2015年6月13日(土) コアユ釣り

晴れ後曇り


昨年までならこの時期湖南のコアユは終わりなのですが、「淡水小物釣り掲示板」への書き込みによると、相模川の石積みのところと、オーク前でもコアユが釣れているとかで、そのどちらも気になって、とりあえず釣り場の様子を見に行ってから、竿を出すポイントを決めようと思います。




相模川(大津プリンスホテル前)
まず相模川のポイントですが、河口部左岸のカーブのポイントではコアユ釣りの竿を出している釣り人は2人だけです。あまり釣れていないのかもしれませんねぇ。
河口部右岸の石積みのポイントにはたくさん竿が出ています。しばらく様子を見ていましたが、ポツポツと調子良く釣れています。ここで竿を出そうかなぁと思いましたが、人が多いのでここでは竿を出さず、先にオーク前の様子を見に行こうと思います。

ロイヤルオークホテル前(コンビニ前)
ポイントに到着してみると、コアユ釣りをしている釣り人はオーク前側に1人、コンビニ前に3人です。その他はガラガラで釣り人はいません。やっぱり釣れないのかなぁと思いながら、コンビニ前の釣り人の様子を見ていると、結構パラパラと調子良くコアユが釣れています。この調子なら釣れるだろうと思い、5mほど間を空けて竿を出します。
釣りスタートは、9時10分です。

竿:5.4mのべ竿(中硬中調子)。
仕掛け:アジ針1号長めのエダス(1セット4本針)のを2セット連結して、真ん中にラセンをセットします。
仕掛けと道糸の連結部の上(道糸側)に極小のピンポンウキを付けます。
錘:ナス型1号。

自作の撒き餌をラセンにねじ込んで沖目に仕掛けを投入。手前に引き寄せるように仕掛けをしゃくります。
仕掛けが手前に来たら一旦仕掛けを上げて入れ直します。何回くらいこれを繰り返したでしょう。
仕掛けを引き寄せて来る途中で本日の1匹目ゲットです。
この後は、徐々に釣れるペースが上がってきて、仕掛けがかなり手前に来ても釣れるようになってきました。
そのうちに、仕掛けの周りにコアユが寄ってくるのが見え始めます。ここから後はほぼ入れ食い状態になってきます。
ここのポイントでの釣りで、最大の問題は釣れてくるコアユが途中で落ちることです。石積みの上で落ちたら、石の隙間にコアユが入って拾えなくなります。針に掛かったコアユの2〜3割は落としてしまいます。
お腹が減ってきたなぁと思ってふと時間を見ると11時10分です。この辺で一旦竿を置いて、コンビニへ行ってお弁当とお茶を買ってきて、釣り座の後ろのベンチに座ってお昼の食事です。コンビニへ行ったついでにトイレも済ませました。

食事後再参戦です。仕掛けを入れて何回かしゃくったら午後からの1匹目が掛かってきました。
やっぱり岸寄りで釣れてきますので、仕掛けはあまり遠くへ投げ入れません。
入れ掛かり、2連、3連、、、最高4連と調子良く釣れてくれますが、途中2回ほど釣れたコアユを狙ってバスが来て、仕掛けを飛ばされてしまいました。

バスに仕掛けを飛ばされてからは、コアユが釣れたらすぐに仕掛けを上げるよう気をつけます。

調子良く釣れ続け、仕掛けを入れて10回もしゃくらない間に釣れて来ます。このポイントは足場が悪いので、段々疲れてきました。
時間を見ると、13時10分です。もう4時間ほどここで釣りを続けていたことになります。カウンターを見てみると3束突破です。このまま釣り続けても釣れ止みそうになかったのですが、既に満足状態だし、疲れてきたしで、今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
今日は9時頃から13時頃まで、4時間竿を出していて、釣れたコアユは全部で306匹でした。落としたコアユが2割ほどいたとしたら、かなりたくさん釣れたことになりますねぇ。
オーク前で納竿後、まだ時間もタップリあったので、もう一度相模川に立ち寄りました。顔見知りの方が何人かおられたので、竿を出さずに雑談していましたが、14時30分頃から15時頃まで30分ほど竿を出してみました。相模川も結構調子良く釣れますねぇ。入れ食いとまではいきませんでしたが、1分ほどで1匹釣れるペースでした。
ここ相模川でも、最初は仕掛けを遠目に投げ入れて、しゃくりながら引き寄せる釣り方でしたが、途中から岸寄り手前でも釣れるようになりましたから、手前で釣れている間に数が稼げそうですねぇ。

オーク前にしても、相模川の石積みにしても、この調子だとまだしばらくコアユ釣りが楽しめそうです。今年の湖南は例年にない状況ですねぇ。
相模川ではカウンターを打っていませんでしたから、何匹釣ったかは不明ですが、30匹くらいは釣れていたと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報