2015年5月13日(水) コアユ釣り

晴れ


昨日は雨で、雨後の回復を期待してコアユ釣りに出撃です。今日はいつもより少し早めに家を出て、瀬田方面の偵察をして、竿が出せそうならそこで竿を出して、瀬田方面がダメなら浜大津近辺の釣り場で竿を出そうと思います。
いつものように、途中でコンビニへ寄り道して、お昼のお弁当とお茶を調達してから、釣り場に向かってバイクを走らせます。





御殿浜
まず最初にやって来たポイントは御殿浜のポイントです。やっぱり釣り人は誰もいません。橋の上から湖面の様子を伺いますが、コアユの集団は全く見えません。これでは竿を出しても釣りになりませんので、ここは諦めて次に移動します。

盛越川
河口部左岸のカーブのポイントに、一人だけこれから竿を出そうとしている釣り人がいましたが、それ以外のところは見ての通りで、ガラガラの空きだらけの状態です。いちおう岸近くの水中に、コアユの影を求めましたが、コアユのコの字もない状態です。これでは竿を出そうという気も起こりません。

JR高架下
盛越川からはずいぶん近くなので、多分ダメと思いつつJR高架下のポイントにやってきました。ここも浅いところがあり、もしコアユが来てたらその浅場に姿を見せてくれるはずなのですが、、、、、
やっぱりコアユの姿は見られませんでした。ここも竿を出さずにパスです。

ロイヤルオークホテル前
ここもダメなのでしょうねぇ。コアユ釣りをしている釣り人は誰もいません。コアユの姿が見えないか、湖岸から様子を見るにも、今日は昨日の台風の影響かどうか、風が強くて波が湖岸にぶつかっていて水の中の様子は見えません。竿を出すにしても、波で湖岸の際まで近づけないし、この強い風だと竿が煽られて釣りになりそうにありません。結局このポイントもパスです。

相模川(大津プリンスホテル前)
今度は相模川にやって来ました。こちらも釣り人が少ないですねぇ。河口部左岸の先端のカーブに数人の釣り人が竿を出しています。
様子を見に行くと、ポツリポツリと釣れているようです。ただ釣れている範囲がやっぱり狭いです。とりあえずカーブの手前のポイントで竿を出してみることにします。

竿:6.1mのべ竿(硬調子)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針(1セット4本針)4セット連結して、仕掛けの中央部にラセンをセット。
錘:ナス型1.5号。

自作の撒き餌をラセンにねじ込んで仕掛けを投入して、しゃくり始めますが、仕掛けの周りにはコアユが集まってきません。釣れているポイントには仕掛けの周りにコアユが集まっているようなのですがねぇ。
しゃっくってもしゃくっても、、、何回しゃくってもアタリもカスリもナシです。それだけでなく、時折強い風が、これでもか!と吹いてきて竿が煽られます。
竿の手元を1本縮めて5.8mにしますが、風が吹いたときは竿が煽られないようにしっかり握っているのが関の山です。
強い風と戦いながら30分過ぎましたが、コアユの顔を見ることもなく状態。このまま釣り続けても釣れる気がしなくなってきて、諦めて移動決行です。

諸子川
堂の川河口部左岸カーブのポイントにコアユ釣り師が1人いただけで、釣れる気がしなかったので、堂の川はチラッと見てパス。諸子川にコアユ釣り師が3人いたので少し様子を伺いに近づきますが、それほど釣れているようでもなく、ここも竿を出さずにパスします。

琵琶湖文化館(東側)
琵琶湖文化館東側ですが、このポイントにもコアユ釣りをする釣り人は誰もいません。このポイントは少し低い位置にあるので、風が吹いても竿が煽られて釣りにならないことはないので助かります。
とりあえず1級ポイントも空いてるし、竿を出す前に早めのお昼の食事を済ませてから釣りをすることにしました。

竿:6.1mのべ竿(硬中硬調子)。
仕掛け、その他は相模川で使っていたものと全く同じです。

ラセンに自作の撒き餌をねじ込んで仕掛けを投入。しゃくって・・・ しゃくって・・・
餌がなくなったら、ラセンに餌をねじ込んで、しゃくって・・・ しゃくって・・・
・・・を繰り返しますが、やっぱり仕掛けの周りにコアユの姿は見えません。コアユがいたら見えるはずなのですがねぇ。
しばらぁ〜〜くして、ついにコンとアタリが・・・ですが、上がって来たのはギルでしたぁ(´д`)
そして次のアタリもギル・・・・・・・・・・ やっぱりこのポイントもダメみたいなので、竿をたたんで次へ移動します。

琵琶湖文化館(西側)
ここ最近どちらかと言えばそこそこ釣れていると言われているポイントです。ここも1級ポイントが空いているだけでなく、コアユ釣り師は誰も竿を出していません。
せっかく1級ポイントが空いていることだし、もしかしたらコアユが来てくれるかもと淡い期待を寄せて竿を出してみます。

竿、仕掛け等は、先ほど東側で使っていたのと全く同じものです。
仕掛けを投入。しゃくって・・・ しゃくって・・・ 時々撒き餌を追加して、しゃくって・・・ しゃくって・・・
・・・と繰り返しますが、アタリもカスリもなく、やぁ〜〜っとしてアタリがあって上がって来たのはギル(T-T)

ここでも30分ほど竿を出していましたが、結局コアユの姿を見ることなく、このポイントを諦めて移動することにしますが、どこに移動したら良いものやら・・・・・

再び相模川(大津プリンスホテル前)
今日見て回ったポイントで、いちばん良く釣れていた(良くと言ってもかなり不調)ポイントに戻って来ました。
戻ってみるとこちらも1級ポイントが空いていました。・・・ということは、釣れなくなってきたということですねぇ。
でもまたコアユが戻って来るかもと期待して、竿を出して釣り始めますが、午前中ほどでもないものの、やっぱり時折強風に邪魔されます。
竿、仕掛け等は先ほど琵琶湖文化館で使っていたのと全く同じです。
しかし釣れませんねぇ。仕掛けの周りにコアユが集まって来ないし、しゃくってもしゃくってもアタリもカスリもないし、、、このままだと今日は「ボ」で帰ることになるのかなぁと思っていたところ、河口部左岸先端部より数十メートル内側で別の釣り人がコアユを釣り上げられました。
ダメモトでプチ移動してみると・・・・・・・・・・ 1匹釣れました(*^o^*)
そしてしばらくして次の1匹。。。またしばらくして次の1匹。。。 ポツリポツリですが、いちおう釣れました。
しかし、ここのポイントで吹く強風はハンパではありません。風が吹いたときは、帽子を飛ばされないように、竿を煽られないように押さえるので手一杯です。風の合間にポツッと釣るのが目いっぱいです。当然風が吹いているときに竿は上げられませんからねぇ。
何分くらいこのポイントで竿を出していたでしょう? 時間を見るともう14時50分です。さすが疲れましたので、今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
本日も瀬田方面は全くダメダメ状態で、竿を出そうという気も起こりませんでした。そして、浜大津近辺に戻って来たわけですが、こちらでも大苦戦で、一時期「ボ」を覚悟する状況になりました。結局「ボ」は免れはしましたが、最後の最後に釣れたコアユは7匹だけ、、、今の時期には信じられない結果となってしまいました。
7匹のうち、1匹だけエライ大きいのが釣れました。・・・さぁ、このまま湖南のコアユシーズンは終わってしまうのでしょうか?そう思いたくないし、そうなってほしくないですねぇ。。。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報