2015年5月20日(水) コアユ釣り

晴れ


昨日は相模川で3束オーバーの釣果を得ることができました。さて今日はどうなるのだろうと期待半分で相模川に向かってバイクを走らせます。
途中目についたポイントの様子ですが、琵琶湖文化館(西側・東側)はコアユ釣り師ゼロ、諸子川(東側)にコアユ釣り師4名ほど、堂の川(西側は公園の掃除中で軽トラックがたくさん入っていました)はコアユ釣り師ゼロといったところです。





相模川(大津プリンスホテル前)
相模川のポイントに到着です。やっぱり左岸先端のポイントは盛況です。1級ポイント確保は絶対無理ですが、その近辺の釣れるだろうポイントはかろうじて1席空いていました。
先行者の方に声をかけて、隣のポイントで竿を出させてもらいます。今日は左岸カーブのいちばん外側で竿を出すことにします。
竿:6.1mのべ竿(硬調子)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ1号(1セット4本針)5セット連結して、仕掛けの上から2セット目と3セット目のの連結部にラセンをセットします。
錘:ナス型1.5号。

釣りスタートは、8時50分頃です。

ラセンに自作の撒き餌をねじ込んで、第一投目を投入し、しゃくり始めます。
しゃくって・・・ しゃくって・・・ を何回か繰り返しますが、昨日より待たされます。なかなか1匹目が掛かってくれません。昨日竿を出していたポイントより数メートル外側に離れているだけなのですがねぇ。やっぱり釣れるポイント範囲が狭いのでしょうか? やぁ〜っとしてから本日の1匹目をゲットしますが、2匹目までまたまた長い時間待たされます。 そして、3匹目・・4匹目・・と釣れますが、釣れるペースがスッゴク遅いです。
そうこうしているうちに気付いたのですが、しゃくっていて少し竿を下げすぎると、どうやら仕掛けの錘が水底に着いているようです。仕掛けが長いと扱いにくいし、出し入れのペースも落ちるし、いちばん下の1セットを取り外すことにします。ここから仕掛けは4セット連結仕掛けになったわけですが、やっぱり釣れるペースは遅いです。この調子だと、束達成までに時間がかかりそうです。
そうこうしているうちに、時間とともに仕掛けの周りに集まってくるコアユが見え始めました。これでもっと釣れるはずとしゃくり続けますが、コアユはいるけど釣れない状態です。
それならばと思い、仕掛けをコアユスペシャルキツネ2号(1セット4本)4セット連結に換えてみます。
そしてこの段階で、竿を少しでも軽くしたいと思い、いちばん下の部分をたたんで、5.7mとしました。
これがビンゴ! 釣れるペースが上がって来ました。この調子だと束オーバーは間違いなさそうです。
束越えしたところで時間を見ると11時50分です。先客が帰られて、1.5mほどカーブよりに移動した後、お腹も減ってきたし、トイレにも行きたいしで、先にトイレを済ませてからお昼の食事&休憩タイムです。

食事後再参戦しますが、ペースダウンすることなくパラパラと釣れ続いてくれます。この調子だと2束オーバーしそうです。仕掛けを投入したら、仕掛けの周りにコアユの集団が集まって来るのもよく見えます。

・・・で、2束超えました。
ここで、仕掛けを元のコアユスペシャルアジ1号(1セット4本針)4セット連結に変更してみます。
やっぱり調子良く釣れます。

今日も釣れ止むことなく疲れて帰ることになるのかなぁと思い始めたとき、今まで見えていたコアユの姿が急に見えなくなってきました。こうなってくると、もちろんですがコアユが釣れなくなってきます。
時間を見ると13時50分です。もう5時間も竿を出していたことになります。釣果の方も2束超えていることだし、今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
朝8時50分に竿を出して、釣り始めたときは今日はイマイチで終わるのかなぁと思いましたが、時間と共にパタパタと釣れ出して、終わってみたら288匹釣れていました。
結局今日は釣れ止んだところで終了しましたが、さすがの1級ポイントはまだ釣れ続いていました。あと12匹釣ったら3束だったのですが、釣れ止んだときはホント、見事に釣れなくなりましたから、そのまま続けていたら12匹釣るのに相当時間がかかると判断して終了しました。
帰りにバイクで走りながらその他の釣り場の様子をチラッとだけ見ましたところ、堂の川の西側に3人、諸子川の東側に数人竿を出しておられました。・・・ということは、堂の川・諸子川のポイントでもそこそこ釣れているのかもしれませんねぇ。
琵琶湖文化館は西側のカーブで1人竿を出しておられるようでしたが、常連さんではなさそうだったので、釣れているのかどうかは何とも言えないところです。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報