2016年2月6日(土) コアユ釣り

曇り時々晴れ


ここ数日少し寒さがマシなのでコアユの様子を見に出ることにしました。11時半頃に早めのお昼の食事を済ませて、12時少し前にバイクで出撃です。いちおう釣り道具はバイクに積んで行きます。




盛越川
最初の偵察ポイントは盛越川です。河口部左岸にも右岸にもコアユ釣り師はいません。やっぱりまだ早いのかなぁと思いながら、この近辺の水中の様子を見て回りますが、今日は少し水が濁り気味で水の中の様子はよくわかりません。
道路側のポイントの水はもっと濁っていて、この状況ではもし何かいても見えません。瀬田川共同橋の塗り替え工事もまだ終わっていないようです。もちろんのことながら、カワウの姿を見ることができませんでした。
盛越川のポイントは釣り人もいないし、水中の様子もよくわからないし、全く釣れるような気がしなかったので、ここでは竿も出さず、見るだけにして次に移動することにします。

東レ排水口前
今度は東レ排水口前のポイントにやって来ました。来てみるとコアユ釣り師が二人竿を出していました。一人は顔見知りの方だったので様子を伺うと、釣れているとのことです。ただここのポイントは釣れる範囲が狭く、先客が二人おられるとなると横で竿を出すことはできません・・・というのがこれまでの常識でしたが、なぜか今日は排水口の吐き出し口の川下の広い範囲に型の小さなコアユがいっぱい群れていました。
これなら先客の邪魔にならないポイントで竿を出すことができそうです♪
見えていても釣れないことがよくありますが、とりあえず排水口の吐き出し口から少し離れた川下で竿を出してみることにします。

竿:4.5mのべ竿。
仕掛け:エダスが短めのアジ針1号4本バリ4セット連結。
錘:ナス型2号。
このポイントでは、暗黙の了解で撒きエサ禁止ですので、撒きエサなしで、ラセンもナシです。

群れの中に静かに仕掛けを下して、ゆっくりと竿を上下させて誘いをかけてみると、思ってったより早くに1匹目をゲットです♪! 今年の初コアユです!!! まだ小さくて透き通っています。
今日は釣れたところで数釣りは無理だろうと思っていまして、入れ物は持参しておりませんでしたから、釣れたコアユはお隣の釣り人のバケツの中に提供です。
1匹目が釣れた後もポツポツと釣れ続きます。ほとんど透き通った小さいコアユばかりですが、中には少し大きくなったのもいました。
いつの間にか一人、また一人と釣り人が増えてきて、釣り人はMAX6人となりましたが、今日は釣れる範囲が広くてお互いの邪魔にならないので大助かりです。試しに30mほど下流まで行って竿を出して様子をみてみましたところ、撒餌なしでも釣れましたから、今日この辺りには大きな群れが来ていたのだと思います。
時間を見ると14時40分。12時40分頃からここで竿を出しましたから、約2時間ほど釣りをしていたことになります。釣果の方は、60匹ですから、1時間当たり30匹釣れたことになります。まさかこんなに釣れるとは思っていませんでしたし、もう十分楽しませてもらったので本日はこれで納竿としました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報