2015年5月1日(金) コアユ釣り

晴れ


いよいよ5月ですねぇ。この時期、日によって不安定な日もあるかとは思いますが、そこそこ釣れても良いはずと期待して出撃します。




琵琶湖文化館東側
琵琶湖文化館東側 琵琶湖文化館西側
最初にやってきたのは琵琶湖文化館横です。西側にも東側にもコアユ釣りをしている釣り人が何人かいます。東側はイスに座って楽に釣りが出来るので、東側で竿を出すことにしょうと思い、バイクから荷物を降ろしてポイントに行きますが、イマイチ状態のようです。
しばらく話をしながら様子見していますが、釣れるような感じがしません。 ・・・と、そのとき、先に竿を出しておられた方の仕掛けの周りにコアユが集まって来るのが見えました。
それならばと思い、私もその方の横で竿を出させていただくことにしました。
竿:5.8mのべ竿(硬中硬調子)。
仕掛け:コアユスペシャル(小アジ1号4本針)4セットを連結して、セットの中央にラセンを付けます。
錘:ナス型1.5号。

自作の撒き餌をラセンにねじ込んで仕掛けを投入。
しゃくって・・・ しゃくって・・・

ですが、全く音沙汰なし。
しばらくガンバッテみますが、コアユが仕掛けに掛かってくれません。

そうなるとまたまたイロイロ試すしかありません。 仕掛けをキツネタイプに換えてみたり、錘の重さを変えてみたりと、、、 しかし工夫の甲斐なく釣れません。2回ほどプルっと来ましたが、コアユの顔を見ることが出来ず、40分ほどで降参です。
他の釣り場も気になることだし、他の釣り場を見て回って、釣れそうなところで竿を出そうと思います。

その他の釣り場偵察
諸子川 → 堂の川 → 相模川 → 御殿浜 → 盛越川 → JR高架下 → ロイヤルホテルオーク前と移動しますが、諸子川が気になる程度の釣れ具合でした。ただ、釣れるだろうポイントには竿を出せる空きがなく、諸子川では竿を出さず次に移動することにして、他の釣り場で良く釣れるポイントがなければもう一度諸子川に戻ることにしようと思います。

ロイヤルオークホテル前
時期的には2週間くらい早いと思う釣り場ですが、気になるので見に来ました。さすが地元の釣り人は一人も竿を出していません。釣れるとしたら、湖岸の石の近辺にコアユの姿が見えるはずと思って、岸近くの水中の様子を覗いてみましたが、コアユらしき小魚を見ることが出来ませんでした。

ローソン前くらいのところに知り合いのM.H.さんが竿を出しておられましたが、仕掛けの周りにコアユが寄っているようでなく、釣れていませんでした。

こうなると諸子川に戻ってみるしかしかたないですねぇ。 とりあえずベンチに腰をかけて、お昼の食事&休憩をこの場所で済ませてしまいます。

諸子川
諸子川に戻って来ましたところ、既に何人か帰られたようでポイントに空きがありました。空きがあるということはあまり期待できないのですが、釣れないよりはマシと思ってここで竿を出すことにします。
竿:6.1mのべ竿(硬調子)。
仕掛け:コアユスペシャル(小アジ1号4本針)4セットを連結して、セットの中央にラセンを付けます。
錘:ナス型1.5号。

自作の撒き餌をラセンにねじ込んで仕掛けを投入。
しゃくって・・・ しゃくって・・・
1投目の餌がなくなる前にスレ掛かりですが1匹目ゲットです。幸先の良いスタートですねぇ。
仕掛けの周りに、時々コアユの集団が姿を見せてくれるのですが、これがなかなか釣れません。昨年までだったら、仕掛けの周りにコアユが来てくれたら、ポツッ・・ ポツッ・・ とスレ掛かりでも釣れていたのですが、釣れません。コアユの絶対数が少ないのでしょうねぇ。

釣れないコアユを見ながら、何回も何回もしゃくり続けて、やぁ〜〜っとしてから2匹目ゲットです。これもスレ掛かりです。

この後、錘を換えてみたり、仕掛けの上に極小のピンポンウキをつけてみたりと、イロイロ工夫して抵抗を続けますが、やっぱり釣れません。

それから時間と共に見えていたコアユが見えなくなってきて、、、当然ですが釣れません。
一旦竿を置いて、湖岸の石にコアユがついていないか探りに湖岸を歩いてみましたが、コアユの姿はどこにもありませんでした。

気を取り直してもう一度参戦しますが、仕掛けの周りにコアユの姿もなく、しゃくってもしゃくってもアタリもカスリもなく、時間を見ると14時15分です。この時間になってもイマイチということはあまり望めませんねぇ。
結局、ここでやる気がなくなって納竿しました。

本日の釣果
本日の釣果は諸子川で釣ったたったの2匹です。この時期にこの状況は信じられませんねぇ。今年の湖南はバカ釣れなしで終わってしまうのでしょうか? そうならないことを祈りたいと思います。
口コミ情報

今日もどこの釣り場とも不調だったようです。私の知っている範囲では、朝から諸子川で釣っておられたKさんが束に届いていると思われるコアユを持っておられました。
それから、琵琶湖文化館西側で釣りをされていたTさんが110匹釣られていました。この方も早朝から釣りをされていたようです。

堂の川を見に行ったときに、地元のTさんがおられて、いろいろ話をする中、今年のコアユの状況は異常であると話しておられました。その根拠として、過去の釣果記録を見せていただいて、今年のコアユスタートから、ここまでで釣れたコアユは、例年の10分の1と言っておられました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報