2012年6月3日(日) スゴモロコ釣り

曇り


先週でコアユも終わったような感じだし、今日は釣り物を変えて、久しぶりに宇治川の樋門のポイントへチョイ投げでスゴモロコを狙ってみたいと思います。

午後から予定が入っていますので、釣りは午前中だけとし、お昼頃には撤収予定なので、釣れてもお持ち帰りナシとします。

宇治川(樋門)
樋門のポイントに到着。堤防には原付1台と自転車1台が駐めてあったので先客が少なくともお二人は来ておられることになりますかねぇ???

バイクから荷物を降ろして河原に下りてみると、流れ込みの上流側に竿が立ててありました。多分鯉釣りをされているのだと思います。

私は、この流れ込みの下流部をすこし行ったところで竿を出します。
リールをセットしたコンパクトロッドを取りだして、ラインの先に小さいピンポンウキをつけ、そしてカゴ付きの仕掛けを付けます。
今日の仕掛けはいつものオランダ仕掛けではなく、自作の仕掛けを使います。自作の仕掛けは、小アジ針1号を結んだサビキ仕掛けで、ハリとハリの間隔は10cmくらい、エダスも2cmチョイくらいと少し短めのエダスの仕掛けです。
この仕掛けだと、やっぱりエサなしでは無理があることがわかっていますので、紅サシを準備してきて、いちばん下のハリから1本おきに3本だけ紅サシを付けて、その他のハリ(4本)には、バス釣りのワーム(赤色)を米粒2個分くらいの大きさにちぎってつけておきます。
いちばん下のカゴには、ハエ釣りの撒きエサの、競技用ウニ撒き餌を詰め込みます。

斜め上流部に向かって仕掛けを投入!
少しずつ仕掛けが流されていき、エサカゴが水底に着きます。流れに引っ張られてラインが張ってから、竿を持つ手に川底を流されて行くカゴの手応えがコツコツと伝わって来ます。
仕掛けが自分の立ち位置の正面より川下へ流れたらリールを巻き上げます。
仕掛け投入、ライン巻き上げを何回か繰り返していると、仕掛けが流されていく途中でプルプルとアタリが手元に伝わって来ました。
少し時間がかかりましたが、とりあえず本日の1匹目をゲットです♪!
やっぱり紅サシを持ってきていて正解でしたねぇ。最初の1匹目はエサのついたハリに掛かってきました。
ワームを付けた針にもモロコは掛かってくれましたが、生き餌の付いた針の方が良く釣れました。

この後、釣れないことはないけれど、それほど釣れるペースが上がらず、釣れても単独です。
本流でのチョイ投げは時期的には少し早かったのでしょうか、お腹がパンパンの子持ちモロコも掛かって来ました。
時間を見ると11時20分。

そこそこ釣りを楽しむことが出来たし、あまり粘っていても後がせわしいのでこれで納竿としました。

今日は9時40分頃に釣り始めたので、1時間40分ほど釣りをしていたことになります。

・・・で、、、、、

釣れたスゴモロコは全部で16匹。どちらかと言えば好調とは言えない状態ですねぇ。。。
2週間ほど後だともうちょっと釣れたかもしれません。
次の釣行日に期待することにしましょう。。。。。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報