2010年4月4日(日) コアユ釣り

晴れ


初コアユを3月20日に釣り上げて以来、出撃の度に「ボ」が続いています。
いつかは釣れてくれるだろうと思いながらも、今日もまた「ボ」になるのだろうなぁと思いながら出撃しました。

今日はいつものように順番に偵察しながらにせず、竿を出すポイントを決めて、釣りをする時間を出来るだけかけての釣行とします。
そうは言っても、バイクで通りすがりに見えるポイントでは、釣り人がいるのかいないのか程度は見ながら行けます。

吾妻川は道路からちょっと見にくいのですが、バイクを駐めたら何とか見えますので覗いてみました。その後は、琵琶湖文化館西・東→諸子川→堂の川→相模川とバイクで走りながら見ていきましたが、コアユ釣り師が竿を出していたのは、吾妻川、堂の川、相模川の3カ所でした。

相模川
相模川ではプリンス側手前に3人、河口部のカーブに1人、公園側のカーブのところに2人おられます。
どのポイントも釣れていないようですが、今年初コアユが釣れたポイントで今日も竿を出してみようと思います。
竿は6.1mのズーム竿で、いちばん手前の1本分は縮めて5.7mとします。
仕掛けはコアユスペシャル4連結で、中央のジョイント部にラセンをセットします。
錘はナス型の1.5号です。

ラセンに撒き餌を付けて仕掛け投入。。。

竿をしゃくって、、、しゃくって・・・

何の音沙汰もありません。

竿を置いて先客の方達と雑談中に、「大津・親子釣り日誌」管理人のKURIさんが通りがかられ、釣りもせずにみなさんと雑談です。
雑談中も、竿先だけはしっかりと見ていますが、アタリ無し・・・・・

竿を置きっぱなしでは釣れないだろうし、しばらく雑談後竿を持ってしゃくり始めます。。。。。
・・・が、、、アタリ無し、、、カスリもしません。

このポイントで粘ること、約1時間半、、、、、コアユの顔を見ることが出来ず、諦めて場所移動することにします。

諸子川
今度は諸子川へ来てみました。これからコアユ釣りをしようと言う釣り人が準備されています。
私も竿を出すつもりですが、その前にお腹も減ってきていたし竿を出す前に食事タイムです。
食事後参戦です。

竿、仕掛けともに先ほど相模川で出していたのと同じです。

釣り始めたときは水面が穏やかすぎて、もうちょっと波が欲しいところですねぇとお隣さんと話していたら、ちょうど良い波がやって来ました。

後は釣れれば問題ないわけなのですが・・・

やっぱり釣れませんねぇ。。。。。

仕掛けを入れて、竿をしゃくって、ラセンのエサが溶けてなくなったらエサを付け直して、、、を繰り返しますが、このポイントでもコアユの「コ」の字もありません。
このまま今日も「ボ」かなぁ・・・・・

時間を見るとまだ1時になっていません。本当は今日はこのポイントがダメだったら納竿するつもりだったのですが、お天気も良すぎるくらい良いし、釣り場も荒れていないし、このまま帰るのもねぇ。。。

琵琶湖文化館西
・・・と言うわけで、ここでダメならもう帰ろうと思いながら、琵琶湖文化館西側のポイントへやって来ました。
本湖側のカーブの河口部で、少しだけ内向きのポイントに仕掛けを入れることにします。

ここでは、竿は6.1mいっぱい出して釣ることにします。
40分くらい粘ったでしょうか。。。

しゃくってもしゃくってもこのポイントでも何の音沙汰もなく、やっぱり今日も「ボ」かぁ、、、
と思った時に、懐かしいプルプルが竿を伝って手元にやって来ました。

竿を立てると少し大きめのコアユが針に掛かっていました。

一旦は手を洗って帰りかけていたのですが、もうちょっとやってみようと思います。
しばらくしゃくり続けていると、もう一度プルプルと来ましたが、これは手応えだけで釣り上げることは出来ませんでした。

その後20分くらいしてから次のプルプルです。

今度はさっきより小振りのコアユが、仕掛けの上の方の針に掛かって上がってきました。
3匹目、4匹目が釣れるかなぁと思いながら釣り続けていましたが、なかなか次が来なく。ここ最近の状況から考えると、こんなもんでヨシとなるかなぁと自己判断して、今日のところはこれで納竿としました。

いちおう「ボ」だけは逃れられました。
今日はこの後がありまして。。。
納竿後バイクを走らせて家に向かっている途中でKURIさんから携帯に電話が入ってきました。
2時44分着信です。一旦バイクを道路端に寄せてお話したところ、「今、吾妻川でコアユが釣れてます」とのこと、それもかなり調子良く上がっているようです。
家の近くまで帰ってきたところで、今から出直すのも面倒で、せっかく情報をいただいたのにちょっと残念と言ったところです。とりあえず情報をいただいたお礼を言って帰宅しましたが、次の釣行のときの励みになりますねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報