2010年7月17日(土) 小物釣り

晴れ


やっと梅雨明けですねぇ。。。
家の用事の方も落ち着いてきたので久しぶりに出撃です。
1日ゆっくりとしたいところですが、夕方以降にまたまた用事があるので、今日は午前中だけ近場の宇治川近辺で竿を出してみたいと思います。

ここ最近の大雨で、宇治川の水量も多いだろうなぁと思い、天ヶ瀬ダムの放流量を見てみると、ななな・・・何と727m3/s!!!
竿を出して釣りの出来るポイントがあるのかどうか・・・???

とりあえず釣道具をバイクに積んで宇治川へ向かいます。

隠元橋上流部の樋門
まず最初に樋門のポイントへやって来ました。
さすがにスゴイ水量ですねぇ!!!
普段河原へ下りるときに歩いて下りるのですが、全て水没しています。水が少ないときの写真は こちら ですが、ホント、今日の水量にはビックリです。
ここなら足場も大丈夫そうだし、水門の右側の柵のところで竿を出してみます。

4.5mの延べ竿。
仕掛けは、脈釣り仕掛けAの目印なし。
錘はナス型3号。
針は狐2号(3本針)。
エサは赤虫です。
あちこち探りながら、誘いをかけながら仕掛けを上げ下げしますが、アタリも何もなし。。。

10分以上そんな状態の中、待望のアタリ!

軽く合わせをかけて上げてみると、上がってきたのは超ちびバスです。

その後は全く音沙汰なし・・・・・
右側の草むらの横に小さな波紋が見られるので、今度はそちらへ移動です。

先ほどの仕掛けのナス型錘を外して、ウキを付けてウキ釣りです。

こちらもなかなかアタリが出ません。
ウキの近くに波紋を見ることは出来るのですが、、、、、
何回も仕掛けの出し入れをしているうちに、少し流れが出始めました。
・・・と、、、そのとき、ウキがピクピクと動き始めます。

軽く合わせをかけると、こんどは○○○が、、、

その後またまたアタリはピタッと止まります。

約1時間くらい粘ってみましたがアタリなし。。。

釣れる気がしなくなってきたので竿をたたんで別のポイントをさがしてみることにします。

Y川下流部
今度は宇治川から離れて、Y川下流部へ様子見です。
こちらも水量が上がっていて流れも速く、竿を出せそうなポイントは・・・・・と思いながらバイクをゆっくり走らせていると何とかなりそうなポイントがありました。この流れ込みの角辺りなら竿を出せそうです。
流れの淀み部分は少ないですが、そっと覗き込んでみると、小魚が何匹か見られます。
釣れたら儲けなので竿を出してみることにします。
このポイントではほとんど岸寄りに仕掛けを入れることになるので、出来るだけ水際から離れて竿を出します。

2.4mの延べ竿。
仕掛けは、脈釣り仕掛けAの目印なし。
錘はナス型0.5号。
針は狐2号(3本針)。
エサは赤虫です。
やや上流部の流れの強いところと弱いところの境目くらいに仕掛けを入れ、錘が少し川底を引きずられる程度に仕掛けを流します。

仕掛けが流れに乗って流され、錘が底に着くと、コツコツと錘が底に当たるのが竿を持つ手に伝わってきます。

何投目か仕掛けを入れたところで、コツンコツンとアタリです!
合わせをかけると、ハエが連で釣れました。
その後も時々アタリが出て、エサを取られることが多いですが、たまにハエが掛かってくれます。

このポイントでも約1時間くらいやってみましたところ、釣れたハエは全部で16匹。
いちおう釣りを楽しめました。

時間は午前11時40分。
暑いですねぇ (;´Д`A ```

喉も渇いてきたし、今日のところはこれで納竿としました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報