2012年5月27日(日) コアユ釣り

晴れ


昨日はコアユサビキ釣りは惨敗で、今日も不調だろうなぁと思いながらも琵琶湖に向かってバイクを走らせます。

琵琶湖文化館西・東 → 諸子川 → 堂の川

文化館西側のポイントではコアユ釣り師は見かけませんでしたが、それ以外のポイントには何人かのコアユ釣り師が竿を出しています。

どことも不調らしく、一時より釣り人の数は減っています。

とりあえず相模川(プリンスホテル前)まで来ましたが、そこそこ釣り人が竿を出しているものの昨日と変わらず超不調のようです。
先客数人の方に様子をお尋ねしましたがどことも不調で、釣れてはいるけれどほとんど釣れていない状況です。

それならば、今日は午前中は素掛けで遊んで、午後からはサビキで遊んでみようと思います。

相模川河口部本湖側(素掛け)
相模川河口部方向本湖向き 便所前方向本湖向き
サビキ仕掛けを出さずに素掛けの仕掛けを出します。竿は3.6mを使います。
荷物はバイクに積んだまま、片手に竿、もう一方の片手には水くみバケツに7cmくらい水を溜めて持ちます。
クーラーは湖岸に置いたまま、竿とバケツだけ持ってコアユの群れを追って湖岸をウロウロします。

コアユの群れを見つけたら、竿が届く範囲までそっと近づいて仕掛けを入れて引っかけます。
さすがに日曜日だけのことはあって、湖岸のあちこちにバス釣りの釣り人が並んでいます。
この釣り人同士の間の湖岸のコアユを狙います。

釣れたコアユは、手に持っているバケツに貯めておいて、湖岸を行ったり来たりしながらクーラーボックスが置いてあるところに戻る度にバケツのコアユをクーラーボックスに入れます。
大きく移動するときは、クーラーボックスも一緒に持って移動しますが、引っ掛けの動作に入るときはクーラーボックスは湖岸に置いておきます。

午前9時頃から素掛けを始めて、12時ちょうどに一旦止めます。
このときカウンターは82となっていました。今日は昨日よりあまり大きく移動しないでこの釣りが出来たので、思っていたほど疲れませんでした。

相模川プリンスホテル前(サビキ釣り)
素掛けを止めてこのポイントに戻って来たのが12時15分頃。サビキ釣りの準備を終えてから釣りをする前にお昼の食事タイムです。

食事を終えてから再参戦。午後の部スタートは12時半頃です。

竿:5.7m延べ竿。
仕掛け:コアユスペシャル4セット連結。
錘:ナス型1.5号。
ラセンはセットのちょうど中央に来るように付けます。

自作エサをラセンにねじ込んで仕掛け投入!
ほどなくしてサビキ釣りの第一号ゲット♪! 幸先良いスタートです。
仕掛けの周りにコアユがウロウロしているのが見えます。スレでも何でもヨシの釣りで行くなら結構釣れるのではと期待しますが、、、、、ここから後がいけません。。。。。
仕掛けの周りにコアユが集まって来てくれるものの、うんともすんとも・・・・・スレ掛かりもなかなかです。

あの手、この手、、、いろいろ誘い方に変化を与えますが、今日のコアユはなかなか手強く、ちっともだまされてくれません。数を稼ぐのはとてもとても、、、ですねぇ。。。

1匹釣ったら次までがなかなかの状態が延々と続き、時間を見るともう14時です。
カウンターは95ですから、サビキ仕掛けでの釣りでは13匹しか釣れていないことになります。
しかも、釣れるコアユはいずれも小さく、中には氷魚のようなのも混ざっています。
このまま釣り続けても釣れる気がしなくなってきて、気力喪失でこれで納竿としました。

本日の釣果
 
午前中は引っ掛けで82匹ですから、1時間当たり27匹チョイ釣っていたことになり、午後から13匹ですから、サビキ仕掛けの釣りでは1時間当たり8匹チョイ釣れていたことになります。
・・・ということは、引っ掛けをしていたときの方がまだマシだったという結果ですねぇ。
今日は湖岸で竿を出す釣り人が多く、引っ掛けのポイントに制限があったので昨日のような勢いはなかったですが、今の時期なら引っ掛け釣りだけで束行くことも可能と思われます。

次の週末はどうしましょうかねぇ???
今日みたいなお天気で、波があまり出なかったら、素掛けに専念しても良いのかもしれません。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報