2015年6月2日(火) コアユ釣り

曇り時々晴れ


湖西某所で期待外れの結果となり、せめて束に届くようにと思って、今度は相模川に移動してきました。
先端のカーブのポイントは盛況ながら、1級ポイントに近いところが空きとなっていますので、そちらで竿を出すことにします。
竿を出す前に周りの釣況を見てみますと、正に入れ掛かり状況です。竿の届く範囲の水面は、あちこちに波紋が見られます。ここに移動してきて正解でしたねぇ。





相模川(大津プリンスホテル前)
竿:5.8mのべ竿(中硬中調子)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針1号(1セット、4本針)を4セット連結して、仕掛けの中央部にラセンをセットします。
錘:1.5号。

自作の撒き餌をラセンにねじ込んで仕掛けを投入します。少し遠目に仕掛けを入れて、手前に引き寄せる釣り方です。
仕掛けを入れるが早いか、1匹目ゲットです♪! これ以後は、ともかく仕掛けを入れてすぐに釣れます。2連あり、3連有り、4連も・・・ 最高5連もありました。
おもしろいように次々とコアユが掛かってくれます。スレもありましたが半分以上は口に針が掛かっていました。
このポイントでは2時間ほど竿を出したら止めようと思って釣りを始めたのですが、1時間後には100匹。そして2時間後には200匹を超えていました。釣り続けたらまだまだ釣れるとは思いますが、カウンターを見たら、湖南某所の釣果を合わせて300を超えています。これだけ釣ったらもう十分ですので、今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
本日は湖南某所のポイントから釣りを始めて、湖南某所では71匹。ここ相模川に移動してからは237匹の釣果となり、本日の合計は、308匹でした。今日の相模川には、あちこちにコアユの波紋が見られ、大きなコアユの群れが来ていると感じました。
本日相模川では、河口部左岸の先端のカーブだけでなく、右岸先端のカーブ(石積み)のところでも釣れていたようです。
また、後から来た釣り人の話では、琵琶湖文化館(西側)でも調子良く釣れているとのことでした。相模川の釣り場から帰りに少しだけチラッと見ましたが、3〜4人コアユ釣りの釣り人が竿を出しているところが見えました。

今年のコアユは本当に読めませんねぇ。今頃爆釣となると、今年は一体いつ頃まで釣れるのでしょう?今週末ももしかしたら釣れるのかもしれませんねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報