り状態です。。。

やっぱり水が濁っていますねぇ。。。。。
でも、排水口から出てきている近辺だけ、濁りがマシな状態です。ちょっと流れが速そうで、釣りにくそうな感じですが、ともかく竿を出して様子を見ることにします。
こちらでは竿は4.5mの渓流竿。
仕掛けは新自作仕掛けのコアユスペシャル4セット連結で、ここではラセンを外してエサなしでやります。
錘は1.5号のナス型錘。

仕掛けを入れてみると、思っていたより流れが速く、仕掛けがすぐに流されてしまいます。
これはイカン、、、
錘を追加して流されにくくしますが、仕掛けを投入しても、すぐに流されていってしまいます。

ここでも20分くらい粘ってみましたが、やっぱりアタリもカスリもしませんでした。

水嵩も上がって、ここ最近暖かい日があったりして、雰囲気的にはいつコアユが釣れてもおかしくない感じなのですが、コアユはまだのようです。また次に期待しましょう (*^_^;)_o/━━━━━━>゚)))≫彡 ~ ~ ~

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報