2015年3月27日(金) コアユ釣り

晴れ


今日も期待しながら出撃です。釣り場への道中、コンビニに寄り道してお昼のお弁当とお茶を調達します。
まずは盛越川から攻めてみたいと思います。





盛越川
釣り場に到着したのは、10時15分頃です。今日はこのポイントには誰も竿を出していません。まだ釣れないのでしょうかねぇ。
とりあえず竿を出して、このポイントでは1級ポイントで釣りスタートです。

竿:6.1mのべ竿。
仕掛け:コアユスペシャルのアジ針1号4本バリ4セット連結。
錘:ナス型1.5号。
ラセンに自作餌をねじ込んで仕掛けを投入。。。

少し沖目に仕掛けを投入して、手前に引き寄せるようにチョンチョンとしゃくります。

今日はほどよく風が吹いていて、水面に良い波が見られます。この状況だと、釣れるとしたら10〜20分くらい粘っていたら釣れるはず・・・ なので、、、竿をしゃくるのにも気合いが入ります。
期待しながら30分、結局アタリもカスリも無しで、このポイントは諦めて移動することにします。

東レ排水口前
盛越川で期待を外され、こんどは東レ排水口のポイントにやって来ました。・・・が、、、このポイントも釣り人ゼロです。排水口の吐き出し口の様子をしばらく見ていましたが、排水口から白っぽいゴミのようなものが吐き出されて来るだけで、コアユらしい小魚の姿を見ることは出来ません。
排水口からの水の流れ沿いにカワウが一羽、水の中に潜っては水面に出てくるところが見られました。もしかしたら、少し沖に小魚の群れがいるのでしょうか?
このポイントでは竿を出しても釣れそうな感じがしなくて、竿を出さずに次に移動です。

御殿浜
今度は御殿浜のポイントにやって来ました。今日は水が澄んでいて、橋の上から水中の様子が良く見えます。もしここにコアユが来ていたら、確実に見えるのですが、、、 それらしき姿は全く見えません。 この状況では竿を出しても無駄と思いますので、ここでも竿も出さずに次へ移動します。

S川
ここはどうかなぁ?・・・と思いながら(ほとんど期待しないで)S川にやって来ました。ここは水深があるので水の中の様子はわからず、とりあえず竿を出してみることにします。
竿は先ほどのと違うのを使いましたが、竿の長さ、仕掛け等は、先ほど盛越川でやっていたのと同じです。
少し沖目に仕掛けを投入して、軽くしゃくりながら仕掛けを手前に寄せて、仕掛けが手前に来たらしばらくしゃくり、アタリがみられなければ仕掛けを入れ直します。何回も何回もそれを繰り返しますが、ここでも残念ながら状態です。 30分ほど粘ってみましたが、釣れる気がしなくなって竿をたたんでお昼の食事をここで済ませます。

吾妻川
S川で食事後、今度は吾妻川にやってきました。河口部両岸に何人かのコアユ釣り師が竿をしゃくっています。聞くところによると、昨日午後から調子良く釣れて、束釣りした人もいるとか・・・ それを聞いて私も竿を出してみることにします。
竿、仕掛け等は盛越川で出したものと全く同じです。釣りスタートは13時ちょうどです。
私が仕掛けを入れる前に、お隣の方が1匹釣り上げられます。ほどなくして2匹目を・・・ 少し焦りながら私もしゃくっていると、本日の1匹目をゲットです♪! この後続いてくれれば嬉しいところですが、次の1匹まで結構時間がかかります。
1匹釣って次のが釣れるまで時間がかかりますが、何とか釣れてくれます。長ぁ〜〜い長ぁ〜〜い待ち時間を空けて、ポツッ・・・ポツッ・・・といった感じです。釣れないよりマシかと思いながら釣り続けますが、しばらくして私の左隣に来られた方が、コンスタントにポツポツと釣り上げられます。
私は相変わらず、ポツッ・・・ポツッ・・・といった感じで、、、 何が違うのか見ていると、仕掛けは袖針の金、仕掛けの下の方と上の方にラセンがついています(ラセン2個)。そして、決定的に違っていると思ったのは、餌のバラケ具合が絶妙です。ソロリと仕掛けを入れられたら、バラケ餌がパラパラとサビキ針の近くに落ちていくのが見えます。恐らくそれが釣果の差になっているのでしょうねぇ。
私もラセン2個を試してみましたが、釣果が上がるわけでなし、あげくに40cmほどもあるナマズが釣れました。
・・・で、、、いろいろ試すも釣果アップにつながらず、時間は15時40分です。また次に期待して、今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
吾妻川で、13時から15時40分まで、2時間40分竿を出していて、釣れたコアユは全部で12匹でした。
いちおう今期初の2桁釣果ですが、少し納得のいかない釣行日でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報